• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

いくつになっても「夢」を常に持ち続ける事で女性として成長し続ける

Date:2013.11.12

皆さんは小さい頃、大きくなったら何になりたいと言っていましたか?幼稚園の頃なんかは人気キャラクターやケーキ屋さんやお花屋さんが多かったかと思います。

私はちょっと冷めた子供だったので、別になりたいものはなかったのですが、子供らしいものを言えばいいのかなとか思ってキャラクターの名前を言っていました。

小学生の頃になると少しは現実っぽくなりますよね。いつの時代も多いのはアイドルとか芸能人だったりします。それ以外はその時代によって人気の職業は違いますが、保育士さんだったり、キャビンアテンダントだったりしたかと思います。

何年か前に小学生の女の子がなりたい職業第一位がキャバ嬢だったというニュースを見た時はちょっとビックリしましたが、その頃は小悪魔agehaの人気が全盛期で人気のキャバ嬢の子達が大活躍していたのでその結果にも頷けます。

自分はどんな夢を持っていただろうと考えてみた時に、今の自分と比べてみてどうでしょうか?そのまま幼い頃の夢を叶えた人ってごく一部だと思います。それってすごく素晴らしい事ですが、決して違ったからダメというわけでももちろんありませんよね。

具体的な夢なんて持つ人の方が少ないものです。高校生くらいになると真剣に進路の事を考えなくてはなりませんが、その頃に「私はこれになりたい!」と言っていた人って少なかったように思います。

しかし、皆それぞれが悩んで自分のなりたいものを必死で模索して、専門学校に行ったり、大学を出てその職業を目指していました。そして夢を叶えたり、夢に敗れたり人の進む道はそれぞれです。

大事なのは夢を叶えることよりも夢を追いかけること

夢というのは追いかけ続ければ必ず叶うと言われていますが、どうしても叶わないものだって悲しいけれどあるわけです。自分の目指しているものに年齢制限があるものはそれに当てはまります。

それはどんなに努力してもその年齢までに叶える事ができなければ、悔しいけれどどうあがいたって無理なわけです。しかしだからと言ってその夢を目指していた時間は絶対に無駄ではないのです。その努力は必ずどこかで役に立つ日が来ます。

もちろん結果を出すのは重要ですが、そこにたどり着くまでの道のりはもっと重要になるわけです。だから人は夢を諦めないべきなんだと私は思います。夢を諦める人は言い訳を探そうとします。私もそうでした。

自分は19歳で子供を産んだから、もう何かを目指す時間なんてないと決め付けて何かを始める事を拒んでいました。確かに育児をしなければならないという状況は他の学生さん達に比べれば時間はないのは事実ですが、だからと言って絶対にできないわけではないのです。

私の息子のダンス教室で一緒だった子のママさんは17歳で出産したみたいですが、看護士さんになりたいという夢を叶える為に専門学校に行くと言っていたのを聞いて私はすごいなと思いました。

もちろん出産した頃は周りの友達は皆高校生で、遊びまくってる時期に自分は育児に追われて辛い事もあったと思います。それでも少し育児も落ち着いてきたから今度は自分の夢も叶えたいという前向きな姿勢がとても女性として輝いていました。

夢というのは子供や学生だけが見るものではないのです。大人になったって、おばあちゃんになったって、何か夢を持てば生きるのが何倍も楽しくなると思います。

小さな夢だって立派な夢

それでも、夢なんて思いつかないしやりたい事なんてないという人もきっと多いと思います。しかし、夢というのは決して大きなものだけではありません。職業の事を一番連想しますが、そうじゃなくても夢は存在します。

例えば、私は今育児をしていますが「子供が死にたいという事を絶対に思わないように成長して欲しい」という願いがあります。それは、自分の子供時代に死んでしまいたいと結構真剣に考えてしまうような子供だったからです。自分の子供には同じような思いをしてほしくない。

いつでも笑って生きていて欲しいと思っています。それだって立派な一つの夢だと思います。他には片想いが実って欲しいというのも立派な夢です。長生きしたいとか綺麗になりたいとかも全部夢。何でも気持ち次第で物事は前向きに考える事ができますよね。

夢を持って生きてるってすごく充実感があります。そしてそれを叶えるために日々何をしようかと考えて、行動して、それが叶った時には達成感と自信を感じる事ができます。自分の人生を幸せにするか不幸にするかというのは結局自分の気持ち次第という部分もあるかと思います。

自分は今不幸なんだと思う人は今の自分の夢を考えてみてください。そしてそれを叶える為に、大変かもしれないけど何か行動をしてみてください。きっと何かが変わっていくと思いますよ。

この記事をシェアする

関連記事