• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夏の心や身体の不調は自律神経失調症?急激な温度変化が原因かも

Date:2014.08.25

夏は、暑さで体力が奪われてしまい、ぐったりして元気がなくなってしまう人も多いと思います。また、身体の不調ばかりでなく、なぜかよく分からないけれど、心まで鬱っぽくなり調子が悪いといった状態になることもあります。

このように、いつの間にか心身の不調に陥っていると気づいた時でも、それがなぜなのか原因が思い当たらないという時、それは夏の温度変化が原因となり、自律神経失調症になっているかもしれません。

5度以上の温度変化を何度も繰り返すことで自律神経失調症を招く

日中はエアコンが効く場所で過ごしているし、熱中症には気をつけているはずなのに…という人でも、そのエアコンこそが不調を招いているかもしれません。

冷やし過ぎによって女性の身体が不調を感じるのはよく知られていますが、常にエアコンが効く環境に居続けるということ以外にも、暑い場所と冷えている場所の行き来を何度も繰り返すと、自律神経失調症を招きやすくなります。

一般的に、5度以上の温度差がある場所の行き来が特に危険で、この温度の差に身体がついていくことが出来ずに、不調を引き起こしてしまうのです。

夏に自律神経失調症になる女性が増えているわけとは

以前よりも、夏に自律神経失調症になってしまう人が増えてきているようです。それは一体、なぜなのでしょうか。

まず、ここのところ、夏はとても気温が高くなっていて、連日30度を超えている地域も珍しくありません。昼間の一番暑い時間帯ですと、35度くらいになっていることもあります。

そして勤務先や外出先などは、エアコンがよく効いていることが多いため、外気温が33度であるならば、室内は28度でも5度の温度差となってしまいます。

このように、以前と比べて5度以上の温度差の場所を行ったり来たりする機会が増えているということが一因となっていると考えられるでしょう。

内勤でも自律神経失調症になってしまうこんなシチュエーション

女性は、以前に比べて仕事を持つ人が多くなりました。実は、男性と女性では、体感温度が違うことが多いようです。

このため、同じ室内にいると、女性は寒いと感じてエアコンの設定温度を上げても、男性社員がしきりに下げてしまうという職場も多いのではないでしょうか。

このようなことからも、自分の快適な温度で仕事することが出来ず、また頻繁に室温が変わるということで、自律神経が乱れます。

仕事で外回りをする人や、昼からのパート勤務の人も要注意

仕事で外回りをしていて、外気とエアコンの効いた室内との、温度変化がある場所を頻繁に行き来しなければならない人は要注意と言えます。不調を感じ始めたら、早めに医師に相談するなど対策が取れると良いですね。

また、お昼からの短時間の勤務をしているパートの方も、意外と注意が必要になります。

たとえば、午後1時から4時までのパート勤務の場合、太陽が照りつける午後12時台に出勤をすることになります。そして、エアコンが効いた勤務場所で3時間勤務して、やっと身体が室内の温度に慣れてきたところに、帰宅となります。

夏の午後4時は、まだまだ暑い時間帯で、また身体は熱気に晒されます。さらに、帰り道に買い物などで寒いほどのスーパーに立ち寄ったりすれば、また身体が負担を感じてしまいます。これだけで、数時間のうちに、温度差がある外と室内を何度も行なっています。

自分で出来る対策としては、可能であれば、勤務先ではカーディガンや靴下を着用するなどして、少しでも身体の感じる温度差を少なくすることが大切です。

自律神経失調症の身体的な自覚症状とは

自律神経失調症は、様々な症状が現れるため、病院でも、原因がよく分からない症状が出ると、自律神経失調症という診断を下されることがあります。

温度変化による自律神経失調症の自覚症状としては、身体がうまく温度に適応できなくなるため、冷えやほてりも感じやすくなります。だるくてやる気が出ないなどの倦怠感、また目眩がしたり、立ちくらみもよく訴えられる症状のようです。他に、頭痛や肩こり、便秘、下痢、不眠や耳鳴りなども挙げられます。

自律神経失調症のメンタル的な自覚症状とは

尚、自律神経失調症の厄介なところは、メンタル面にも影響が出てしまうということです。

そもそも、自律神経失調症は、交感神経と副交換神経のバランスがうまく取れなくなって起こりますので、精神的にも、緊張とリラックスの行き来がうまく出来なくなってしまうのです。

このため、緊張が続いて、イライラや不安感が増したり、無気力になって落ち込みがちになるなどの影響が出てきます。このように、身体にも精神面にも大きな影響をもたらしてしまいますので、たかが温度差ということで、あなどれないのです。

この記事をシェアする

関連記事