• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美肌、健康に良い女性ホルモンを活性化させる方法

Date:2013.10.15

女性ホルモンが、女性の美容と健康に大きく関わっていることをご存知ですか?女性ホルモンとは、卵巣で分泌される物質です。エストロゲンとプロゲステロンという二種類があり、双方のバランスが整っている状態が良いとされています。

そんな女性ホルモンを活性化させ、美と健康を手に入れるにはどんなことに気をつけたらよいのでしょうか。

血行を促進する

血行が促進されると体温が上昇します。神経の働きも良くなり自律神経も整います。結果、女性ホルモンの分泌も活性化する事に。

そのためには、シャワーだけでなくしっかりとバスタブに浸かる入浴や、冷たい飲み物より温かい飲み物を飲む、身体を温めるショウガやニンニクなどの食べものを取る、お腹やお尻周りを冷さないなど、身体を温める事を意識しましょう。

適切にストレスを解消する

ストレスは女性ホルモン活性化の敵。自分なりのストレス解消法を編み出して、ストレスをためないようにしましょう。その時はくれぐれも夜更かしや深酒など不健康な方法に頼らないように。逆効果になってしまいますよ。

五感に訴える

五感を研ぎ澄ませ、感覚の刺激を受ける事は女性ホルモンに良い効果をもたらします。普段から五感に訴えかける日常を送りましょう。

よく噛んで食べることはもちろん、目にも美しい食事をいただいたり、肌触りの良いリネンやセルフマッサージを取り入れ触覚を刺激するのもよいでしょう。

また、好きなアロマを焚くことは嗅覚に良い刺激になりますし、普段聞かない音楽にチャレンジすることで聴覚を刺激するのもひとつです。このように日常でも五感に訴えかける毎日を送ることは可能です。毎日の生活の中で少しずつ気をつけてみましょう。

ストレッチや軽い運動

繰り返しになりますが、血行不良は女性ホルモンの大敵。それを防ぐためにもストレッチや軽い運動を取入れましょう。身体を動かす事で血行促進になり身体が温まります。ストレス解消にもなりますので女性ホルモン活性化には一石二鳥です。

ゴールデンタイムの睡眠

健康に大切な睡眠。女性ホルモンにとっても大切です。とくに10時から夜中の2時までのゴールデンタイムに睡眠を取ることが効果的です。とはいえ忙しい現代女性の皆さん、せめて12時までにはベッドに入るようにしましょう。

睡眠を基本にして、毎日の生活サイクルを整える事が女性ホルモン活性化への第一歩です。

さあ、美肌や美髪をつくる女性ホルモン活性化のために、毎日のリズムを整え、身体を温め血行促進を心がけましょう。

この記事をシェアする

関連記事