• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

こんな旦那はダメ!嫁の価値を下げる男たちの特徴

Date:2013.06.27

あなたの旦那様は、あなたの立場をわかってくれる方でしょうか?先日こんなことがありました。

体調不良で入院した私に両親が、「退院したら一人暮らしで心配だからしばらくの間うちに戻って療養してなさい」と言ってくれました。両親は、実家の跡を継いで去年結婚した弟夫婦と同居中、嫌な予感がした私はもちろん断りました。

「お嫁さんいるし気使うからいいよ」と。母はもちろん、「あなたの家なんだから堂々としてればいいじゃない、帰ってきなさい」と私の体を心配して連れて帰りたがってる様子。けっきょく母に折れる形で私は実家に帰省しました。そして嫌な予感は的中…。

「おい!邪魔だ!どけ!お前の座る場所はねーんだよ!」と帰宅そうそう大声で私に怒鳴る弟。この時私は二度と実家に帰るまいと心に誓うのであります。私にとっては実家であっても、彼にとっては“俺の家”なのかもしれません。

その様子をただ何も言わず黙って見ていた母。あとになって母が、「あいつもバカだねー、あーやってかっこつけても、ハタから見れば嫁が言わせたように思う人もいるのにね」と話していました。

そう、彼は【嫁の価値を下げる男】なのです。このときは、母も私もお嫁さんが言わせたのではなく、弟が自ら口にした言葉だと気付いていましたが、見方によっては“お嫁さんが言わせた”と感じる人もいるということです。

嫁の価値を下げる男とは?

自分の出した態度が逆に自分の奥様の立場を悪くする人です。例えば先程の例のように、一家の大黒柱でもない弟が王様きどりの振る舞いをすることで、結果的には自分の奥さんの立場を悪くしてしまいました。また、こんな例もあります。

“できちゃった”わけではなく、「お互い嫌いじゃないし」となんとなく結婚しようかと後先考えず二十歳で結婚した夫婦がいました。

当時旦那様は美容師の見習いの身。当然金銭問題など心配し、親御さんが反対しても二人は結婚、案の定心配していた通りのことが起きました。

共働きしても2人だけでいっぱいいっぱいの生活なのに、結婚してすぐ妊娠。奥様のお母さまとお姉さまは金銭的に苦しい2人のため、毎月仕送りしていたそうです。

旦那様の家族も仕送りしていたかはわからないそうですが、なにかあると、「お金ちょうだい」と連絡があるそうです。一度お姉さまが会いに行った時のこと、義理の弟である旦那様が帰宅したときロクに挨拶もなく、別の部屋にこもってしまわれたそう。

毎月仕送りもしているのに感謝の気持ちもなかった態度にはすごく腹がたったそうです。それ以来、お姉さまは義理の弟さんが大嫌いだとおっしゃっています。彼女はそのことを知人の男性に話したとき、その方に「それは男が悪いよ」と言われたそうです。

奥様は妊娠中で働けず、子供の父親でもあるならば、少しぐらい寝なくても働くべきですよね。

男性は自分を“上げてくれる”女性と結婚するといいと言いますが、女性だって自分を“上げてくれる”人と一緒になれるほうが、もっと輝くはず。どんな男性と結婚するかによっても、自分の価値は決まるのです。それがあなたの魅力にもつながるのですから…。

この記事をシェアする

関連記事