• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

大和撫子ではないけれど、日本人女性として知っておきたい3つのこと。

Date:2013.11.24

日本に住んでいる分には日本文化など学ぼうとあまり思わずに大人になるものです。学生時代に留学などした際日本文化の紹介でもしなければ知らないような事がたくさんあります。しかし日本人女性として知っておくとよい事を3つ取り上げてみました。

なでしこ的 普段から輝ける和の作法

和の作法は格式高い茶道や華道だけのものでしょ?と思われる方もみえるかもしれません。確かに格式高い流派はいくつも存在する伝統文化ですから、直接的にできるものばかりではありません。

しかしこうした基本となる茶道や華道は数が月でもよいので習う事は無駄になりませんので、ぜひ経験されると良いでしょう。数ある中から3つ…お茶の頂き方、着物など和装、日本料理の頂き方を日本人女性として確認しておきましょう。

まず…日本茶の頂き方

お茶の種類は知っておきたいものです。抹茶と煎茶の違いが分からない方は、是非知って頂きたいです。

まずお茶…つまり緑茶には、煎茶、玉露、粉茶、ほうじ茶など、15種類以上のお茶があります。しかしどれも緑茶で栽培や摘む時期、製造工程によって様々なお茶が出来上がります。すべてを知り尽くさなくても挙げた4つは知っておきましょう。

煎茶は普段よく飲まれているお茶の種類で熱処理で発酵を抑えたもの(ちなみに紅茶などは発酵によって茶色のリーフになります)。

玉露はお茶の葉に光が当たらないようにして育てられているので、葉もやわらかい苦みの少ないお茶のこと。ド独特の香りと豊かなお茶のうまみがします。

粉茶はパウダーまでいかないにしても文字とうり粉状に近いお茶で、注ぐと鮮やかな緑色のお茶の色になります。

ほうじ茶は茶の葉の茎の部分などのお茶を200度でほうじる、つまり炒るという工程の入るお茶で、香ばしくすっきりした飲み口のお茶。

湯呑茶碗に出される程度ならいいのですが、もし茶托(ちゃたく、いわゆるコースター)に蓋付きの茶碗でお茶を出されたら…。右手で蓋の裏のしずくが落ちないようにとり上向きで茶托の右に置き、音をたてないように飲みます。

慌てずゆっくり丁寧に蓋を取ったりすれば、大抵の場合品よく見えますから慌てない事。

着物の知識

残念ながら現代の日本人にとって着物は年に1回着るか着ないか…。たたみ方や簡単な着方も、次に着るときにはうる覚えという方が多いのではないでしょうか?着物について知らないことが多すぎて、おばあちゃん世代には怒られてしまいそうですが。

着物にも四季折々の特徴があり、それぞれ地方の伝統で種類がありますが、基本的に約10種類に分類されます。フォーマルとカジュアルという区分はしっかりされていますから、目的に応じ着なければなりません。

身近な事と言えば例えば、お友達の家に遊びに行くとき夏だからといって「浴衣」で行くのは着物のルールとしてはマナー違反。浴衣で揃えているからといって、団体で海外の旅行先のイベントに参加される方もみえますが、これもマナー違反。

日本のホテルでさえ浴衣の館内着用を禁止しているところがあるというのに、海外でなら許されるでしょうか?イベントにもよりますが、基本的に「浴衣」はパジャマです。外国の方も最近はこうした知識を知っていますから、場違いな着物の着方には注意が必要です。

日本人ですから、やっぱり浴衣以外にもカジュアルなものでもいいですから1枚持っていたいものです。夏であれば絽や紗の着物があります。かなり薄い生地に織られていて初心者にはちょっと手が出しにくいかもしれません。

最近は着物の下に着る襦袢(じゅばん)や帯など小物も付いてセットで10万、20万、もっとお値打ちなものですと5万程度で売られています。着物を身近なものとして親しめたらいいのではないでしょうか?

意外と知らない?!日本料理のマナー

フランス料理などフォークとナイフのマナーは知っておかないと恥ずかしいと思いがちですが、慣れ親しんでいる日本食もきちんとしたマナーがあります。食べ方の流派まであるほど食する事にも美の追求がなされていますが、意外と知る人は少なくありません。

まず基本的に日本料理は旬のものを素材の味を生かしたお料理ですから、繊細な味付けになっているため、香水など香りものはタブーとされています。また貴金属や宝石類もガチャガチャつけるのはあまり好まれません。

そして、食べ方は出された器に対し右の方に置かれたものは右手で…、左の方に置かれたものは左手で器をとっていただきます。大きい器以外のものは手に取っていただく方がよいのです。

また気を付けたいのは、箸の用い方。つき箸、返し箸など(食べ物を箸で突き刺して口に運んだり、箸をひっくり返して使ったりすること)はもちろんタブーですが、器の上に箸をおきっぱなしにするのもマナー違反です。

流儀によって様々ですがお吸い物に手を付けてから、ほかのお料理に手を付ける方法もあるようですが、基本的にきれいな箸の用い方をして相手との話の間を見ながらペースを共にし頂くようにすれば、さしあたりはマナーを守った召し上がり方ができるでしょう。

背伸びしなくても清らかさを…。

忘れかけている訳ではありませんが、日本の良さを身に着けた大人な女性でいたいものです。ほか国の文化も素晴らしいですが、日本でしか味わえない良さを吸収して、美しい日本美人になれたら、背伸びしなくても清らかさを身に着けられるのではないでしょうか?

この記事をシェアする

関連記事