• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

円満な関係を目指す!姑への苦手意識をなくして上手く付き合う方法

Date:2013.06.04

好きな人との結婚は、女性にとって「幸せの絶頂」「バラ色の人生のスタート」など、期待も高まるものですね。しかし、その一方で、結婚した時からご主人の両親とのお付き合いも、本格的に始まります。ご両親が健在でしたら、避けては通れない道ですよね。

昔から、嫁と姑の仲は、犬猿の仲とされていますが、出来れば円満な関係を築きたいもの。ここでは、姑となんとかうまくやっていくための、コツのようなものを取り上げていきます。

私は新入社員?苦手意識をなくすために考えを切り替える

姑というだけで、苦手意識を持っていると、どうしても態度に出てしまうものですし、こちらからの接触は、なるべくしないようにと考えてしまいがちです。

これからは、「姑=苦手」という意識をいったん取り除くために、姑に接するときには、上司に接するようなつもりで応対してみましょう。あなたは、ご主人の実家に新しく入った「新入社員」のようなものだと考えてみるのです。

新入社員でしたら、まだ会社のルールやしきたりなども、よく理解していなくても仕方ありません。その代わり、上司には積極的に、わからないことを質問し、覚えようとしますよね。

そして、どんなに理不尽だと思ったり、理解不能なことであっても、とりあえずは上司の命令には従おうとするはずです。

そのような感じで、ご主人の実家におけるルールやしきたりについて、理不尽だったり理解できないことがあったとしても、まずは覚えて従うことです。この先、慣れてくれば、自分の意見をやんわりと伝える機会もあるはずですから、今は時期を待ちましょう。

ポイントはおさえて!母の日や誕生日には贈り物を忘れない

女性でしたら分かると思いますが、女性はいつまでも、自分の誕生日や何かの記念日は、覚えていて欲しいと願うものです。ですから、姑の誕生日や母の日には、是非ともプレゼントをすることをおすすめします。

高価なものでなくても、ちょっとしたものでも良いのです。姑の趣味やセンスを考慮して選んであげれば、悪い気はしないはずです。

贈り物には、感謝の気持ちを伝えるメッセージを添えるというのも、ベタですが効果的ですよ。あなたの素直な気持ちを伝えると良いでしょう。

また、食べることが好きな姑なら、レストランでの食事に招待するとか、ケーキを持っていくというのでも良いと思いますよ。もちろん、ご主人も一緒にお祝いしてあげれば、姑も喜んでくれることと思います。

目上の人を立てる精神も忘れないで

姑という立場の人の中には、あなたたち夫婦の生活に、いろいろと口を出してくるような人もいるでしょう。こんな時、正直やめて欲しいな、というような迷惑な提案をされることもあると思います。

なんでも耐えて言いなりになる必要はありませんから、どうしても飲みたくないことは、やんわりとお断りするのも必要でしょう。しかし、そんな時でも、目上の人であるというだけで、敬意を払い立てるということも、大人として身に付けたい応対術です。

提案をしてくれたことに感謝の気持ちを示しながらも、それを実行できない理由を、方便でも良いので添えて、やわらかくお断りの意思を伝えましょう。ご主人が協力的な男性であれば、ご主人からうまく断ってもらうのもひとつの方法です。

生涯のパートナーを産み育ててくれたことに感謝

お付き合いをしていく中で、どうしても姑に対して腹が立ってしまう場面も、出てくるかもしれません。そのような時、常に思い出して欲しいのは、「姑は、生涯のパートナーである夫を産み、育ててくれた人なのだ」ということです。

姑がいなければ、ご主人はこの世に生まれていませんし、育てた人が違えば、今のご主人の性格にはなっていなかったかもしれませんよね。

まぁ時には、「姑の育て方が悪いから!」と、ご主人の性格や行動に腹が立つこともあるとは思いますが、それでも生涯を共にしようと思ったほど、好きになったという事実があるはずです。

自分が愛する人を産んで、育てた人。この事実を思い出すだけで、腹が立つ気持ちもやわらぎ、姑に対して感謝の気持ちこそ芽生えてくるのではないでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事