• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

最近のワタシ、どうも痩せにくい!プチ老化に負けない体づくり

Date:2012.10.31

最近、以前と同じダイエットをしても痩せにくい・・・そう感じるのは30代を過ぎたあたりから。プチ老化に負けず、いつまでも若々しく美しい体や健康を維持していくための方法をご紹介します。

プチ老化その1 基礎代謝の低下

人が1日に消費するエネルギー量は次の3つに分類されます。

  • 基礎代謝 (総エネルギー量の60~70%)
  • 運動誘発性体熱産生 (20~30%)
  • 食事誘発性体熱産生 (10%)

基礎代謝は寝ていても消費する生命維持のためのエネルギー。臓器や体温、呼吸などを維持していくために消費されるエネルギーです。30代頃から痩せにくさを感じるようになるのは、この基礎代謝が低下するため。基礎代謝は14~17歳をピークに下降するといわれています。

プチ老化その2 活性酸素

体内の細胞や組織などを酸化させ、老化の原因ともいわれているのが活性酸素。生命を維持するのに酸素が必要なため、活性酸素の発生を100%抑えることはできません。それでも普段の生活を少し見直すことで防げる方法はあります。下記項目に当てはまるかどうか、チェックしてみましょう。

  • コンビニやファミレスなど、外食が多い
  • 食品添加物のような化学物質の多い食事は、やはりキケン。こうした物質を肝臓で解毒する際、活性酸素が発生し肝機能障害の原因にも。肝臓は美肌にとっても重要な臓器です。なるべく自然のもの、添加物の少ない食事をこころがけたいものです。

  • 喫煙の習慣
  • 百害あって一利なしとは語る必要もありませんが、タバコにはニコチンやタールだけでなく、過酸化水素という活性酸素も含まれています。血管の老化も1本吸う毎に大幅に進みます。

  • 紫外線
  • お肌のシミやシワといった光老化の原因になるのが紫外線。これも活性酸素の原因です。皮膚を内側から壊してしまうという、やはり恐ろしい紫外線。しっかりとUV対策を!

  • ストレス
  • ストレスが大きくなると、体内のホルモンバランスが崩れます。このバランスを元の状態に戻す際、活性酸素が発生します。そしてストレスは自律神経や血流などにも大きな影響を及ぼすもの。上手なストレス解消法を身に着けたいものです。

プチ老化3 自律神経の働きが低下

自律神経の働きを鈍らせないことも、プチ老化の防止にはとても重要です。この働きが低下すると、体がこのような状態に・・・

  • 代謝が悪くなる(太りやすいく痩せにくい、むくみ、セルライトなど)
  • 免疫力の低下(敏感肌、花粉症など)
  • ホルモンの働きが低下(PMSの悪化やプレ更年期など)

プチ老化に勝つ!

答えは非常にシンプルな4つのこと。

1. 食事の習慣を変える
2. 適度な運動をする
3. 冷えを防ぐ
4. 規則正しい生活

この4つを意識して、継続的に続けていくことがプチ老化を防ぐのには大切です。痩せにくい体から痩せやすい体へ、日々の積み重ねで体質改善していきましょう。

白砂糖と白米は控えめに

おいしいスイーツや料理に欠かせない白砂糖。実は、白砂糖には賞味期限がありません。極限まで精製されているため痛む必要がないのです。つまり、白砂糖は調味料というよりも科学物質に近いもの。

砂糖には中毒性もあるので、なるべくなら黒糖やメープルシロップなど、天然の甘味がオススメ。白砂糖を多く摂取する生活は、冷えを引き起こすこともありこれも代謝ダウンの原因になりますので、控えめを心掛けましょう。

そして、もう一つオススメなのが玄米と野菜中心の食事。玄米にはエネルギーになるでんぷん質、良質のたんぱく質、各種ビタミンや食物繊維、有害物質の排泄を助けるフィチン酸などが含まれています。

よく噛んで食べることで腸も元気になり、便秘知らず、下痢知らずの体に。体の解毒は汗、尿、便などの排泄物からしか出来ませんから、こうした働きを促す為にもやはり玄米の力は大きいといえます。

適度な運動で代謝しやすい体質へ

年齢とともに代謝が落ちると、同じ量を食べていれば当然太り、痩せにくくなります。しかし食べる量を減らすと、代謝はいつまでたっても上がりません。そのため、適度な運動はとても大切。

代謝の良い体を作ることで、トレーニングやエクササイズの効果も上がります。いきなりハードな運動を、というよりも自分のペースでゆったりと始められるヨガやチベット体操、ウォーキングなどを継続することが大切。まずは運動の習慣をつけましょう。

肌・心・体にとって大敵な冷え

体温が1度下がると基礎代謝が約30%ほど低下するともいわれているほど、冷えは女性にとって大敵なのです。代謝が悪い=脂肪が燃焼しにくく太りやすくなるのはもちろんのこと、末端のパーツほど血流が悪くなってしまい、これが病気の原因にも。

体が冷えると、顔色も悪くなり、クマやくすみを引き起こします。入浴や深呼吸、ストレッチなどで血流を良くして血液を循環させることが大切です。

規則正しい生活で、体内の酵素量をUPさせよう

食べ物の消化・吸収を助けたり、栄養をエネルギーに変換する働きをする酵素。体内の酵素が減少すると、老廃物や脂肪が腸に溜まってしまいます。
普段の食生活で酵素を増やすことはもちろんですが、もう一つ大切なのが睡眠。

体内の酵素は睡眠中に生産されるため、夜更かしや不規則な生活により、代謝が低下する原因にもなっていまいます。お肌のためにも、代謝UPのためにも睡眠時間は7~8時間を確保したいところ。規則正しい生活を心掛けましょう。

代謝のよい体、そして生き生きとした肌を維持するにはやはり大切といえる健康的な生活。しかし、やり過ぎによるストレスは逆効果になってしまいます。

普段はスイーツを控えめにしても、週に1度、月に1度、と自分で許容範囲を決めてご褒美の日を作ってみたり・・・ストレスをため込むほどの無理は禁物です。少しずつでも長く続けていけるように、心も体もバランスを心掛けてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント