• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

大好きな彼氏なのに会うと頭痛!女性を悩ます頭痛の原因と対策

Date:2014.06.06

「今日は大好きな彼氏とデート。なのに、頭痛がする」という悩みを抱えている方は居ませんか?「本当は彼氏のことが好きじゃないのかもしれない」なんてマイナス思考に陥るかもしれませんが、頭痛で悩む女性は意外と多いようです。

今回は、女性を悩ます頭痛の原因と対策を3つご紹介します。

1 ホルモンの乱れによる頭痛

女性の場合は、ある一定の周期によって生理が訪れますが、ストレスや疲れ、風邪など体調が悪くなるとホルモンが乱れてしまい生理の周期も乱れます。

生理の周期が乱れるということは、女性ホルモンのバランスも乱れているので頭痛を引き起こしやすくなると言われています。生理不順や不正出血などが起こると精神面にも影響を及ぼし、めまいや吐き気など頭痛以外の症状も起こりやすくなります。

また、生理の周期が安定していても生理前や生理中に頭痛を引き起こすことがあります。これは、生理前に減少する女性ホルモン・エストロゲンの減少が原因と言われています。

エストロゲンが減少する時に血管を拡張させるため頭痛になるので、生理を上手く乗り切ることが対処法となります。

例えば、生理痛や頭痛になったら我慢せずに痛み止めを服用する、家事や仕事など無理をせずに体を休ませる、頭痛を引き起こす原因になるコーヒーやお酒を控えるなどです。

常日頃からホルモンバランスの乱れを感じている方は、基礎体温をつけてみることをお勧めします。基礎体温は妊娠を希望する女性だけではなく、排卵の有無や生理時期がわかるので独身の女性も自身の体を把握することができるのでお勧めです。

最近では体温計に基礎体温が保存されますし、スマートフォンに記録も出来ることから手書きの煩わしさがありませんので忙しい方にもお勧めです。基礎体温をつけた上で婦人科を受診すれば、ホルモンバランスが乱れているかどうか医師に判断してもらえます。

もちろん、基礎体温無しでも内診や血液検査によってホルモンバランスの乱れを判断してもらうことはできます。頭痛の原因がわかるきっかけになるかもしれませんので、婦人科を受診したことが無い方は一度診てもらってみてはいかがでしょうか。

2 睡眠不足による頭痛

彼氏のことや仕事のことなど、布団に入ってから悩んでしまって眠れない日々が続く方も頭痛になりやすいと言われています。睡眠不足になると体の疲れが取れないだけではなく、脳も休めていない状態が続きます。

悩みのストレスと睡眠不足のストレスが重なることで頭痛が起きてしまうのです。寝不足を解消するために昼寝をしている方も居るかもしれませんが、昼間に寝る習慣をつけることで夜の眠りの質が低下する可能性がありますから、生活スタイルを見直すことをお勧めします。

まずは、起きる時間と寝る時間を決めて規則正しい生活を送りましょう。眠れない原因が寝具にあるかもしれませんので、マットレスや枕の状態も確認しましょう。

使用し始めてから何年も新調していない場合や体や頭の形がくっきり残っている場合は、交換時期かもしれません。寝心地の悪い寝具の使用は、睡眠の質を低下させるだけではなく肩コリや背中の張りなど体全体に影響を及ぼしますので、この機会に新調することをお勧めします。

また、夜はシャワーのみという方の場合は、体の冷えが安眠妨害になっていることもあります。私たちの体は、体温が低下する時に眠気を感じやすいと言われているので、予め湯船に入って体を温めておくことで自然に眠気を感じやすい体になります。

この他にも昼間の運動量を増やすことで疲れを感じやすい体になって眠りやすくなることもありますので、試してみてはいかがでしょうか。

3 マグネシウム不足による頭痛

普段から体のためにビタミンやカルシウムなどの栄養をサプリメントや栄養ドリンクで補っている方は増えていますが、マグネシウムもしっかり摂ってしますか?マグネシウムが不足すると痛みを感じやすい体になるので、頭痛に過剰反応することがあります。

また、マグネシウム不足が血管に影響を及ぼして頭痛を招いていることもあります。厚生労働省が勧めているマグネシウムの摂取量は、食生活で補えない方がほとんどと言われていますので、積極的に摂取する必要があるでしょう。

特に頭痛に悩む方は、魚介類や大豆製品を意識して食べると良いでしょう。カルシウムとマグネシウムは同時に摂取したほうが体内に良い影響を与えると言われているので、セットになっているサプリメントもお勧めです。

あてはまる項目はありましたか?

彼氏のことや仕事のことなどに悩むから頭痛になると思っていた方も居るかもしれませんが、今回ご紹介したことが原因ということもあります。ご自身に当てはまる項目がありましたら改善してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事