• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

スマホの写真と手鏡はマスト?!洋服の買い物に失敗しない方法

Date:2014.04.20

新しい服を買うときってすごくワクワクしますよね。気分がとても良いとき、気に入った一枚を買ったときの嬉しさ。その洋服を購入して家に帰って早速袖を通すと・・・。

アレ?なんかお店で見たときほど気分がアガらない・・・。しかも服を見た家族から「似合ってないよ」の一言!せっかく嬉しい気分で買った服なのに結局出番なしのままクローゼットで眠らせてしまったという経験、あなたにはありませんか?

アメリカの女性誌「GLAMOUR」の調査によると、実に多くの女性が所有している洋服の25パーセントしか着まわしていないということが判明したそうです。ということは75パーセントの服は単なるクローゼットの飾り・・・?!

あなたは持っている全部の洋服をうまく着まわしていますか?せっかく買ったのに着なかったお洋服たち、その総額を出してみるとかなりの金額を損しているはず。今日はそんな洋服の買い物の失敗をなくすお話です。

服を着なくなった理由は似合わない・機会がない・着心地が悪い?

あなたがクローゼットを開けて「着ていないなぁ」というお洋服に共通する特徴はなんでしょうか。

いざ買って帰って着てみたら似合わなかったから?綺麗めなワンピースを一目ぼれして買ったのに着て行く場所や機会がないから?それともサイズが小さく感じたりするから?

着ていない洋服の「着ない理由」を紙に書きだしてみましょう。書き出してみるとあなたの買い物の傾向の中で「悪い癖」が見えてくるはずです。

たとえば「一目ぼれしたデザインなら多少着心地を我慢してでも買ってしまう」「セールで値引きされているのを見ると買わずにはいられなくなる」などなど。傾向をつかんだら、あなたなりのショッピングルールを作ること!

例えば着る用事・シチュエーションがない服は買わない。3パターン以上着まわし方が思い浮かばなければ買わない。着心地が良くないものは買わない。そしてそれをスマホや手帳にメモして持ち歩いておきましょう。

買い物しているときのあなたの頭は一種のトランス状態に陥っているので、買いたい服に出会ったときは冷静な頭で作成しておいたマイルールをチェックしてみましょう。

「買い物がルールに縛られるなんてつまらない」そう思う人もいるかもしれませんが、決められた枠の中でオシャレするというのも実はやってみると楽しいんですよ!

買い物には手鏡とスマホがあると一度立ち止まって考えられる

ショッピングモールやデパートを歩いていると無意識に興奮状態になって客観的に似合う・似合わないの判断ができなくなってしまいます。そんなとき、使うと便利なアイテムは手鏡とスマホ。

洋服を試着するとき、後姿もチェックすると客観的に自分を見ることができます。試着して鏡の前に立ったら(できれば1.5メートルくらいは離れましょう)手鏡を使って合わせ鏡で自分の後ろ姿を見てみましょう。

この服を着ている自分が他人からどう見えるのか、客観的な視点で考えることができます。またスマホの写メも活用したいところ。お店の方の許可が出れば、試着している自分の姿を写メで撮って見てみるといいでしょう。

カフェで一息つきながら写メをチェックして似合っているかどうか考えてみましょう。それと普段からあなたのクローゼットまたはタンスの中を写メで撮って保存しておきましょう。

いざブティックの中で自分のクローゼットを思い出そうと思っても、周りの商品が視界の中でチラついて集中して思い出せないもの。

そんなとき、スマホの写メで自分のクローゼットにあるアイテムを見れば買おうとしている服と似たようなものを持っていないか、何パターンくらい着回しできるかなど想像しやすくなります。

服を買う日はその目的に合った服装で行くこと

服を買うのには相当なエネルギーがいりますよね。何度も試着したり何件ものお店を回ったり。ガンガン歩く一日になるので足が痛くならない靴を履いていきましょう。足が痛くなると思考回路も奪われて冷静な判断ができなくなってしまいます。

今は試着室にもヒールのある靴が備え付けてありますから、たとえばバレエシューズやヒールのないパンプスで行ってもヒールあり・なしそれぞれでその服がどう見えるかチェックすることができます。

また「このスカートに合うトップスが欲しい」「この靴に合わせるパンツが欲しい」など目的があるときは、かならず合わせたいアイテムを身につけていくこと!

ちょっと面倒ですがこればっかりは頭の中で思い出すだけではいざ自宅に持ち帰って合わせてみるとイマイチだったということになりかねません。

さあ今回こそクローゼットの「25%」に入る服を買いに行きましょう!

この記事をシェアする

関連記事