• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

自分の幸せは自分で決める!周りに惑わされない生き方をしよう

Date:2013.09.18

貴女は自分が好きですか?自分に自信がありますか?そして、自分は幸せだと思いますか?これに間髪入れずにとイエスといえる方はそう多くはないのではないでしょうか。私たちはテレビなどのメディアが決めたスタンダードで自分を判断してしまうものです。

綺麗とはテレビや映画に出ている女優さんのような姿形、お金があるのが幸せ、結婚して子供がいるのは女性として普通で、女性の幸せの形。

でも、モデルのような体系をしていないから、顔がかわいくないから、お金がないから、結婚もしていないし子供もいないから、「私は不幸」。本当にそうなのでしょうか?人の幸せの形も、美への感性も、金銭的な豊かさの感覚も、本当は人それぞれなのです。

それなのに、私たちは周りと知らず知らずのうちに比べ、それで自分は水準以上だとか水準以下なのだとか判断してしまうのです。人と比べたとたん、私たちは不幸になります。そうです、人と比べず、自分の中に自分なりの価値を見出してみませんか?

1. 自分の心と信念に沿ってみる

自分のことは自分が一番わかっているはずです。何が自分にとって大切で、価値を置いているものなのか、それは自分のみが知っています。心を落ち着かせて、自分の内なる心に問いかけてみましょう。周りがこうだといっても、貴女が正しいと思うものを信じ、それにしたがってみるのです。

2. 失敗から学ぶ

人は失敗だってします。それで落ち込んで「なんて自分はだめなんだろう、○○ちゃんはあんなこと簡単にできるのに」と人と比べたり、自分のことを非難するのはやめましょう。

失敗は失敗として受け入れ、自分のよいところ、そして自分が変えたいこと、今後避けるべき行動というものを紙に書いてみましょう。失敗を失敗としてそのままにせず、そこから学んで次に生かすことが大切なのです。

3. 今を生きる

貴女は過去にとらわれていませんか?または未来に期待をしたり、未来を不安に思ったりしていませんか?でも、過去は過ぎてしまったこと。未来はこれからのこと。貴女にあるのは今、この時なのです。

今一瞬一瞬を大切に、感謝して過ごしましょう。そして、周りが言う「将来を見据えて」という言葉に惑わされ、今ここにいる自分に価値を置かないなんてことがないように気をつけましょう。

4. 一人だろうが結婚していようが関係ない

昔ほどではありませんが、まだ世の中では女性は結婚して子供を作るのが当たり前、それが幸せ、という考えが残っています。

今はシングルのキャリアウーマンが格好よいとも言われていて、自分でもそれがいいと思っていながらも、心のどこかでシングルは恥ずかしいと思っている自分がいたりしませんか?

でも、本当に結婚していようが、していまいが、子供がいようがいまいが、彼氏がいようがいまいが関係ないのです。そのステイタスが貴女という存在を否定したりするものではないのです。そして、そのステイタスそれぞれにいいこともあれば悪いこと、悩みがあったりもするのです。

自分がそのステイタスでいるのなら、それでいいのです。周りからの目を気にする必要はありません。恥ずかしいなんて思わないでください。

5. 人を羨ましがらない

今はソーシャルメディアが人気で、mixiやFacebook、Twitterなどをやっている方も多いことと思います。遠くにいてもオンタイムで友達の近況がわかってよいものですよね。

でも、たまに友達の投稿を見て、自分よりも良い生活を送っているみたいで、羨ましくなってしまったり、落ち込んでしまうことがありませんか?それは自分と人を変に比べてしまっているからです。貴女にもよいこともあれば悪いこともありますよね。どちらかだけなんてことはありません。

その良いことを友達が書き込んでいるだけのことなのです。友達に起こった良いこと、楽しい出来事を祝福こそしても、羨ましく思ったり妬んだりするのはナンセンスなのです。

6. 自分の弱さも受け入れる

誰しも弱点というものを持っています。それを恥じたりする必要はありません。自分の弱点を知って、それを受け入れることがまずは大切なのです。

7. 自分を審判する時間を自己成長の時間に回そう

世の中のスタンダードは自分と違うものです。それで別にいいのです。世の中のスタンダードはどんなに自分が頑張ってもそうそう変えられるものではありませんよね。なら、自分の世界を変えればよいのです。

自分の確固たるスタンダードを決めて、それに向かってなりたい自分になれるように努力をしましょう。

世の中のスタンダードに沿って自分の何がいいとか悪いとかそんな風に自分を審判しても、それは人の目を気にしているだけの基準ですから、時間の無駄なのだと理解しましょう。貴女には貴女の幸せの形があり、それを目指すことが大切なのです。

この記事をシェアする

関連記事