• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

面倒くさがりなアナタでも大丈夫。簡単に野菜ジュースを作る方法

Date:2012.10.31

本屋さんに行けば野菜ジュースの本がたくさん並んでいます。テレビや雑誌でも果物や野菜を使ったジュースがいかに美容にいいかという情報を伝えていますね。

確かに、ビタミンも多く、抗酸化作用の高い成分を含む果物や野菜を生ジュースで飲むのは、ジュースで買うよりも新鮮で吸収率もよく、何よりおいしいです。生ジュースは、ダイエットにもなるし便秘の解消にもなります。

テレビや雑誌、単行本などで女優さんやタレントさんたちが、「これで10kg痩せました」なんてやっていると、自分もやってみたい、と思いますよね。しかし、そのジュースを作るのが面倒。と思っている人も多いのでは?

買ってきた方が早い、でも効果が…と思うと結局やらずじまい。そうならないために、簡単に野菜ジュースを作る方法を紹介しましょう!

入れる野菜を2種類にする

たくさんの栄養素を摂りたいから、いろいろな野菜や果物を使う、といのは分かります。しかしいろいろ使うほど切ったり、買ったり手間がかかりますよね。ミキサーを使う時間もかかります。

そんなにたくさんの種類を使わなくても、含まれている栄養素を考えて2種類でも美肌や便秘には効果な野菜ジュースを作ることができるのです。例えばパセリ。パセリにはビタミンCのほかに、カロテンや鉄分、カルシウムなどが含まれていて栄養豊富。美肌にも最適です。

このような栄養成分が豊富なパセリのような野菜を基本に他のフルーツや野菜を1種類使えばいいのです。野菜や果物にはほとんど美肌や美容、健康にいい成分が含まれていますから、好みの野菜や果物を使いましょう。

サツマイモやバナナなんかも栄養豊富ですね。それらと牛乳やコーヒーなんかを入れるのもおすすめ。カフェオレのような感じで作る手間も少なくてすみますよ。

面倒にならないミキサーの選び方

どうしても必要なのがミキサーです。このミキサーの使い勝手が悪いと、野菜ジュースを作るのが面倒になってしまいます。使いやすいミキサーの選び方が重要ポイントになってきますね。

まずはお手入れがしやすいかどうか、がポイント。容器やカッターなどの部分が取り外せて、掃除がしやすいか、水やお湯でキレイに汚れを落とすことができるかどうか、をチェックしましょう。

また、野菜や果物を入れるのに苦労しないものを選びましょう。投入口が小さいとそれだけ食材を刻まなければなりませんからね。
あとは、あまり重量の重いものなども運んだりするのが大変になりますから、それほど重くないものを選びましょう。

豆乳を使う

ご存知の方も多いと思いますが、豆乳は女性の強い味方です。アンチエイジング、美肌、便秘の解消、ダイエットなどさまざまな効果があると言われている豆乳。この豆乳に野菜をミックスすれば栄養的にも美容的にも鬼に金棒。豆乳とバナナ、豆乳とリンゴ、豆乳とイチゴ…なんでも合いますね。ちなみに豆乳ダイエットではバナナを使うことが多いようですね。

作り置きはNG

一度にたくさん作ってそれを毎日飲めばいい、と考えがちですがそれはNGです。ビタミンCや酵素などの栄養分は時間とともに失われてしまいます。野菜ジュースは新鮮な材料で新鮮なものを飲むことで効果があるのです。面倒くさがり屋さんには残念ですが、作り置きはなるべくしない方がいいでしょう。

手間をかけて作るから効果アリ?

野菜ジュースは栄養素を考えて、さまざまな野菜や果物を手間をかけて作るから効果がある、とも言われます。でも、面倒が先に立って飲まないのでは効果はのぞめませんね。

自分流の方法でいいので、面倒にならない方法で野菜や果物を摂っていく。どれが美肌や便秘解消などの健康につながっていくのだと思います。まずは無理をしないで、自分のできる範囲でヤ野菜ジュース作りに挑戦してみましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント