• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

同居の方必見!嫁姑トラブルを避けるために知っておきたい7つの掟

Date:2013.09.17

幸せいっぱいの新婚生活のはずだったのに、反対しきれず夫の母親と同居することに。
夫のことは大好きでも姑とどのように接していいのか分からないと悩む女性は結構います。

結婚には親族同士の関わりがつきもので、
とくにお互いの親との関係にはトラブルが起こりがちです。
今回は、「嫁姑トラブルを避けるために知っておきたい7つの掟」をご紹介します。
少し言動を変えてみると、悩ましい嫁姑問題も解決できるかもしれません。
毎日のストレスに押しつぶされそうになっている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

1 所詮は他人、考えが違って当たり前だと考えること

一番大切な事は、もともと他人なのですから、お互いの考えがすれ違っても当たり前と考えることです。
最初のうちは、どうにか相手にあわせようと無理に努力してしまうことが多いと思います。
そしてそのうち我慢できなくなって、ストレスが爆発してしまうのです。

相手の気持ちを尊重するのは大切ですが、
どうしても受け入れられないことは無理にあわせなくてもいいと思います。
我慢ばかりでいらいらしてしまうより、
そこは他人と割り切って言われたことを右から左に聞き流してしまいましょう。
あえて真正面から向き合わないことが、大きなトラブルに巻き込まれない秘訣です。

2 時にはほめて、認めて、おだてること

夫の母は、女性として私たちより先輩です。
時にはほめて、認めて、おだてるという謙虚な姿勢が必要でしょう。
とくに料理を作ってくれたとき、家事を教えてくれたときに実践すると効果的です。

同性から「さすがです!」「勉強になります!」など持ち上げられるとうれしいのは、
いくつになっても同じこと。
ごまをすってるようで気が進まないかもしれませんが、「可愛い嫁」を演じることも嫁姑の間柄では必須です。

3 できないこと、分からないことは素直に伝える

できた嫁と思われたいばかりに、自分ができないこと、分からないことまで出来るふりをするのはやめましょう。
無理してやってもうまくいかないのは当然で、結局姑に小言を言われてしまいます。
嫁がきちんとできなかった事に対するイライラがつのると、険悪な関係に発展しがち。
できないことは「分かりません」と素直に言うと、意外と喜んで教えてくれることもあるものです。
良好な関係を保つには、つまらないプライドは邪魔になると心得ましょう。

4 年中行事では親戚一同をたてること

今でも田舎のほうでは、年中行事で古いしきたりを大切にしていることがあります。
その家、地方では当たり前のように行われていることでも、
慣れない人にとっては理解できないのが通常です。
法事やお正月など、たくさん親戚が集まるときには、
姑や親戚たちの言った通りに行動して彼らの顔をたてるようにしてください。
勝手な判断で進めるのはトラブルのもと、親戚を味方につけておくのが得策です。

5 だんなの愚痴を姑に言わないこと

夫は姑にとっては、大切に育て上げた息子です。
どんなに仲良くなったとしても、旦那さんの悪口を姑に言うのはやめましょう。
口では「本当に仕方ない息子でごめんなさい」などと言っていても、
お腹の底ではいい気はしていないケースがほとんどです。

姑は息子の愚痴を言われると、自分の育て方を否定されたような気持ちになります。
話がそのまま夫に筒抜けだったというのもよくある話で、
夫婦間の関係悪化にもつながりかねないと思ってください。
愚痴は、自分の友人にゆっくり聞いてもらうのが一番です。

6 小さな気配りも大事!母の日にはプレゼント

自分のために贈り物をしてくれたら、うれしい気持ちになるものです。
母の日や誕生日には日頃の感謝の気持ちということで、プレゼントを送りましょう。

高いものでなくても構わなくて、姑の趣味にあったお花やお菓子だけでも大丈夫、
「その人のためを考えて選んだもの」ということが分かってもらえるようだと良いと思います。
姑の好みが分からない場合には夫に相談して、喜びそうなものをチョイスするといいでしょう。
自分から渡すのが気が引けるというときには、
「2人から」ということで夫に渡してもらうのもひとつの方法です。
イベントごとでの小さな気配りが、ぎくしゃくした関係を解消するきっかけになるといいですね。

7 程よい距離感を保つこと

いろいろ試してみたけれど、「何をしてみてもやっぱり性格があわない」ということもあると思います。
文句を言っても姑と同居という状況を変えられないのであれば、
程よい距離感を保ちながら当たり障りなく接していくのがいいでしょう。

相手に変化を求めても、うまくいかずに不満がつのるばかりです。
だったら、相手のことはどこ吹く風、自分の生活を守っていかなくては心がつぶれてしまいます。
本当はみんなで仲良く生活したいという気持ちはもっともですが、
それで自分が行き詰まってしまっては元も子もありません。
人間関係の問題は、時間が解決してくれることもあるものだと考えましょう。

嫁姑トラブルに悩む方へ 

生活をともにする人と折り合いが悪いのは、とてもつらいと思います。
いろいろ思い悩むことも多いと思いますが、悲観的になりすぎず、考えすぎないようにしてください。
上手に割り切り、ポジティブに考えることで、見える世界が変わってくることもあるものですよ。

この記事をシェアする

関連記事