• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

床暖房って必要?私がホットカーペットではなく床暖房にした理由

Date:2013.11.05

家を新築したりリフォームしたりという場面で、「床暖房を導入するかどうか」で悩む人は多いと思います。実は私も家を建てる時に床暖房にするべきかかなり悩んだ1人です。

床暖房って実際どうなの?ホットカーペットでいいんじゃないの?そう悩む人のために、実際に使用する人の意見も含めた決断のためのヒントをご紹介します。

床暖房とホットカーペットは似ているようで全然違う!

床暖房は「床を温かくするもの」だと思っている人はとても多いです。それは大きな間違い。床からの熱で部屋全体を温めるものなのです。

電気のホットカーペットを付けていても温かいのはカーペットに触れている部分だけで部屋が暖かいと感じる人はとても少ないと思いますが、床暖房をつけていると部屋全体が暖かくなってきます。

最近は家の気密性が上がってきているのでよりハッキリと感じられますが、リフォームなどで気密性の低い家に取り付ける場合にはあまり効果が感じられないかもしれません。

床暖房を選ぶ決め手とは?

実際に使っている人に聞くと、床暖房を選ぶ人は暖房効果だけではなく見た目やハウスダストが出にくい点も決め手になっているようです。

一年中フローリングの状態にしておくことでホットカーペットを敷くよりもスッキリとした見た目になりますし、カーペットのホコリも出ません。ホットカーペットは温めるという機能のために、通常のラグなどよりもばい菌やダニが繁殖しやすくなってしまうことも。

お茶などの液体をこぼした時にも掃除がしやすいので、小さな子供がいる家庭などは衛生面から床暖房に魅力を感じるというのもうなずけます。

床暖房を選んでちょっと失敗?

散々悩んで床暖房にしても、やっぱり不満が出てくるもの…実際に使っている人に聞いてみました。

「床暖房にすると冬の間は床の上にラグなどを敷くことができない。床の上でごろ寝をしたい時には、ホットカーペットでもよかったかもと思う」

床暖房をしている上にラグなどを敷いてしまうと、熱がラグの下でこもってしまって危険なのだとか。

「導入の時に業者から『フローリングの木が熱で伸縮するので、多少隙間が開くことがあります。』と言われていたけど、こんなに開くとは思わなかった」

フローリングに隙間ができたことに不満を感じている人は多いようで、特に毎日長時間使用する場合は隙間ができやすいようです。

大きいものは1センチほど開いて下が覗ける程になってしまったという人も。大抵の場合は床暖房の使用をしなくなるとまた元通りに戻るようです。

この記事をシェアする

関連記事