• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

こんな女は嫌われる!男性が警戒してしまう残念な行動とは

Date:2014.02.19

女性はいつの時代も男性に対する厳しい審査基準や理想を持っているものです。しかし、男性の方はどうなのでしょうか。

近頃は草食男子が増えているという話もありますが、では男性は本当に気が弱く、女性の言うことややることに対して「何でもオッケー」という姿勢になってしまっているのでしょうか。

いいえ、そんなことはありません。どんなに気が弱い男性も、女性に対して密かに「こんな女性はちょっと付き合えないな…」と審査の目を光らせているものです。

プラスの要素であればいくらでも彼らにアピールしていいとは思いますが、マイナス面を見られてしまったら、その後なかなかあなたの株をあげるのは大変かもしれません。

この記事では男性から「こんな女性はちょっと…」と煙たがられてしまう女性の一面をお伝えしたいと思います。あなた自身に当てはまるものがあるかどうかチェックしてみて下さい。

過去にチヤホヤされたことをいつまでも引きずっている

男性が女性をチェックするポイントの一つとして謙虚であるかどうか、が挙げられます。

気遣いができるなどの性格もチェックされるところではありますが、周りからの「綺麗ですね」「可愛いね」などの社交辞令とも考えられる言葉をそのまま受け止めてしまって、厄介な勘違いをしている女性じゃないかどうか、これはかなり厳しい視線でチェックされると言ってまず間違いないでしょう。

特に、過去にチヤホヤされたことがある女性というのは、どこに顔を出しても「自分はそう扱われるべき女性だ」と思ってしまう傾向にあるようで、男性の前でもその一面を出してしまう恐れがあるのです。

自分ではそんなことないと思っていても、行動は嘘をつけません。ふとした瞬間に上から目線な自分が顔を出してしまう可能性だってあります。

自分のことをきちんと客観視できている女性であるかどうか、男性の目から見て傲慢な女性になっていないかどうか、それらをしっかりと意識して異性と接するようにしましょう。

口を開けば「痩せたい」ばかり言う

「痩せたい」、これは女性同士であれば挨拶文のような言葉ですよね。しかし男性から見たら、この言葉はどうなのでしょうか。男性は、女性が思っているほどガリガリな人に対して魅力を感じないというのは、かなりメジャーな話です。

痩せ過ぎている人を見ると、魅力を感じるどころか心配の方が先に立ってしまうそうなのです。では「痩せたい」と連呼する女性が、なぜ男性から煙たがられてしまうのか。それは「食事が楽しくなくなる」の一言につきます。

一緒に食事に出向き、注文したメニューを目の前に「カロリー高そうだね」などと言っていては、相手の男性だって冷めてしまいますし、その次の機会からあなたに対して「おいしいものを食べさせてあげよう」という気持ちがすっかり失せてしまいます。

誰だって「おいしい!」と楽しそうに食事をしてくれる女性の方に魅力を感じます。細い方がいい、小食の方が魅力的というのは女性独特の先入観だったりするもの。

男性してみれば「何でそんなこと気にするのかな」と思いところでありますし、煙たがられてしまうポイントでもあります。

口を開けば「結婚したい」ばかり言う

「結婚したい」、これは連呼すればするほど男性は耳をふさぎたくなる言葉です。もちろん、そのことをよくわかっていて、なるべく意中の男性の前では「結婚したい」を言わないようにしている女性もいるでしょう。しかし行動というのは正直なものです。

つい気を抜いたときに、あなたの結婚願望が露呈してしまうことがあるでしょう。結婚をテーマにした雑誌を男性の前で手にとってしまったり、一緒に歩いているときに子供とすれ違いざまに「可愛いな~」と声をかけてしまったり。

こういう言動が男性からするとプレッシャーになってしまい、煙たがられてしまうポイントになってしまう恐れがあるのです。

やはり、男性に無言のプレッシャーをかけないためには、女性自身がもっと仕事に私生活にと、もっと「充実している私」を演じなければなりません。結婚というものにすがらず、自分で楽しみを見出しているような女性に、男性は魅力を感じるものです。

宝の持ち腐れにならないために

出会いの最初から「こんな女性はちょっと…」と決めてかかる男性はいません。でも付き合いが長くなっていく内に、お互いの性質や本性が見えてきて、「こういう女性はちょっと付き合えないな…」となってしまう。

折角あなたが相手と仲良くしたくてアプローチしても、そう思われてしまった後では間に合いません。煙たがられないように気を使いすぎることはありませんが、ちょっとでも上記した内容を意識してみて損はないでしょう。

ひとつでも当てはまるものがあれば、男性と接する際、ちょっと注意してみましょう。

この記事をシェアする

関連記事