• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

【夢占い】駅や改札のもつ意味は?それは「決断」を意味するサイン

Date:2012.11.16

駅を背景とした夢は、進路の変更やライフスタイルの転換など、さまざまな決断を迫られる局面を迎えているというサインとなります。また、予め予定されていた計画の進捗や未来性を表す意味で、関連して定期券として夢に出てくる場合もあります。

現実の世界では、今は多機能ICカードとなって利用する事も多いこの定期ですが、もし定期券として夢に出てきた場合はその印字された数字が何かのキーワードとなる可能性もあります。

☆Good Dream

「駅に向かう」

軽やかな足取りで駅に向かっている場合、今の計画が重い通りに順調に進んでいく事を表しています。

「駅が背景にあるシチュエーション」

新しい事へのチャレンジ精神と、環境を変えて頑張るという気持ち・意欲の現われです。

「駅で誰かと会う」

影響力のある人物や実力者のバックアップが期待できるでしょう。

「新しい定期を購入する」

与えられた仕事や義務をちゃんと果たそうとする意欲がある証拠です。

★Bad or Warninng Dream

「駅で迷ってしまう」

駅の中で迷っている場合、この先の自分の進む道が分からなくなっているサインです。自分が何をやりたいのかなど、ちゃんと考えをまとめる必要があるようです。また、駅に行くまでの道を迷っている場合は、生活のリズムが乱れ易い状況を暗示しています。

「終着駅でたたずんでいる」

今の状況に行きづまりを感じているようです。また、方向転換の必要性を警告している場合もあります。

「駅の待合室」

駅の待合室にいる場合、新しい事へのチャレンジや新しい環境へ飛び込んで行く事の不安を表しています。前に進まなければという気持ちがありながら、進めないでいるのでしょう。特に待合室のイスに座っているのなら、何か踏ん切りがつかない事で悩んでいるのかもしれません。

「期限の切れた定期券」

目的の達成が難しい事を表します。さらにその期限切れの定期を使って電車などを利用した場合は、目的の達成が難しいという事を知りながらまだその事に諦めがついていないという事になるでしょう。

「定期券を使わない・捨てる」

まだ利用期限が残っている定期券を使わなかったり捨てたりする場合、今取り組んでいる事に挫折するという暗示です。

「定期券を失くす」

定期券を落としたり失くしたりする夢は、自分の義務を果たしていないという警告となります。それが原因でせっかくのチャンスを逃してしまうという事を訴えています。また、改札前まで来ているのに定期券が見当たらないという場合、恋愛や人間関係に引っ込み思案になっている証拠です。

「知らない駅名の定期券」

どこか知らない土地へ行ってみたいという願望を表します。今の生活に飽きているという事でしょうか。

「自分のものではない定期券」

拾った定期券や他人の定期券を利用して電車などに乗ろうとする夢は、自分がする資格のない事を勝手にしようとしている証拠です。また、みんなが持っているのに自分だけが定期券を持っていなかった場合は、資格がないために出来ない事への悔しさ・コンプレックスの表れです。

定期券の夢の場合、普段定期券に縁のない人ほどそのメッセージ性が強いとされています。

この記事をシェアする

関連記事

コメント