• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

子供がいる家庭の床暖房と電気カーペットならどっちがいいの?

Date:2013.12.10

子供がいる家庭で床を温めるために考えたいポイント

子供は床が大好きです。寒い冬に冷え切った床であっても平気でその上で遊びます。しばらく遊ぶと鼻水が出ていますが…。室内のエアコンや暖房の熱も、床面が温まってくるのは一番最後ですよね。温かい空気は上に上がりますので。

だから床を温かくしておく方法と床暖房と電気カーペット類との比較についてお話しします。

床暖房と電気カーペットは子供にはどっちがいい?

床暖房にも種類がありますが、ココではガス式の床暖房との比較といたします。ここでのpointは「電磁波」です。

電気カーペットは低周波が非常に多く出ている電化製品です。冬に温かくなるので、つい寝っ転がって顔をすりすりしたくなる程気持ちがよいものですが、電磁波の危険性は非常に高いものです。

電磁波は携帯電話やスマホ、電子レンジ、テレビ、パソコンなどあらゆる電化製品から出ているものですが、電磁波で脳腫瘍や白血病などの癌の発症率が上がるとも言われています。

長時間、密着してつかう電気カーペットでは電磁波の影響を直接受けてしまいやすいので、子供さんには危険があるのではないでしょうか。

最近では、電気カーペットの開発が進み、電磁波が99%カットされていることを売りにした商品も多くなってきました。電磁波の磁界をうまく打ち消す仕組みが内蔵されたカーペットです。

このような商品であれば、また安心感はありますが、やはり、電気に直接触れていることは変わらないわけで、100%の安心はできにくいです。

一方ガス式の床暖房は、床の下に温水パネルが入っていて、温められたお湯が床を温かくしてくれているという状態なので、電気が発熱しているわけではありません。温水を作る機会はお風呂の裏など全く別の場所にあるので、電磁波の影響もそれほど心配ありませんよね。

お子さんがまだ小さい場合は、電気カーペットを使用するよりは、ガスの床暖房を使用する方がよいでしょう。

ただ、電気カーペットの値段と比べると、ガスの床暖房をこれから設置するには大きなお金がかかってきます。電気カーペットを買う値段と比較するとその40倍程!(商品によってことなります)何気なく購入できるというものではありませんよね?

家を新築する時、リフォームするときなどに合わせるのならまだ考えられますが、床暖房だけを子供のために入れるというのはお金がかかりすぎます。

電気式の床暖房の場合は、電気カーペットと同様に電磁波の影響が気になります。電磁波は、子供の成長細胞にダメージを与えかねませんので、注意が必要なのです。

電気式の床暖房でも、電磁波を抑えた商品の開発も進んでいます。オール電化などをご検討の方は、一度詳しく調べられた方がよいですよ。特にお子さんがいる、これから作る予定の方は…。

床暖房の導入が無理な場合の対処法

お子さんが小さい間は床を温かくしてあげたいというママの願いが少しでも実現できるようにするためには、体に害のないもので補うしかありません。それがプレイマットやカーペット類ですね。

プレイマットは赤ちゃんが床でけがをすることも守ってくれて、断熱シートの役割も果たしてくれるので、おススメです。その上にカーペットを敷いてあげると、冷たかった床もくつろぎ空間に変身します。

掃除機はかけにくくなりますが、暖房費も節約できますし、床暖房がなくても何とか冬がしのげます。床暖があった方が温かいのは間違いありませんが…。

また、寒ければ、少し厚着をさせて体が温まったら、服を脱がせるという方法でもよいでしょう。子供は大人よりも体温が高いので、少々の寒さではへこたれずに遊びます。どうしても寒い時はこたつで体を温めてから遊びだすというのもよいですしね!

上記を参考に床暖房などを選ばれてみて下さいね!

この記事をシェアする

関連記事