• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

やる気が沸かない時はあちこちに「可愛い」を取り入れてみよう

Date:2013.09.16

同じ事の繰り返しの日々に飽き飽きしていませんか。だんだん自分の人生がモノクロになっているような気分になりますよね。家事や仕事に追われて自分自身がなくなってしまうのではないか、という気持ちになっている人は沢山います。

そんな時はやっぱり気分転換が必要ですよね。人によってその方法は様々かと思いますが、女子特有の気分転換の方法として、“可愛い”を取り入れるという方法があります。何それ?と疑問に思う方もいるかもしれませんが誰もがやっている事です。

可愛いグッズで気分もウキウキ

子供の頃に雑貨屋さんへ行って可愛い筆箱を買うと、学校へ行くのが楽しみになりませんでしたか?学校なんてつまんないと思っていたのに、新しいモノを使ってトキメク気持ちでなんだか心がわくわくしてしまいましたよね。その気持ちをまた思い出してみてください。

雑貨屋さんって見ているだけでも癒されますが、自分のお気に入りのグッズに出会えた時のトキメキは、モノクロな気持ちをキラキラにしてくれているような感じがありますよね。仕事で使っている無地のファイルを可愛いものにするだけでも気持ちがガラッと変わります。

そんな物恥ずかしくて持てないという人は、色を変えるだけでも気持ちがかなり切り替わるかと思います。家事に追われている人は、例えば可愛いキッチングッズを購入するだけで料理が楽しくなるかもしれません。

可愛いと思えるものが売ってない!

たまに散々雑貨屋さんをハシゴしてもなかなかこれだ!って思えるものに巡りあえない事がありますよね。どこに行ってもなんか惜しいってものばかりで、逆にもどかしい気持ちになりますよね。でも可愛いモノを買う以外にも可愛いを取り入れる方法があります。

単純な事ですが、自分で作ってみるのです。めんどくさいと思うかもしれませんが、これがめちゃくちゃハマります。いわゆる“デコる”ってヤツです。何年も前からデコブームでデコられた商品はたくさん売っていますが、ここがこうだったら好きなのになみたいな事って結構ありますよね。

難しそうと感じるかもしれませんが、実はとても簡単にする事ができますし、その作業自体がいい気分転換にもなります。オーダーメイドして高いお金を払わなくても、低予算でする事が可能です。

例えばあるキャラクターのデコグッズが欲しいのに売ってないのならば、自分でそのキャラクターのグッズをデコるか無地のモノに自分で書くかすればいいわけです。

私絵下手なんですという人はパソコンでそのキャラクターの好きな画像をダウンロードして、シール付きの紙に印刷して張り付ければOKです。そしてその上からラインストーンを付けるだけで結構本格的な仕上がりになります。

メンディングテープも可愛い柄のものが沢山売られていますし活用できますよね。

レトロな女の子イラストが再ブーム

昔小さい女の子がよく持っていた、女の子のイラストが描かれたグッズが実は今再ブームらしいです。子供だけではなく大人の女子もそのグッズを皆持っているのだそう。目がキラキラしているお姫様のグッズなんて私も見ていて心がキラキラしてきました。

実は私は前からそういうベルバラみたいなお姫様イラストは結構大好きだったので、今更みたいなところがあったのですが、ブームと言われるとなんだか嬉しいです。最近薔薇柄もブームですし、女性が皆“可愛い”を求めているという事がわかりますよね。

女の子は皆お姫様

大人になるにつれてこんな事を言うと頭大丈夫かと冷めた目で見られてしまいがちですが、そういう気持ちは持ち続けていいと思います。お姫様だから綺麗になりたい。なら綺麗になる為にはこんな努力をする。そしてその努力が身を結ぶ。そうするとうれしくなってまた頑張れる。

最近では男性も可愛いグッズに興味があったり美容に気を遣ったりと女子化してきていますよね。だから性別関係なく“可愛い”という気持ちは日々の暮らしに必要不可欠なのかもしれません。そして原動力にもなります。

女の子にとって永遠のアイドルとは

ちなみに私は今でもキティちゃんやマイメロディが大好きですが、それはたぶん一生変わりません。サンリオショップに行って眺めているだけで「可愛い~」と癒されています。そして子供に「ママ早くして」と怒られてしまうわけなのですが。

キティちゃんは来年40周年という事ですからまた色々な企業ともコラボするでしょうし楽しみですね。また、リカちゃん人形も永遠に不滅ですよね。うちに女の子がいなくて残念ですが、おもちゃ売り場に行った時にチラっと見てみるとオシャレですね!びっくりしちゃいました。

そうやって女の子の“可愛い”は受け継がれていくのですね。なんか女子に生まれてよかったって気持ちになります。

この記事をシェアする

関連記事