• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美肌に効果絶大だった!!ヨーグルト+野菜の意外な組み合わせで美人に!

Date:2012.08.29

整腸作用を促す食べ物の代表格であるヨーグルト。店頭でもさまざまな種類が並び、りんごやいちごなど果物入りのもめずらしくないですよね。でもこのヨーグルト、意外と野菜とも相性がいいのです。

ヨーグルトと野菜の美肌効果に着目した我が家のオリジナルブレンドをご紹介します。興味のある方はぜひ一度お試しを。

ヨーグルト+アボカド=健康ドリンク

作り方は簡単。飲むヨーグルト(100ml程度)とアボカド(半分)をミキサーで混ぜて飲むだけ。無糖タイプの飲むヨーグルトであればはちみつを少し入れるとよいでしょう。

お店で売られているアボカドはメキシコ産のものがほとんどですが、安いもので100円前後で買えます。

アボカドには抗酸化作用があると言われているビタミンEが豊富。森のバターといわれるように脂肪を心配する人もいるかと思いますが、ご心配なく。アボカドの脂肪はオリーブオイルなどと同じ不飽和酸のためノンコレステロールなのです。

また風邪の予防に役立つビタミンCや便秘に効く食物繊維も豊富といいこと尽くしのアボカド。栄養価だけでなく味も意外とさっぱりとしていて、病みつきになること間違いなしです。

ヨーグルト+シソ(大葉)=美肌パック

ヨーグルト小さじ1程度にシソパウダー(作り方は下で説明します)を少量混ぜてパックします。

注目はシソに含まれているペリルアルデヒドという成分。強い殺菌効果がありますので、吹き出物などに効果てきめんです。またビタミンCも豊富なため、美白効果も期待できます。

そしてシソの特徴は何と言ってもあの香り。パック中はいい香りでリラックス効果も抜群。まさに一石二鳥です。

さて、シソパウダーの作り方です。まず、市販のシソを一枚ずつひろげて乾燥させます。水気がなくなってパリパリになったら、ミルサー(ミキサーについている粉砕機能)で粉々になるまで砕いて出来上がりです。

ミルサーがない場合は、ビニール袋などに入れて手で揉んで粉々にしてもよいでしょう。小瓶などに入れて保存してください。

大量に作りたいという人は自分でシソを栽培することをおすすめします。プランターに種をまいてもいいし、苗を買ってきて庭の隅に植えてもOK。一度植えれば翌年には種がこぼれて勝手に生えてきます。

ヨーグルトの賞味期限が切れてしまったときなんかはチャンスです。無添加のオリジナルパックで美肌を目指しましょう。肌が弱くて心配という方は、手の甲で試してから使用するといいでしょう。

ヨーグルト+自家製トマトジャム=美肌デザート

トマトと言えばリコピンですよね。このリコピンには強い抗酸化作用があり、肌をみずみずしく保ちアンチエイジングに効果があると言われています。

そんな美容効果抜群のトマトと整腸作用の高いヨーグルトを組み合わせて、体の中からきれいになりましょう。ヨーグルトの酸味に甘めのトマトジャムがアクセントを加えた不思議な感覚のデザートができます。

それでは、トマトジャムの作り方です。皮を湯むきしたトマトと黒砂糖を鍋で煮込みます。水気がなくなってお好みの硬さになったらできあがりです。

トマトの種類は特に何でもいいのですが、私のおすすめは「アイコ」という細長いミニトマトです。甘みが強く、肉厚でジャムにしても美味しくいただけます。

スーパーなどでは産地直売コーナーで売られているのをよく見かけますし、比較的病気強く初心者でも育てやすいのでプランターで自家栽培してみるのもいいですよ。

ジャムは製氷皿に入れて冷凍保存しておけば、使いたいときに必要なだけ解凍して食べられます。自家製で保存料を使っていないので、冷蔵よりは冷凍保存の方がいいでしょう。

自家製だと手間がかかって面倒かもしれませんが、自分のキレイのためにちょっと手間をかけてみるのも悪くはないですよ。

この記事をシェアする

関連記事