• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

都合のいい女で終わらない為に、ズルい女になる方法

Date:2013.01.27

gf0780035018l

男にとって都合のいい女とは、会いたい時に会えて、お金もかからず、無謀な夢もわがままも言わない女です。そんなバカな女がいるか!と10代から20代前半までは思うものですが、30代になるとポロポロと増殖し、気づくと自分もそんな女に......。

もてる女ほど

実際にもてる女性、それまで彼氏が途切れずにいたような女性ほど「都合のいい女」化してしまう傾向があります。男性の微妙な心理がわかるからこそオーバー30になるとママになってしまうのが原因です。まさしく男性の痒いところに手が届く女になってしまい、結果として男性を甘やかしてしまいます。

しかもオーバー30になると経済的にも余裕がでてくるので、つい男性を経済面でも甘やかしてダメにしてしまう、ということも。 もてる女性ほどなってしまいがちな「都合のいい女」。しかし心のなかでは、「冗談じゃないわ」という思いもあるはずです。では、都合のいい女で終わらないために、少しずるく賢くなりましょう。

家に呼ばない

「都合のいい女」の特徴として片付いた小奇麗で立地条件のいいアパートやマンションに住んでいます。だから会社帰りの男性がふと足を運んでしまうのでしょう。しかし、自分の都合だけで家に寄られてはたまりません。

最初のうちはうれしいものの、「今日は残業(という名の合コン)だから行かないね」あるいは逆に「お腹すいたけど、お金がないんだよね。ごめん、何か食べさせて」と来たり来なかったりでは、腹立たしいだけです。

特に許されない恋をしている女性には「今日は君の部屋」「明日は本妻いる自宅」と使い分けをされてはたまったものではありません。この対処法は「部屋(家)に呼ばない」ことです。婚約までしない限りは鍵を渡すなどもってのほかです。

「デートは外」を心がけましょう。部屋でまったりしたい気持ちはわかりますが、そこをあえて我慢することで彼氏にも我慢をさせましょう。「もっと会いたい」と切実な気持ちを再び持ってもらうことが目的です。

プレゼントはあげない

都合のいい女は気の付く女です。彼の靴下がほころびていたりすると新しいものを揃えてあげたり、飲み会後の彼のためには胃薬を用意したり。男性としてはうれしい心づかいでしょうが、これが当たり前になってきてしまうのが悲しいところです。

「ありがとう」の言葉が少なくなり、そのうちに当然のように用意されたものを着たり食べたりするようになります。これでは女性は都合のいい女。最低限、プレゼントは止めましょう。タダで彼に物をあげることは、その価値を下げ、自分の価値まで下げてしまいます。

距離を置く

これはなかなか難しいテクニックです。距離を置くことで自然消滅をしてしまう2人も多いので賭けにすらなるかもしれません。そこまで徹底して距離を置かなくても適度な距離感は常に必要です。空白の時間があっていいのです。

特に女性の方から彼に「昨日は10時からエステでその後に友だちとお茶して買い物して......」と細かく話す必要は全くありません。相手が不信感を抱くくらいがちょうどいいのです。そして彼に対しても細かく聞くのはNGです。俺にこんなに惚れているのか、と勘違いされ、ますます男ペースになってしまいます。

都合のいい女とは実は情が厚い、いい女です。だからこそ、そこに付け入られて軽くみられないようにしましょう。あなたはいい女です。男性から「絶対に欲しい、手にいれたい」と思われるべき小業を使うことも決して罪ではありません。

この記事をシェアする

関連記事