• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

羊毛フェルト刺繍で世界にひとつだけの手袋を作る方法

Date:2016.01.30

2画像46
最近羊毛フェルトに再びハマっているライター、yolyです!

専用の針でサクサク刺すだけで、簡単にオリジナルのものが作ることができる羊毛フェルト、すばらしすぎる!

ということで、今回も羊毛フェルト記事です!懲りずにお付き合い下さいませ。

何が違うって、今回はオリジナル手袋を作っちゃうよ!ってトコロ。

手袋は市販のものだから、付けたい図柄をチクチクするだけ。そしてプラス、好きなビーズも留めつければ、オリジナル感マシマシ!

図柄にもよりますが、所要時間は30分!自分用に、プレゼント用に、みんなにお揃いで!いかがでしょう?

準備するもの

W500Q75_2画像1

  • 手袋
  • 羊毛フェルト
  • ニードル
  • ビーズ
  • スポンジ
  • 針と糸
  • (必要なら)刺繍糸

羊毛フェルトで刺繍をする

まずはこちらの手袋。なんてことない、なんだったら軍手に近い、無地の手袋。

W500Q75_2画像2
でもでも実は、指先がスマホ用になっている!これは便利。

W500Q75_2画像3

普段用としてガシガシ使うのにピッタリでしょう?今回はこの手袋を4組、買いまして。

友人たち皆で、お揃いだけどお揃いじゃない手袋、作っちゃおう企画!

それぞれの好きな図案で作るよ~!まずはイメージ図。

W500Q75_2画像4

スカル!ドクロ!シャレコウベ!よし、拙いながらこれをイメージしつつ。

W500Q75_2画像5

手袋の中に、食器洗い用のスポンジを入れて。そして使うのはもちろん、羊毛フェルト用ニードル。

こちら、よく見ると針の途中にいくつかの凹みが作ってあり、羊毛をザクザクと刺すと、奥の羊毛を手前に引き出してくるため、どんどん絡んでいくというカラクリ。

W500Q75_2画像6

まずは買ったままの大きな塊から、これ位かなぁ?という量をちぎりましょう。

W500Q75_2画像7

後で足すことができるので、テキトウです。

W500Q75_2画像8

ちぎったものをまた半分くらいに裂いて

W500Q75_2画像9

重ねる。

W500Q75_2画像10

また裂いては

W500Q75_2画像11

重ねましょう。ふわふわになって、片寄りがなくなります。そんな、ふわふわ状態になった羊毛を、手袋に置きまして。

W500Q75_2画像12

輪郭あたりをニードルでザクザク刺していきますよ!あまり一気に深く刺さずに、浅めに刺します。

W500Q75_2画像13

なんとなく形が定まってきたら、輪郭に沿って折り返し、上から刺しましょう。

W500Q75_2画像14

うん、なんとなく頭っぽいものが、できはじめました。この調子でどんどん刺しますよ!

W500Q75_2画像15

イメージ図を見ながら、アゴ?歯?のあたりは角を作りつつ。

W500Q75_2画像16

厚みが足りないなぁという場所には、少しずつ足して。

W500Q75_2画像17

たまに手袋とスポンジの間に指を入れ、剥がしましょう(最後まで一度も剥がさないと、くっ付いて取れない場合があります)。

とりあえず、こんな感じ!

W500Q75_2画像18

これじゃなんのこっちゃ、なので。

W500Q75_2画像19

今度は黒い羊毛フェルトで…

W500Q75_2画像20

目を作ろう!正確には、目の穴?かな?ドクロだもんね。

W500Q75_2画像21

輪郭は特にしっかりと。

W500Q75_2画像22

片目完成!

W500Q75_2画像23

からの~

W500Q75_2画像24
両目完成!

やり方はもちろん、両目とも一緒。少々違う形に、注意しながらザクザクサクサク。

小さいながら、忘れてはならぬ、鼻。

W500Q75_2画像25

ここまで完成したら、あとはしっかりと全体を留めつけたい!

プロの方の技術なら、このままで平気かもしれないけど…シロウトのDIYでは少々不安が残ります。なので、こんなものが登場。

W500Q75_2画像26

フェルトパンチャー。要するに、ニードルが5本あり、一気に広い範囲刺せるよ~!というもの。

W500Q75_2画像27

一回刺せば、五回刺したのと一緒!これは捗る。

W500Q75_2画像28

全体にサクサク刺して、不安を解消。そして、歯の線は、刺繍しちゃお!

W500Q75_2画像29

フェルトで刺してもいいけれど、細いものは外れてきそうで怖いのです。ちょこっとだし、刺繍がカンタン。

W500Q75_2画像30

はい、スカル完成!これで立派な(?)スカルさんです。

さて、反対の手は…

W500Q75_2画像31

途中まで一緒。頭のない、スカル…そして

W500Q75_2画像32

突然登場、赤い羊毛フェルト。何色だっていいけれど、なんとなく赤の気分。

チクチク。サクサク。

W500Q75_2画像33

ドーン!ってなにこれ?って思ったでしょ?

W500Q75_2画像34
これでお分かり頂けるでしょうか!?シルクハットでした。

左手だけでは何が帽子被ってるの?といった感じですが、右手をご覧頂ければスッキリ解決。

W500Q75_2画像35

スカルだもん(語呂が桜田門ぽい)。なにはともあれ、両手が完成。

ビーズで装飾

ドクロだけでもいいけれど、ちょっとキラキラさせたくなっちゃった!そんなわけで

W500Q75_2画像36

ビーズを留めつけていくよ~!パーツクラブさんで購入した、ガラスビーズです。

価格は比較的お安めなのに、キラキラ具合が素晴らしい!安っぽくないので大好きです。

手袋の中に、メモ用紙か何かを入れましょう。無理のない大きさであれば何でもOKです。

W500Q75_2画像37

なぜって、針で掌側の面を一緒に留めつけてしまうから。

何度もやらかしては最初からやり直した私の、苦肉の策を伝授です。ニヤリ。

W500Q75_2画像38

こんな風に、図柄の一部をみっちりとキラキラにしてもいいし、

W500Q75_2画像39

散らすというのもアリでしょ。

W500Q75_2画像40

一気に派手に進化を遂げました!完成!

W500Q75_2画像41

お揃いだけど同じじゃない

そう、それができるのがいい所。

だから、こんな風に

W500Q75_2画像42

派手なお花に、反対の手は

W500Q75_2画像43

仮面!仮面に目が無いあの子へ。そして…

W500Q75_2画像44

んん!?これは!?

W500Q75_2画像45
そう、黄色い彼でした!若干のウサンクササには手作りということで目を瞑っていただいて…彼のことが大好きな、あの人へ…!

さてさてこれにて、今回の記事は終了。

自分の分はこれから作ります! こういうものって、プレゼントする相手を思い浮かべながら図案を考えるのが楽しいのです(私だけ?)。

自分のものを作るのが一番難しい!!さて何の柄にしようかな~。

長くなりそうだから。いや、既にとっても長いから。まずは締めましょう!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

喜んで貰えますように。

この記事をシェアする

関連記事

コメント