• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性として輝く為にはまず自分の「否」を認める事から始めよう

Date:2013.11.10

自分という人間の事を好きだと胸を張って堂々と言える人ってこの世の中にどれくらいいるのでしょうか。私は基本ネガティブ人間なので、自分の事が大嫌いと強く思って生きてきたのですが、やっぱり自分が好きだって思える人ってすごく自信に溢れていて輝いて見えます。

たまにただの勘違いさんもいますが。私は自分に自信を持ちたいのにどうすればいいかわからないと悩んでいた事があったのですが、その時に少し考えた事があるんです。

自分、嫌い!を具体的に

そもそも、自分が嫌いと思うのってある意味「逃げ」なんだなと思ったのです。嫌いです!と言ってしまえばそれで終わり。そこからは何も生まれません。では具体的にどんなところが嫌いなのかを考えてみました。

私の場合は容姿も結構嫌いでしたし、性格的にも人に優しくできない。関心が無い。恋愛すれば男に逃げられる。何も楽しいと思えない。とか書き出せばキリがないほどいろいろあったのですが、どれも考えてみれば、直そうとしたことなんてありませんでした。

直すには、まず否を認めることが大事ですよね。自分の嫌いなところって、自分ではそう分かってるんだけど、人から言われると「うるさいな」ってなんか腹が立ってしまったりします。でも、それを認める事が重要なんですよね。

その人は自分の為に言ってくれてるわけですし。逆に人から言われた事の方が客観的立場から映っている自分の嫌な面という事でより直したほうがいいという事になります。そうやって、まずはどこがダメなのかを徹底的に考えるところから始めてみましょう。

簡単そうで実は結構難しい作業だったりもします。あんまり認めたくないところもあったりするからです。しかしどんな意見も「でもさ!」と反論しないで、一度素直に聞いてみましょう。

変わるのは難しいけど何もしないより全然マシ

自分のダメポイントが分かったらそこを直してみるわけですが、これがなかなか難しい。そこで簡単に変われるならば誰も苦労しません。でもだからといって諦めてしまっては何の成長もできません。

少しずつ、本当に少しずつでも自分を変えてみるように努力をしてみましょう。最初はちょっとしんどくても生き方を変えるって結構楽しいです。変われた時に、あのままの自分じゃなくてよかったなって思える自分が必ずいます。

誰かの為というよりも自分の為。好かれる為というよりも自分を好きになれる為。同じ人生、楽しむ人とつまらなく過ごす人、皆同じ早さで過ぎていきます。せっかくの時間をずっとふさぎ込んでいては、もったいないですよね。

「否」がない人間なんて存在しない

どんないい人だって欠点がないわけがありません。そんな人がもし奇跡的にいるとしたら気持ち悪いです。どこか皆に隠れた部分があるはずです。しかし否があるのは悪い事ではありません。人間なのです。機械じゃないのですから。しかしいい人はその否をしっかりと認めて直そうとします。

それでもまたどこか否は出てきてしまうものなのですが、それもまた人間らしさです。そして人は皆それぞれ感性があります。ある人から見れば否でも他の人から見れば全然否ではなかったりします。だから100人いたら100人が好きだという人間はいないのです。

だからこそ、まずは自分が自分を好きでいなければならないのだと思います。そうすれば100人の意見なんて全然気にならないでしょう。そして人としても女性としても輝いていけると思います。

この記事をシェアする

関連記事