• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

子供が欲しい人にはちょっと残念な【生命線】

Date:2013.10.03

自分自身の健康状態や生命力を表す【生命線】ですが、子供を授かって産み育てるという事には膨大な体力と精神力が必要です。

もしも自分自身の精力や精神的な強さが欠けている場合、そこにはどうしても子育てしずらい気質というのが見え隠れするのは仕方のない事でしょう。精力がなかったり、精神的な強さに欠ける【生命線】とはどのようなものなのでしょうか。

×性的機能が衰えている証拠

もともと性的機能が弱かったり、ホルモンバランスが崩れている時には画像のように生命線の外側へ下向きの支線が何本か現れます。ホルモンバランスの崩れはもろに精神バランスに影響を及ぼし、性生活にも積極的になれません。

精神的な安定を取り戻すためにも、体力をつける事が先決です。この傾向は体力がつけばだんだんと改善されます。

△大病はしないが子供は恵まれにくい?

画像のように生命線が手首に向かってまっすぐに下りている相は、健康を過信せずに無理をしなければ基本的には大病はしないでしょう。しかし、もともと性的に淡白なタイプが多く、そのために子供には恵まれにくい部分があるかもしれません。

肉体的に欠陥があるわけではありませんので、子供がほしければ周期などをうまく計算するなどの工夫が必要でしょう。

×精神疾患になりやすく、子供どころではないかも

生命線が画像みたいにクネクネうねっていて、しかも線自体が薄い場合、うつ病などの精神疾患になりやすい状態を表わします。出産・子育てには健全な精神が不可欠です。

まずは自身の精神安定が先決で、出産にむけての環境整備には十分な配慮が必要でしょう。この相を持っている場合、慣れない子育てから精神的な病を発祥するリスクが高いのです。

この記事をシェアする

関連記事