• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

これからダイエットをする人必見!「痩せやすい体」にする為には

Date:2012.07.04

もうすぐ夏本番!薄着の季節なので、ダイエットに励女性も多いですよね。今、ダイエットの方法は次々と開発され、また雑誌やテレビでも多く紹介されていますのでとても種類が豊富です。

何が一番自分に合ったダイエットなのか、悩んでしまいそうです。どんな方法を選ぶにしても、大事なのはベース!基礎がなっていないと、何をやっても効果が出にくくなります。効果が出ないダイエットは実感が得られず続きません。

きちんと続けるためには効果が分かりやすい方がいい。その為にはダイエットを始める前に「痩せやすい体」であることが大事です。

ダイエットをする前に。「痩せにくい体」とは?

ダイエットを開始するにあたって、大前提になることが「健康であること」。例えば風邪を引いていたり、治療中である場合はダイエットはお薦め出来ません。

また、行ったとしても効果や満足感が得にくいかもしれません。まずは健康状態を調えることが大事です。

それから、ダイエットの効果が出にくい体というのは「筋肉が凝り固まった体」です。少々運動不足だった人が、ダイエットの為に急に運動を始めると筋肉痛になり、それが辛くて続かない…という例を聞いたことがあります。

つまり柔らかくしなやかな筋肉を日頃からつけておけば、ダイエットは決して辛くないということです。

この記事ではダイエットを始める前段階に必要なこと、誰でも実践できる簡単なポイントを2点紹介します。

ストレッチで少しずつ体を軟らかくしましょう

ダイエットの方法で有名なものの1つに半身浴がありますよね。入浴による代謝アップはダイエットの効果的な方法の一つです。そしてダイエットに向けての体作りの段階でもとても必要なのがこの入浴なのです!

シャワーでも体は温まりますが、やはりオススメしたいのはお湯に浸かることです。血行と代謝が素早くよくなるのと、リラックス効果で筋肉もほどよくほぐれるからです。

疲れたと感じる部分を浴槽の中でマッサージするのもいいでしょう。お風呂で筋肉を柔らかくしてからの方が入浴後のストレッチもより効果が出ます。

普段体が硬い人でもお風呂上がりだと少し体が軟らかく感じることがありますよね。それは筋肉がほぐれているからです。この状態でのストレッチを続けていると体が軟らかい状態に慣れてきます。

続けることが大事なので、ストレッチは簡単なもので構いません。ダイエットの毎段階で挫折する訳にはいかないので、むしろ複雑な動きは避けるべきです。

前屈や可能な限りの開脚、筋肉を意識して伸ばすという動きを心がけてください。つらいなと思ったらやめましょう。

筋肉が軟らかい状態が続けば運動をした時にも血のめぐりがよくなりやすく、同じ運動をしても、筋肉の状態が硬いのと軟らかいのでは全然効果が違います。

毎日無意識に行なっている○○がダイエットの強い味方!

ストレッチによって筋肉を軟らかくすることが出来たら、今度はさらにその奥、臓器を使っていきましょう。といっても難しいことではありません。呼吸を意識することによってインナーマッスルを鍛えるのです。

普段は意識することなく、私たちは呼吸を繰り返しています。そんな呼吸を意識的に行うことでダイエットの強い味方になります。

腹式呼吸はヨガでも使われている呼吸法です。普通に息を大きく吸うと、胸が広がりますよね。腹式呼吸は息を吸い込んだ時にお腹が膨らむようにします。やってみてください。

とても簡単ですよね。いつもの胸を使った呼吸から腹式呼吸に変えると、大胸筋が収縮し代謝が高まります。

しかも一度マスターしてしまえば、ところ構わず、場所も問わず実践できます。大胸筋と共に腹筋も使うので、この呼吸法だけでウエストダウンが見込めます。

腹式呼吸を行う時は、出来るだけ深く吸い、深く吐くこと意識してください。長く吸い呼吸を少し止めることが出来たら、その状態を少し維持してみましょう。

腹筋が使われているのが実感できると思います。実感があるとダイエットは楽しくなるものです。腹式呼吸をマスターして代謝をどんどん上げていきましょう。

この記事をシェアする

関連記事