• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

外国人から見た「ニッポンのオンナノコ」 大和撫子伝説は幻想か?

Date:2012.06.27

日本女性は海外でモテる・・・そう聞いたことはありませんか?慎ましやかで、お上品なしっかり者が日本女性。高くかわいらしい声で男性の話にうなずくのが日本女性。

本当にそんなイメージが現代もあるのでしょうか?外国人に「日本女性のイメージ」細かく調査。このイメージ、あなたにもあてはまる?

日本人女性は人気

これは現代でも本当。パーティでも「日本人の女の子が来るよ」という言葉に男子学生は沸きますから。

空港などで日本人の女の子集団がいる「かわいい~」とも思うそうです。全世界、どこへ行っても日本女性について悪く言う男性にはそうそう出会えないでしょう。

それはなぜか?欧米人ほど気楽に付き合えるわけでもなければ、アラブ人のような神秘性もない、胸も腰も平坦、しかも語学は苦手な日本人。

そんな日本女性に人気がある理由ですが、まず歴史的背景が大きいようです。「日本女性は尽くす」というイメージがあるそう。

かつては大奥が存在して、みなが競って男性のために女っぷりを磨きあげたこと、戦争中には男性を支え、家を守ったこと、さらには美智子妃殿下の内助の功にまで「尽くす日本女性」を表していると感じるようです。

文化的背景ならば一言でいうと「ギャップがいい」そうです。東京カルチャーのような、アニメやコスプレに代表される騒々しさと、実際に個人レベルで話す時の大人しさと真面目さ。

このギャップに、常に自分の意見を主張してスタイルを曲げない欧米女性を見慣れている男性は、グッとくると言います。

ただし、マイナス意見も

しかし日本人女性に対して

「いつも笑顔だけれど、実際は何を考えているのかわからない」
「返事がいつもmay be(たぶん)」
「声が小さくて話が聞き取れない。聞き返すと萎縮する」
「みんな同じ服装」
「自分の国なのに日本を嫌っている」etc・・・。

という意見を持つ男性も多くいます。日本人女性のマイナス面は「自分の意見がない」「周囲にファッションも意見も同調する」「誇らない」ということらしい。

なるほど、「同調」というのは、集団の方が力を発揮する日本人らしい特徴かもしれないが、個性が没しているともいえます。また「誇らない」というのは、自国の文化から家族にいたってまで感じるそうです。

あるフランス人男性が付き合っている日本人女性に「君のママも美人なんだろうね、ぜひ会いたいね」と言うと「とんでもない!ただのおばちゃんで、ブスです」という答えが返ってきて驚いたといいます。

フランス人はママを誇る人種。自分のママをブスと言う女性とつき合えないと感じたと彼は話しました。どうも、日本人女性は家族の素晴らしさ、自国の文化の尊さに普段気づかないのではないか、というのが彼らの意見。

結婚後に変わる?

そして、興味深いのが「かかあ天下文化」を知っている欧米男性が多いこと。日本の女性は結婚前まで大人しくおしとやか。しかし結婚後には雄々しくなり、家計を切り盛りし、急に主権をとる、この現象が理解できないといいます。

早く言えば、ちょっとした結婚詐欺?一般にヨーロッパは男性が家計を管理します。なので、お小遣い制の日本人夫に「それでいいのか!」ともどかしさも感じるらしいです。女性が結婚後に変わるのはどこの国でもあることですが、それが極端だ、と。

実際に国際結婚カップルは「オクサンになってからの普段着にびっくり」「休みの日の過ごし方まで決めたがる。以前のデートは僕任せだったのに・・・」と戸惑うヨーロッパ人の旦那様の声も。

欧米女性から見た日本女性

また、欧米女性から見た日本人女性とは?「おしゃれでかわいい」が圧倒的。そのファッションセンスと流行を先取りしようとするエネルギーには頭が下がるそうです。ただし、外国語にたいして消極的なのは、もったいない特徴だと感じるとも。

日本人女性は一様に教育レベルが高ので、それ故に完璧主義に陥ってしまい、少しでも苦手意識があると萎縮する傾向にあります。

単語の羅列でも、幼児会話でもいいから話した方が外国人との間では好印象です。海外では、話さない人は、いないと同じですから。

また「日本の女の子は他人を気にしすぎる」ともよく言われること。これは「空気を読む」という日本独特の文化のせいかも・・・。

サッカーで変わった印象

昨年のなでしこジャパンの活躍は、サッカーファンならずとも沸きました。それまで「攻撃的」とはほど遠かった日本人女性が、強豪相手に鮮やかに勝ち進み優勝という快挙。

日本サッカーへの評価を変えただけでなく、日本人女性への評価も変わりました。「ねばり強い!」耐える我慢強さよりも、攻めるねばり強さを見た、といいます。

ちなみに、このなでしこ優勝の翌日、日本人以上に盛り上がったドイツ人から「やっぱ日本の女はすごい。日本の男たちにはもったいない!」というご意見を多数聞きました。

日本人女性、海外でもなかなか人気です。ただもっと欲しいのは積極性と「バカに見られてもいい」というプライドを一瞬忘れること。この二つをさらに身につけて、遠い空に飛び立つのも人生の選択の一つかもしれませんね。

この記事をシェアする

関連記事