• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ぽっちゃり女子必見!今より3キロ痩せて見えるデートコーデ術

Date:2015.02.17

shutterstock_145271248_
ぽっちゃり女子にとって服選びはかなり重要!特にデートの時は服に気合いが入りますよね。ぽっちゃりだろうと好きな人には少しでも細く見られたい!

トップスやボトムスを1アイテム変えるだけでもスッキリ細く見せてくれる効果がある反面、服選びを間違えると実際より太く見えてしまったり体型隠しをしているだけに見えてしまいます。

ぽっちゃりさんでも今より3キロ痩せて見えるデートコーデのポイントをまとめたのでぜひ実践してみてください!

細い部分を出して細く見せる!

着やせコーデの基本

着やせコーデというと色々と組み合わせを考えるのが面倒に思いがちですが、基本のポイントさえ抑えておけば手持ちのアイテムだけで今から着やせできます。

着やせコーデのポイントは「くびれ」の強調!
デコルテ(首から鎖骨)、手首、ウエスト、足首はくびれがあるからどんどん出す!逆にカバーしたい部分だけをふんわりしたシルエットを持ってくるのが基本。

こうすることで細い部分だけに目につくようにするのと同時に、カバーしている部分との差を作ってメリハリがあるように見せられます。

500mlのペットボトルって上から下まで同じ太さのボトルよりキュッとくびれがあるタイプの方が細くて量が少なく感じませんか?メリハリがあるだけで細く見えるというのがわかりますよね。

体形のお悩み別着やせコーデ

肩幅や二の腕には「パフスリーブ」

肩幅が広い、いかり肩なら袖口がふんわりと広がった5分から7分袖のパフスリーブがおすすめ。袖口のふくらみが肩と二の腕をカバーしつつ、手首の細さの差で腕全体を細く見せてくれます。

丈が短いパフスリーブは肩幅を広く見せて二の腕の太さを強調してしまうので注意!

お腹回りには「Aライン」

Aラインならシャツでもチュニックでもワンピースでも何でもOK!首回りがゆったりと開いていて7分袖がベスト、デコルテと手首上半身にメリハリをつけてくれます。

Aラインの服を選ぶ時に注意したいのが「どこからふくらんでいるか」という部分。ぺプラムのようにウエストあたりからふんわり広がるデザインなら良いのですが、あまり高い位置からふくらむデザインだと余計にお腹周りが目立ちます。

服を買う前に試着したり体に合わせてみて自分の体のラインにあったものを選びましょう。

お尻や太ももには「サルエルパンツ」

ヒップから太ももにかけてゆったりしたシルエットのサルエルパンツはお尻をすっぽりカバーしつつ足首に向かって細くなっていくので自然と着やせできるマストアイテム!

7分丈ならふくらはぎの太さもカバーできて足首の細さを強調するのでさらに着やせ効果が得られます。クロップドパンツやサブリナパンツだと太ももがパンパンになって余計太く見えるという方はサルエルパンツがおすすめです。

ボーイッシュな雰囲気になりがちなサルエルパンツにはシフォンなど女性ならではの素材のトップスを合わせるとデートにも十分使えます。

太もも、ふくらはぎには「フレアスカート」

すそがふわっと広がるフレアスカートは、ヒザ上丈なら太もも、ヒザ下丈ならふくらはぎをカバーしてくれます。広がったスカートのすそと足の太さの差で細いと錯覚させられるのです。

同じ原理でショートパンツもぴったりするものではなくすそが広めですきまができるものを選びましょう。

小物を使って着やせ効果をアップ!

ファッション小物やアクセサリーを利用する

帽子やストール、目を引くコサージュや大振りアクセで上に目線を持ってくるとウエストやヒップをカバーできます。ストールで縦のラインを強調するのもおすすめ。

逆に細さを強調したい部分に大ぶりのアクセサリーを付けると他の太い部分から目をそらす効果もあります。流行の華奢アクセなら首や手首の細さを強調しながら上品さも出してくれます。

濃いタイツで足を引き締める

引き締め最強色は黒!肌が透けない濃い黒のタイツなら足をグッと引き締めて見せてくれます。

濃いグレーや濃紺のタイツも引き締めコカがあります。赤、オレンジ、ピンクは膨張色、グリーンやパープルなど目を引くカラーは足全体を強調させるので足を細く見せるなら避けるのが無難です。

ただ、丈の長いボトムスに黒タイツを合わせると足元が重くなって太く見えてしまうので黒タイツはNG、肌色のストッキングとパンプスで足首の細さを強調しましょう。

靴選びで足を細く見せる

足の太さをカバーするならヒールは欠かせません。ヒールをはいていると足全体に力が入るのでぺたんこ靴をはいているより足が引き締まります。

ハイヒールじゃなくても3から5cmあれば十分、歩きにくいならアンクルストラップやウェッジソールで安定感の強い靴を選びましょう。ストラップはできるだけ細いもの、足首にかかるものだと足が短く見えるので足の甲にかかるものがおすすめ。

ぺたんこスニーカーやムートンブーツは足が太く短く見えがちなのでインヒールを入れて足長効果をプラスしましょう。

トップスとボトムスを合わせる時は足し引きして!

「二の腕もお腹もお尻も気になるから全部カバーしよう!」というのはちょっと待って!

あれもこれもカバーしたい気持ちはわかりますが、トップスもボトムスもふんわりシルエットのコーデにしてしまうと手首や足首を強調していても丸っこい体型に見えてしまいます。

トップスがふんわりならボトムスはショートパンツやスキニーパンツで引き締める。
ボトムスがふんわりならトップスはシンプルにしてメリハリを持たせる。

こんな感じで足し引きゼロになるようなコーデにするとまとまりがよくなります。上から下までふんわりゆったりした服にしてしまうと余計に太って見えるので要注意!

やっちゃいけないおデブコーデ3つ

高い位置で切り替えがあるAラインワンピ

お腹まわりがふんわりしすぎて妊婦さんのように見えてしまいます。洋ナシ体型を目立たせるので切り替えの位置と広がり方には注意しましょう!

流行のビッグシルエットで全身を固めない

流行のビッグシルエットは体型カバーに持って来いですが、トップスもボトムスもアウターまでビッグシルエットにしてしまうとかなりボリューミーな体型に見えます。

ビッグシルエットをコーデに取り入れるならどこか1アイテムだけにしましょう。

体型を隠すためいゆるいラインのものばかり着ない

ビッグシルエットと同じように全体的に太って見えるので絶対にダメ!

あまりゆるいものばかり着ているとお肉がたるみやすくなって太ってしまうのでスタイルキープのためにもおすすめできないコーデです。

いかがでしたでしょうか?隠す部分は隠して体の中でも細い手首や足首を強調するポイントさえ抑えておけば後は自由にコーデを楽しめます。

デートの行き先や自分の好みに合わせながら今回紹介した着やせコーデを試してみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事