• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

【夢占い】カラオケで上手に歌う夢は、ラブチャンスの暗示です!

Date:2012.10.26

マイクを使って歌を歌うという夢は、自己アピール欲求が高まっている証拠です。特にカラオケや宴会などで歌う夢は、注目されたい・好かれたいという気持ちの現われなのです。

でも、現実の世界だと自分ばかりが歌っていたら好感を持たれませんよね?それと同じく、夢の中で自分ばかりが歌うと言う事は、やはり人間関係のトラブルを予兆する場合もあるようです。

☆Good Dream

「マイクを渡された」

自己主張が出来るチャンスが訪れるでしょう。

「上手に歌えた」

思いがけないラブチャンス到来です。こちらのアタックも成功する可能性が高いので、勇気を出して行動する価値があります。また、気持ちよく歌っていた場合、無理だと思っていた事が好転する見込みを表しますので、あきらめるのはまだ早そうです。

「だんだんと歌声が大きくなる」

最初は小さな声で歌っていても、だんだんと大きな声で歌っている場合、自分に対する自信の表れでもあります。もしくは、“自分にも出来るはず”と自分自身を励ましているのかもしれません。

「美しい歌声が聞こえた」

タイミングよく幸運が巡ってくる予兆となります。

★Bad or Warninng Dream

「上手に歌えない」

音程が外れてしまうなど上手く謳えなかった場合、意中の人に素直な気持ちが伝えられないことへの焦りが表れているようです。

「最初から大声で歌う」

自分の気持ちがなかなか相手に伝わらないことへのもどかしさを表しています。

「合唱する」

もっとチームワークを大切にと言う警告となります。

「壊れたマイク」

壊れているマイクや、マイクが壊れてしまったという場合、自分の主張が通らないことを表しています。また、理不尽な事に従わなければいけない不満の表れでもあります。本当は自己主張したいのに、弱気になってそれが出来ないでいる証拠です。

「マイクを探す」

自分をもっと表現する手段を探していると言う事になります。今まで秘密にしておいたことを明らかにしようと考えているのかもしれません。女性がこの夢を見た場合、自分に相応しい男性を早く見つけたいと思っている場合もあります。

「マイクをしっかりと握る」

自分の意見はきちんと主張したほうがいいと言う警告です。何か訴えたい事があるのでしょう。

マイクと言うのは、男性器を象徴している場合もあります。ですので、自分がマイクを離さないという夢は、性的欲求が強まっている事も表しているようですね。

この記事をシェアする

関連記事