• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

失敗したくない幼稚園選び…優先順位と選び方のコツとは?

Date:2013.08.29

幼稚園生活で何を大事にしたい?

地域によっては通える範囲に複数の幼稚園があり、どこを選んだら良いのかと迷っている方も多いことと思います。一言に幼稚園といっても、そこは教育機関なので小学校までの大事な準備期間にもなります。

3年間の大事な時間をどのような環境で過ごすか、というのも子供の育成にはとても重要なポイントになります。それに、園にはそれぞれ特色があってみな一律ではありません。

勉強を大事にしている、運動を大事にしている、躾や作法を重んじているなど、それぞれの園で方針や雰囲気は大きく違います。私は息子の幼稚園入園までに、6つの幼稚園を見学に行きました。

幼稚園がたくさんある地域なので、6つというのは多く感じる方も多いでしょう。しかしどの園をとっても、みんな特徴がありそれぞれのメリット・デメリットを比較することができました。

自分の子供の成長で、どんな部分を大事にしたいかということをしっかり確認しておくことは大事です。家庭の教育方針により近い園、または家庭では出来ない教育を園に求めるなど・・・。幼稚園に何を求めているのかを家族で話し合っておく必要があります。

子供の性格・特徴によって選ぶ

子供の性格によって、合う園と合わない園があることは確かです。例えば、比較的大人しくて人見知り、周囲に溶け込むのに時間がかかる子供が、大人数のマンモス幼稚園に行くようだと心配は増えます。

もちろん、たくさんの友達や先生と触れ合うことで成長していく面もあるでしょう。しかしまずは、子供が園を楽しんで行けるかどうかということに注意を向けてあげましょう。大人しいタイプの子供には、できるだけ少人数で先生の目が行き届きやすい園のほうが安心です。

友達作りの苦手な子も多いので、そういった場合全体の園児数が多いと孤立してしまうこともあります。

また反対に活発で、どんどん外に出て人と関わっていけるようなタイプの子供は、多少人数の多い幼稚園でも心配はありません。友達を作ることに苦労しない子供であれば、たくさんの友達と関わることができるのでメリットになります。

そして、今現在自分の子供が何を得意としているのかを見てあげてください。お絵かきやパズルなど、頭を使ってじっくり考えるのが得意。体を動かして運動することが得意。歌やダンスなどの音楽に関わることが得意。子供それぞれに得意なことや関心の高いものがあると思います。

園によって、どんな活動に力を入れているかどうかが異なります。今得意なこと、興味のあるものを伸ばしたいのか、それとも他に興味のあることを増やすのか。選択肢はそれによって変わってくると思います。

親の楽ばかり重視してはダメ?

幼稚園に入園すると、親の負担も今までより増えるのは確かです。例えば、毎日の送迎やお弁当、保育料金などなど・・・。特に母親の手間は今よりだいぶ増えることになるでしょう。

しかし、そこで親の楽を重視するような幼稚園選びをしてしまわないようにしてほしいものです。例えば、毎日給食でお弁当を作る必要がないから、月謝が安いから。そんな理由で幼稚園を決定する人は少なくありません。

もちろん、園の様子や子供に合っているかどうかを納得できる上、親も楽をできるならば申し分ありませんよね。それでも一番大事なのは子供が園に馴染めるかどうかです。親の負担については、できれば二の次三の次に考えてあげてほしいと思います。

情報収集しかた

さて、どんな幼稚園に通わせたいという大体の構図がつかめたら情報収集を開始しましょう。一番確実なのは、園庭開放などに足を運んで実際に目で見てみること。私は6つの幼稚園を巡りましたが、すべて園庭開放でした。

そこで園の資料がもらえたり、プレ保育という体験保育の申し込みができることも多いです。中には、願書の受付が先着順になるような人気幼稚園もありますが、園庭開放やプレ保育に通っていることで優先的に入園することができる場合もあります。

また、幼稚園で開催しているお祭りなどに参加することのできる場合もあります。園の行事風景は一度見ておくと良いでしょう。先生や園児、保護者の様子が一目で分かるので、よき判断材料になります。

そして、地域の子育て支援センターなどで聞いて見るのも良いでしょう。保育園や幼稚園のことでアドバイスをくれることがあります。他に聞けるママ友やご近所さんなどがいないときは、こういった施設の保育士の意見を聞いてみましょう。

地元住民の意見もなかなか大事です。近所に昔から住んでいる高齢の方々は、園の昔からの様子を知っています。園の周辺を歩いて登後園する際、園児の様子も見ています。

私は息子の幼稚園を決めたとき、近所の年配の女性の意見が大きく影響しました。「ここの園は良いよ、小学校にあがるのに苦労しない教育を昔からしているのよ」そんな、後押しの言葉をもらったこともあり、今の幼稚園を6箇所から第一候補に決定しました。

しっかり下調べをしておけば安心!

しっかり調べ上げていても、入園後は何かと不安が出てくるもの。しかし、親として子供にして上げられるだけのことをしておけば大丈夫です。子供が3年間、楽しく生き生きと園生活を送ることができるよう、選択をしてあげてほしいと思います。

この記事をシェアする

関連記事