• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

お母さんに知ってほしい、ゼッケンをにじませる事無く書く方法

Date:2012.10.16

春になったら、子どもの体操服用の新しいクラスのゼッケンを作りますよね。毎年ゼッケンにマジックで名前を書くと滲んでしまうことに、とっても苦労していました。でも、布に書いた字を滲ませない方法を知ってからは、そんな悩みも解決!それを紹介しますので、皆様も試してみてくださいね。

用意するもの

・ゼッケン
・スティックのり
・マジック

ゼッケンにのりを塗る

ゼッケンを裏返して、スティックのりをまんべんなく塗ります。布地の間に染み込むくらい塗りこみます。

ゼッケンに名前を書く

ゼッケンに塗ったのりを乾燥させて、表面にマジックで名前を書きます。滲んでいませんね!

こちらは、のりを塗らなかったゼッケンに名前を書いてみました。全体的に名前がぼんやりとした印象です。

並べてみると、文字のにじみ具合がわかりますね。

ゼッケンを水洗いする

マジックが乾いたら、ゼッケンののりを水洗いして落とします。

水洗いをした後のゼッケンです。滲まないで、しっかりと書けています。

ゼッケンを乾燥しました。これを体操服に縫い付けたらOKです。今回はわかりやすくするために、先にゼッケンを水洗いをしましたが、落ちやすいスティックのりなので、体操服を洗濯すれば簡単に落ちます。

マジックがゼッケンに滲むのは、毛細管現象が起こるからです。布用のマジックを使うか、布の目をつぶすと滲みが少なくなります。また書くときは、ゆっくり書くとどんどんマジックのインクが布に染み込みますから早く書くと滲みが少なくなりますよ。

この記事をシェアする

関連記事

コメント