• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

汚さないのがコツ!簡単ズボラな掃除方法「敷いて剥がすだけ!」

Date:2015.07.12

shutterstock_290727770 - コピー

掃除が嫌いなズボラさん!掃除が嫌いじゃなくても、忙しすぎてマメに掃除する時間がないという働くお母さん!なかなか掃除ができない人たちに、とっても簡単な手抜き掃除の仕方を紹介します。

時短はもちろんのこと、汚れに手を触れなくてすむ掃除法です。できるところから、ぜひ、やってみてください!

キーワードは「敷いて剥がす」

今回、おすすめするのは、「敷いて」汚れたら「剥がして」ポイっ!の簡単お掃除!

埃がたまったり、汚れたりしてから掃除するのは一苦労なので、汚さないようにあらかじめ何かを敷いておこう!というシンプルな掃除法です。

湿気もとれる新聞紙を活用!

shutterstock_198536522 - コピー
新聞には、適度に湿気や臭いを吸着する働きがあります。汚れがちな場所、湿気が溜まりがちな場所に敷いておくにはもってこいです。また、新聞紙を使えば、敷いたときの日付がわかるのもうれしい!取り換え時を考えるのに便利です。

野菜室

野菜くずがぽろぽろと落ち、掃除してもすぐに汚れてしまう野菜室。まめに掃除をしないと、隅っこに落ちていた野菜くずが腐りかけていたりして、掃除するテンションも下がってしまいます。

そこで、新聞紙の登場です!あらかじめ、複数枚重ねて新聞紙を敷いておきます。くずが落ちて汚れが目立ってきたら、敷いてあった新聞紙を一枚そっと剥がして、ゴミをこぼさないように丸めてポイッ!

敷く枚数でズボラ度がわかりますね。枚数が多ければ、しばらく剥がすだけで楽ができます!ただ、湿気をたっぷり吸った新聞紙は早めに交換してくださいね!

ゴミ箱

ゴミ箱の中にスーパーの袋を入れて使っている人も多いと思いますが、スーパーの袋にゴミを入れているにも関わらず、ゴミ箱の中にもゴミや埃がたまってきます。ゴミ箱は洗うのも拭くのも、汚くて嫌だな~と、つい掃除を後回しにしてしまう人もいるのでは?

そこで、ここにも、野菜室と同様に新聞紙を敷いてしまいましょう!汚れたら、剥がしてポイッ!軽い臭いなら吸着してくれるので、消臭の役割もあっていいですね。

下駄箱

ついつい掃除を怠りがちな下駄箱!土足を入れる場所だから、どうせ汚れるし…と、こまめに掃除しない人も多いのでは?でも、下駄箱の中は、湿気や靴の中の汗、靴裏の泥による臭いや菌の繁殖も気になります

そこで、ハイ、ここにも新聞紙!靴の出し入れの際に、ぐちゃっとずれちゃわないように気をつける必要はありますが、後は野菜室やゴミ箱同様、剥がして丸めてポイッ!

これなら、こまめにやろうという気にもなりますね。

押入れ

押入れもなかなか掃除できないわりに、意外と埃がたまる場所でもあります。また、湿気も気になる場所なので、新聞を敷いておくと埃・湿気両方取れて便利です。

新聞紙に直接物を置きたくない場合は、新聞の上にすのこを置くのもダブル湿気取り効果があっていいですね!

ただ、すのこや重いものを新聞の上に置いてしまうと、簡単にはがせなくなってしまうので、すのこと板の隙間など、スッと抜き取れるように上手に敷いておきたいところですね。

一味違う新聞でセンスよく!

「便利なのはわかるけど、新聞紙を敷くのはどうも貧乏臭くて嫌…」という人もいますよね、きっと。

  • お金はかかるし、捨てるのがもったいないけど、除湿や除菌効果のあるかわいいシートを買ってきて敷く
  • 新聞より湿気取り効果は弱いけど、かわいい包装紙など、新聞以外の紙を敷く
  • 新聞は新聞でも、ラッピングに使われるような外国の新聞を使う

どうでしょう?貧乏臭さ半減しませんか?

外国の新聞の入手方法がわからないという人は、以下のようなサイトもあります。

英字新聞.com
http://eiji-shinbun.com/

どれをとっても、貧乏臭さ脱出にはお金がかかりますが、多少の出費は構わないという人は参考にしてみてください。

ほかにもいろいろ敷いてみて!

場所によっては、新聞はちょっと…というところも。適材適所!いろいろな場所に適したものを敷いてみましょう!

キッチンペーパーを敷く!

食品関係をそのまま置く場所に新聞紙を敷くのは、汚いし、黒く汚れそう。そんな場所にはキッチンペーパーなどを敷いてみましょう。

冷蔵庫の中の調味料や牛乳など、液体が垂れる心配がある場所。醤油さしや砂糖・塩などを並べてある調味料棚。食べかけのお菓子をしまってある戸棚や引き出し。きれいに使うように心がけていても、液が伝ったり、閉じた袋の隙間からお菓子クズがこぼれたり。

キッチンペーパーをピンキングばさみなどでかわいい形に切ったり、きれいな柄の紙ナプキンを敷いたりすれば、見た目も問題ありません!

アルミホイルを敷く!

朝にパンを食べる人が増えたことで、トースターを持っている家庭も多いのではないかと思います。トースターはパンくずが落ちても大丈夫なように、下に受け皿がついているものが一般的だと思いますが、このクズを受けるトレーの掃除も面倒なところ!

そこで、ここにはアルミホイルを巻いてしまいましょう。加熱部分に触れないように、トレーにぴったり巻く感じで。

クズがある程度たまったら、剥がして丸めてポイ!トレーを洗う手間がはぶけます!

布をかける!

棚の上、カラーボックスの上、整理ダンスの上など、ちょうど目線あたりにある棚の上は、ホコリも目につきやすいところ。こまめにハンディモップなどでほこりをとればいいのですが、マメさに欠けるズボラさんは、いっそのこと、布をかけてしまいましょう!

カラーボックスのような小さなものはランチョンマットなどでも大丈夫です。大き目の棚なら、自分好みの布地を見つけてきて端をチャチャッとミシンで処理するか、適度な大きさのフリークロスを見つけてかけてみましょう。

「掃除は嫌いだけど洗濯は好き!」という素晴らしいあなたは2~3日に1回、「洗濯は嫌いじゃないけど好きでもない」というあなたは1週間に1回、「掃除も洗濯も嫌い!」という根っからのズボラさんは、1~2か月に1回(埃っぽさに耐えられるまで!)

サッと剥がして、チャチャッと洗濯!洗濯機にお任せして、きれいサッパリ!戸棚をせっせと拭く手間が省けます。

ズボラさんも最初だけ頑張って

shutterstock_180092429 - コピー
敷いて剥がすだけ!どんだけ手抜きやねん!な掃除方法ですが、最初に新聞を敷く、その時だけは頑張って掃除をしてください。

汚い状態のまま新聞を敷いてしまうと、悪臭や菌の繁殖の原因になりかねません。面倒でも、徹底的にきれいに掃除してから、「敷いて剥がす」をスタートしてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント