• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

手軽に20代の肌へ。野菜やフルーツを使ったパックの美肌効果と方法。

Date:2014.02.14

野菜やフルーツは美容には欠かせない食材ですね。いろいろなビタミンがたくさん詰まっていますし、食物繊維も豊富に含まれていますから腸内環境も整えてくれて、便秘の解消にもなります。美肌には必要な野菜とフルーツ。

しかし、野菜やフルーツは食べるばかりではなく、スキンケアとしても使うことができますね。キュウリパックなど試してみたことはなくても、知っている人は多いでしょう。

野菜やフルーツを使ったパックは美肌にどれくらいよいのか、その方法について紹介していきましょう。

キュウリパックで肌を引き締める

キュウリにはビタミンCがたっぷり含まれています。キュウリのビタミンCが肌に浸透するとは考えにくいですが、キュウリには肌を引き締めてくれる働きがあります。

食べてもシャキシャキとしておいしですが、顔に乗せることで肌を引き締めてくれる効果があると言われています。さらに水分の豊富なキュウリには、水分補給の効果が。

キュウリパックの方法はいたってシンプル。うすくスライスしたキュウリを顔に乗せるだけです。または、すりおろしたキュウリでもOKです。ただし注意したいのは、キュウリパックをした後は紫外線を浴びてはいけない、とういことです。

キュウリには光毒性というものがあります。キュウリに含まれているソラニンという成分は光に反応しやすくなり、紫外線を浴びると皮膚が炎症を起こすという危険性があるのです。キュウリパックは夜にした方がいいようです。

リンゴパックで角質ケア

ピーリングをする時に使うピーリング剤には、フルーツ酸が配合されています。これによって余分な角質を取り除き、新陳代謝を高めてくれるのがピーリングです。

ピーリングをすると肌がツルツルして、肌のトーンも明るくなります。くすみが取れるからですね。

リンゴにもフルーツ酸が含まれています。よって、リンゴパックで角質ケアができるのです。天然素材のリンゴなら肌にも優しいので、刺激も少ないですよ。

リンゴパックの方法はリンゴをすりおろして顔に乗せます。15~20分ほどしたら、よく洗い流して保湿美容液を塗りましょう

乾燥肌にアボカドパック

ねっとりしたアボカドには、植物性の油脂が含まれているというのは知っている人も多いでしょう。ビタミンEを含むアボカドは、抗酸化作用がありアンチエイジングにお勧めの食材でもあります。

このアボカドでパックすることで、乾燥した肌にうるおいを与えてくれるのです。アボカドは肌の乾燥対策になるのです。

アボカドパックをするには、アボカドをすりつぶして、ヨーグルトと混ぜるとやりやすいです。ヨーグルトにも美肌効果があるので、さらに美肌効果がアップしますよ。

毛穴ケアにニンジンパック

βカロチンが豊富なニンジンをパックに使うと、毛穴の汚れをきれいにするという効果が期待できます。

肌の汚れも吸い取ってくれるので、肌の新陳代謝を促してくれる働きもあると言われています。無理な洗顔をするよりは、ニンジンパックをした方が、ニキビ対策になるでしょう。

ただし、炎症を起こしている時には控えた方がいいですよ。ニンジンをすりおろして肌に乗せて待つこと15~20分。肌がすっきりしますよ。

バナナパックで血行をよくする

ダイエットにもよく利用されてきたバナナですが、パックとしても効果が期待できるバナナ。バナナにはノルアドレナアリンという、肌の血行をよくする成分が含まれているのです。

ビタミンAやビタミンCも豊富ですから、美肌効果が期待できますね。バナナパックの方法は、バナナをよくすりつぶしてペースト状にした方が、肌に塗りやすいですよ。

野菜orフルーツ+ヨーグルトで効果アップ

野菜やフルーツにヨーグルトを混ぜてパックを作ると、より美肌効果がアップすると言われています。ヨーグルトには美肌にいい成分が本当にたくさん含まれているのです。

ヨーグルトには乳酸菌の他にも、ビタミン、カルシウムやミネラル、カゼインといった美肌にいいと言われている成分が含まれています。

その結果、ピーリング効果や保湿効果が期待できるので、乾燥の予防・改善、くすみの改善、ニキビの改善などに効果があると言われているのです。

特にヨーグルトの上に出ている黄色っぽい液体は乳清と言われるもので、ビタミン、ミネラル、タンパク質が豊富に含まれています。これも一緒に混ぜて使うようにしましょうね。

この記事をシェアする

関連記事