• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

婚約指輪のお返し相場を知って、あなたらしい誠意の示し方を

Date:2014.04.08

婚約指輪のお返しをしなかったという方もみえますが、たいていの理由は結納がされている訳ではなかったからというものです。結納でご両親との正式なごあいさつの際に結納を交わすカップルは近年減ってきています。

一昔前ですと、家庭の事情にもよりますが様々な贈り物のひとつに婚約指輪と現金が用意されているものでした。今日でも結納がかわされる場合現金は100万から200万円だと言われますが、お見合いでないなら無理をしてまで高額を用意させるのも…と新婦としては考えるものです。

それで2人で相談することができます。結納金の金額によって、お礼も相場がかわるものですから、結納金よりも多く返しては相手に失礼となります。

実際の相場は…30万円?!

では、大体の結納返しはおいくらなのでしょう?最近では結納金よりも婚約指輪をもらいそのお返しをするという形が多くなっていますから、結納返しというよりも婚約指輪返しが必要となります。

ですから婚約指輪のお返しの相場はおいくら位なのでしょう?まず婚約指輪自体は30万円から50万円程度とされています。

ただ、男性が結婚指輪も用意する事を考える場合婚約指輪にペアリング代もプラスとなりますので、指輪1つにかけられる金額は20万程度の手ごろなものかもしれません。

となると、お返しの金額は?20万相応つまりもらったものと同じくらいの金額で返せるならそれでもかまいません。彼にとってはうれしいことかもしれませんが、ただ男性のプライドを気付付けないよう相応から少々金額をおさえたほうが良いとされています。

話し合う事もポイント!

もらった指輪が20万円程度のものであれば、10万円程度のものをお返しするとします。もちろん個人個人によって経済力も家庭環境も異なりますから「半分の金額も出来ないな・・・。」と思うなら無理して背伸びをするようなお返しをする必要はありません。

問題はあなたが彼に感謝していることを示すことなのです。これから共に生きていく事を決めたのですから、2人で話し合い解決して生活をしていくのですから、感謝を表しましょう。

婚約指輪のお返しは、誠実さと感謝を改めて示す機会だという事を念頭に置いてお返しするものを考えていきましょう。

らしさは…誠意の伝え方。

結婚先輩の皆さんはどんなものをお返ししているのでしょうか?彼女たちは彼にとって日常生活で役立つものをお返しに選んでいるようです。

例えば、聞き込みではダントツで時計が第1位。理由としては毎日つけられるものをお返しにしたかったというその理由。そして結婚式の2次会で着られるスーツやフォーマルにつけるアクセサリー類が第2位。

2次会で着られるスーツは、友達の結婚式にも着られるため男性としてはオシャレなフォーマルスーツもうれしいようです。ピンからキリまであるものの、こうしたスーツでしたら20万、30万とするわけではないので女の子にとっても負担が軽くなるかもしれません。

あなたらしいお返しをするためにも「彼に役立ててもらえるもの」「長く喜んでもらえるもの」を考えてみてください。あなたにしかわからない彼の良さを彼に教えてあげられるお返しができたら誠意も伝わり、負担も少なくなるものです。

この記事をシェアする

関連記事