• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

あなたの好意が裏目に!彼が本当は「やめてほしい」と思っている事!

Date:2013.12.15

貴方は大好きな彼に、ついつい何でもやってあげてしまってはいませんか?頼まれてもいないのに車で迎えに行ったり、頼まれてもいないのに必要以上に「貴方のため」と言って尽くしてしまったり。

でも、男性というのは小さい頃から母親が家事をする姿や身近な人の世話を焼く姿を見ているため、それが当たり前の光景だと思う事はあっても、必要以上に尽くしてくれる女性に対して「惚れ直した!魅力的だ!」と改めて思う事は少ないようです。

これってなんだか女性陣が損をしていると思いませんか?どれだけ尽くしても何をしてあげても「母親もやってくれていた事」と一緒にされて、ありがたがられない。もういっその事、尽くすのをやめたくなりますよね。

また、女性が率先して世話を焼く行動の中で、実は彼から「やめてほしい、やってくれなくてもべつにいい」と思われている行動というものもあるのです。この記事では、貴方の好意が裏目に出てしまっていないかどうかに焦点をあてていきたいと思います。

本当の意味で愛される女性になりましょう!

凝った料理を作る

貴方の好意が裏目に出ている可能性がある行動、その代表的な行動が、この「凝った料理を作る」事です。男性は空腹になったときにガッツリ、もりもり食べたいわけです。

そのためには料理が素早く、ボリュームたっぷりで、カロリー高めのものが出て来なければなりません。一方で女性というのは見た目がきれいなものを、よりお洒落に、素敵な印象で出したい…と思う傾向にあるようです。

この違いが、男性との間に溝を生んでしまいます。男性はきっと思っているはずです。「盛り付けの素敵具合はどうでもいいから、一秒でも早く食べさせてくれ…」と。そうです、凝った料理を作る事は、男性の中では評価につながらない可能性が高いのです。

見た目より、食べごたえ。これが重要なわけですから、それ以外にあまりこだわりすぎると、男性から「やめて…」と思われてしまうかもしれないという事です。

「心配してるよ」と必要以上に伝える

「貴方の事が心配なの」、これをたくさん相手に伝えると、相手は確実に心の中で「やめてほしいな」と思うようになります。そうです、男性というのは子供の頃からお母さんから「大丈夫なの?心配だわ」という干渉を受けて育つわけです。

女子はそういった母親からの愛情ゆえのアドバイスなどをうまくかわす事ができますが、男性というのはそんな母親の事を本当は感謝しながらも「うっとうしいなあ」と思って育ってきた傾向にあります。

つまり貴方が「心配してるよ」と言えば言うほど、男性は貴方の中に、あの思春期にちょっとうっとうしかった母親の記憶がよみがえるわけです。言わない方が得な気がしてきますよね。

よく見せたいがためのメイク、洋服選び

相手の男性のためにより可愛いメイク、洋服をチョイスしているのに…。本当に男性というのは女性のちょっとした努力を見つけられないものですよね。でも、これが現実です。男性は女性のわずかな変化に本当に気づきません。

「男はネイルなんて見てないよ」とよく言われていますが、本当にそう。時には家の中に家具が増えたのに、その事にすら気づかない男性もいます。

また、女性が髪を切ったとしても、ロングからショートにした事には気づくけど、ミディアムからボブにした程度では気づかないという男性もいます。

この事を踏まえると、メイクや洋服選びに時間とお金をかけるのはあまり生産性がない行為かもしれないと思えてきますよね。まして男性がそういった事も気づかないというのでは、努力のしがいもありません。

男性がよく言うのは「出かける前に念入りにメイクしているのを待つのが億劫」というもの。女性からしたら「貴方のためなのに」と言いたいところですが、グッと堪えましょう。

変化にいまひとつ無頓着な男性からしたら、その待たされている時間が退屈でしょうがないのでしょう。「やめてほしいなあ」とひそかに思っている可能性、大です。

活躍している人たちの話を良かれと思ってする

これは男性のプライドに関わる事ですね。貴方が何の他意もなしに発言した事が彼のプライドを実は傷つけてしまっていたかもしれないのです。それが、身近な人たちの活躍話を彼にする事です。

女友達の活躍話ならともかく、彼からしたら同性の活躍話なんて聞きたくないものです。「○○くん、すごいよね」なんて、貴方からしたら単なるコミュニケーションのつもりで発言したとしても、彼からしたら面目丸つぶれ!なんて事になってしまう可能性だってあります。

きっと彼は心の中で叫ぶはずです、「素直に認めたくないんだよー!あいつの話はやめてくれー!」と。

将来の話をしすぎる

将来の話、つまり結婚を匂わせると男性はとにかく逃げる!ある程度その話が具体的に進んでいるならいざしらず、そうでない場合は結婚という二文字は男性にとっては本当にプレッシャーのようです。

貴方が何の気なしに「将来はこういう家で、子供は何人で」というような話をすると途端に彼が無口に…なんて事はありませんか?これは彼は心の中で「どうやって話題をそらそう…」と必死で考えている可能性があります。

貴方の中に結婚を促すような悪意があるとは決して言いません。むしろ「将来ずっと一緒にいたい」という愛情や好意から来る発言だと思います。しかし、その事が彼のプレッシャーになっているかもしれません。

彼からその話をふってくるまでは、こちらからは出さないようにした方が得策かもしれません。

男性はプレッシャーと押し付けを嫌がる

男性は何よりプレッシャーと押し付けを嫌がる生き物のようです。小さい頃から母親があれこれ言ってきた…というのもあるかもしれませんが、とにかく女性にあれしろこれしろ、と言われるのを嫌がります。

そしてこちらが好意全開でとった行動を跳ね返す傾向もあるようです。あまり押し付けがましくならないように、そしてプライドを逆撫でしないように、うまく付き合っていきたいものですね。

この記事をシェアする

関連記事