• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

私はあなたに「一日千秋」。彼に聞かせたい思いを伝える四字熟語

Date:2013.05.25

「一日千秋」。この四字熟語の意味は、ある人に会うのは非常に待ち遠しい、という意味。会えない日は一日が千年のようにも思える、という意味です。大好きな人と会える日を心待ちにしている、というときに使います。

美しい言葉ですね。そのような言葉を知っているのも、なかなか乙なものではないでしょうか?

さまざまな四字熟語がありますが、恋する思いを意味するものも多いものです。そんな」四字熟語を使って、恋人に恋文でも書いてみるのはどうでしょう?

一心同体(いっしんどうたい)

これはよく誰もが知っている四字熟語ですね。「一心」は心を合わせることで「同体」は一体になるという意味です。二人以上の人は同じ考えで、同じ行動をすること。それだけ強い絆があるという意味で使います。

愛し合って助け合っている夫婦に多く用いられる言葉だそうですよ。夫婦の理想ですね。

鴛鴦之契(えんおうのちぎり)

難しい漢字を使った四字熟語ですが、いわゆるおしどり夫婦のこと。「鴛」は雄、「鴦」は雌のおしどりのことをさします。いつも一緒にいることで、仲の良い夫婦のことをこう言うのですね。

この言葉は、中国の春秋時代に、深い愛し合いながらも悲劇の生涯を送った宋の韓憑夫婦の墓を守る木の上で、おしどりの雄と雌が寄り添って、一日中泣き続けたという故事があるそうです。

同じ意味で『連理の枝』ということわざがあります。チェ・ジウが出演した映画の題名がこれ。映画は深く愛し合う二人が離れ離れになってしまう悲しいストーリーでした。

金襴之契(きんらんのちぎり)

これは友人同士で使う言葉のようですね。「金」は固い金属、「蘭」は高貴な花、という意味で、極めて親密なお付き合い、間柄のことを言います。

月下氷人(げっかひょうじん)

結婚の仲人のことです。月下老人と氷人という言葉を組み合わせてできた言葉。月下老人とは縁結びの意味を持つそうです。

掌中之珠(しょうちゅうのたま)

もっとも大切にしているもののことです。彼や旦那さんからこう思われたいですね。「君は僕の掌中之珠だ」。君は僕の最愛の人だ、という意味ですよ。

朝雲暮雨(ちょううんぼう)

男女が愛し合って深い仲になること。中国の楚の懐王が、夢の中で女神と情交し、別れ際にその女神が、朝は雲になり日暮れには雨になってお目にかかります、と言ったことからできた言葉のようです。

喋喋喃喃(ちょうちょうなんなん)

このかわいい感じの四字熟語は、男女が打ち解けて楽しそうにしゃべっている様子のことを言います。

またはこそこそ話をしていることをさします。いちゃいちゃしながら、こそこそと話す男女。幸せなカップルですね。

屋烏之愛(おくうのあい)

人を愛するとその周りのものまで愛おしく見えるということ。その人を愛していると、その人の家の屋根にとまっている烏までもいとおしく思える、ということから、こういうのだそうです。

彼を愛しているのなら、お姑さんも愛おしく思えるはず?ですよね。

人面桃花(じんめんとうか)

想いを寄せていても、会えない女性のこと。中国唐の詩人・崔護が、桃の花が咲く場所で美女と出会ったが、その面影が忘れられず次の年にそこを訪れても会えなかった、という故事からできた言葉です。

落花流水(らっかりゅうすい)

落ちる花には流水に浮かびたいという思いがあり、流水には花を浮かべて流れていきたいという思いがある、ということを男女の恋愛にたとえて、相思相愛の意味に使う言葉。

しかし、反対に物事の衰退や時がむなしく過ぎていくこと、別れのたとえにも使われる四字熟語です。

常住不断(じょうじゅうふだん)

常に絶えることがないこと。恋をすると彼に会いたくなります。会えば緊張し、別れれば寂しくなる。片思いから両想いになっても、メールが来ないと不安になり、デートができないと寂しくなる…。恋愛はつらい思いが続くもの。恋は常住不断のつらさですね。

純真無垢(じゅんしんむく)

けがれのない心、清らかな心、様子のこと。純粋で混じり気のないさま。天真爛漫、天衣無縫なども同じ意味ですね。

純真無垢でいられればいいのですが、大人になって楽に生きようと思ったり、欲やわがままが出てくると、ずる賢くなってしまうことも。せめて、彼の前だけでも純真無垢な女性でいたいですね。

この記事をシェアする

関連記事