• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ヨガとピラティスの違いとは?似ているようで全然違う!

Date:2017.07.18

ヨガとピラティスは一見同じような動きで、客観的に両方を比べてみても違いがわからないという人は多いでしょう。しかし実際に体験してみるとその違いが解るはずです。

ヨガとピラティスはそれぞれ違う目的で考案されたものであり、印象は似ていての実際はやり方が大きく違っています。

現代ではヨガもピラティスも健康的な体を作るためのエクササイズとして人気となっています。違いがわからないまま続けている人も多いかもしれませんが、ヨガかピラティス、自分に合った方を取り入れることで効果も違ってきますよ。

ではヨガとピラティス。実際は何がどう違うのか、具体的にご紹介します。


ある共通点がヨガとピラティスを似ている印象に。

ヨガとピラティスが似ていると感じる原因の1つにピラティスはヨガの動きを取り入れて作られた運動であるということがあります。

そのため、実際に体験したことがない場合は、客観的にみれば似ていると感じてしまうのも当然かもしれません。

しかし、共通点はそれだけではありません。両方に最も共通している点は肉体的な面と精神的な面、両方を同時に整えることが出来るエクササイズだということです。

自分自身の心と身体を健全に保つ、という最終的な効果が同じことがヨガとピラティスは同じもの、または同じ系統のエクササイズで大した違いはないという印象を与えてしまう要因でしょう。

ヨガとピラティスはそもそもの目的が違う

ではヨガとピラティス、この二つの違いは何でしょうか。それぞれの目的には大きな違いがあります。

ヨガは心の安定を得るためのもの

ヨガには「繋ぐ」「結びつける」という意味があり、ヨガの本来の目的は自分自身の身体と心を結びつけて一体化し、自然そして宇宙までとも繋がることで苦痛から解放され、心の安定を得ることにあります。

このように精神面を鍛えるスピリチュアルな要素が強く、精神的な病の治療法としても使われてきました。

ヨガによって体の歪みが矯正されることで

  • 柔軟性を高める
  • 体力向上
  • 姿勢が改善される

などの効果の他に、リラックスできる呼吸法や瞑想を組み合わせることで

  • 集中力を高める
  • 穏やかな精神状態を作り出す

などの効果もあります。

これにより心は苦痛から解放され、快適で安定した状態を保ちます。

ピラティスはインナーマッスルを鍛えるためのもの

ピラティスは戦争で負傷した人のリハビリのために看護師であるジョセフ・ピラティスが考案したものです。
負傷した体の機能を取り戻すためのピラティスメゾットは、体幹の筋肉を鍛えることが主な目的となっています。

リハビリのために考案されたトレーニングであるため「筋トレ」としての効果はヨガよりも即効性があるものです。

ピラティスで体の芯を整えることで

  • 骨から体の歪みを矯正する
  • 基礎代謝がアップする
  • 血流の改善
  • 痛みの緩和
  • 疲れにくくなる

など、様々な効果が期待できます。

実は正反対のエクササイズ!ヨガとピラティスのやり方の違い

見ている感じでは同じような動きに見えるヨガとピラティス。しかしやり方には違いがあります。実際にはどのような違いがあるのでしょうか。

▼ヨガのやり方の特徴

  • 瞑想などを取り入れ自分を見つめなおす時間が設けられる
  • 腹式呼吸でストレッチを行うことにより副交感神経が高まり、筋肉が緩み心をリラックスさせます。
  • ポーズをキープした状態でエクササイズ
▼ピラティスのやり方の特徴 

  • 胸式呼吸でトレーニングを行うため交感神経が高まり、脳が活性化する。
  • 常に体を動かしながらトレーニング
  • 器具を使って行うトレーニングもある。

これらの大きな違いは交感神経と副交感神経の二つの自律神経の優位です。

ヨガでは心をリラックスすることを重視しているため副交感神経を優位にします。

一方ピラティスでは交感神経に働きかけることで脳や身体を活性化させることができます。

これはそれぞれの呼吸法の違いが大きくヨガで取り入れられている複式呼吸は副交感神経を高めピラティスで取り入れられている胸式呼吸では交感神経を高める作用があると言われています。

あなたに合うのはどっち?目的別に選択しよう。

自分に合った方を選択することで、効果が出た時、満足感もまた違ってきます。

心身共に安定を得るヨガと、主に体力づくりのためのピラティスあなたの目的はどちらでしょうか?

ヨガが向いている人は?

ピラティスよりもヨガ向きという人は、周囲に影響されずマイペースで自分自身の心と体を整えたいという人です。

  • ストレスフルでゆっくりリラックスしたい人
  • メンタルをもっと強くしたい人
  • 人間の内側、精神面に興味があるという人

などはヨガがおススメです。

ピラティスが向いている人は?

ピラティスは主に精神面よりも筋力を強化し、体を整えていくトレーニングです。

  • スポーツでのスキルアップを望んでいる人
  • 肩や腰など動かしにくい部分の改善のためのリハビリを必要とする人
  • ウエストや骨盤周りを引き締めたい人
  • 脳を活性化し前向きな思考を身に着けたい人(行動的になりたい人)

などはピラティスがおススメです。

どちらも健康的に痩せられるダイエット効果がある。

現代ではヨガやピラティスをダイエット目的で行っている女性は少なくありませんが、どちらも元々はダイエットとは違う目的で考案されたものです。どちらも内容や目的は違っても、心身共に健全な体を得ることができます。それが自然と健康的に痩せられることに繋がっていくのです。

ヨガでは体の柔軟性が高まり脂肪燃焼を促す作用があり、継続すること痩せやすい体質を作ることが出来ます。またティラピスでは筋肉を強化できますので、その分代謝アップが期待できます。

だだし、ヨガやピラティスは他の運動と違い脂肪を燃焼させてダイエット効果を得るというよりは代謝を上げて痩せやすい体質を目指すものであり、即効性を期待できるものではありません。このことからどちらも継続していくことが大切です。

継続することで効果を発揮!習慣化することが理想的。

ヨガとピラティスはいくつかの共通点はあるものの、根本的な目的は違うものです。また、やり方の違いも似ているようで実際は逆の方法で行うエクササイズです。

  • ヨガ…副交感神経に働きかけリラックス状態を作りながら行う(精神面を鍛える)
  • ピラティス…交感神経に働きかけ筋肉の緊張を利用して行う(筋肉を鍛える)

このように目的もやり方も全く違うものと言えるでしょう。しかし、最終的な効果としてはどちらも心身共に健康的な身体を得られるという共通点があります。

この違いは実際に体験してみることで感じることが出来るのかもしれませんね。

ヨガやピラティスは健康的なダイエット法として実践している女性も多いですが、体を鍛えて理想的な体型を手に入れるためだけでなく、毎日忙しくしてしまいストレスが溜まりがちだという人は心の安定を得ることを目的に始めてみる事もおススメですね。

継続していけばそれが結果として痩せやすく太りにくい理想的な体を作る事ができるはずです。

この記事をシェアする

関連記事

コメント