• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性喫煙者増加中…女とタバコのあれこれ

Date:2013.08.29

喫煙している女性を見かける機会が増えてきた

昔は、タバコを吸うのはワイルドで男らしい男性の象徴のような風潮がありました。最近では禁煙ブームや健康志向が進んでいるので、男性でもタバコを吸わない人のほうが印象が良いということも増えてきましたね。

その一方で女性が街で堂々とタバコを吸っている姿も多く見られるようになってきました。「タバコを吸う女は品がない」などとも言われることがありますが、現在ではどのような見方をされているのでしょうか。

女性が社会的に男性と対等な立場になってきた現代では、これまで男性特有だったことが女性にも同等に広まるようになってきています。また、女らしい静かなタイプの女性は減り、サバサバしていて男勝りな女性が人気を集めるということも少なくありません。

こうした時代の流れによって、女性がタバコを吸うということもまた特別なことではなくなってきているのでしょう。

美容や健康への害は、もう聞き飽きたというほど知識がある人も多いです。今更タバコによる影響を聞いても、禁煙する気が起きないという女性はかなり多いもの。事実喫煙者でも健康で長寿な人もいるし、美しい外見の人もいます。

だから良いと助長するつもりはありませんが、ここでは良い悪いという是非を問うような話は置いておくことにしましょう。

母親とタバコ

一見、可愛らしく淑やかな印象の人でも、カフェのオープン席に座ってタバコを吹かしはじめる・・・といったような光景をよく目にします。昔から愛煙家である女性はいたものの、やはり人目を気にして吸っているということが多かったように見受けられます。

特に女性は結婚し、子供を設ければタバコを止めざるを得ません。育児中もタバコを吸っているということは負い目になることが多いです。

私の祖母は愛煙家でした。祖母に育てられた母は、祖母がタバコをこっそり台所で吸っているときは、おねだりのチャンスだったと言います。お小遣いや欲しいものがあるときは、兄弟そろって祖母のタバコを吸っているときを狙っていたのだとか。

それは、祖母がタバコを吸うことにタブーなイメージを感じていたから。罪悪感の意識があるからこそ、子供達にも甘くなってしまう瞬間だったのでしょう。

母親がタバコを吸っていたのを知っている子供は少なくありません。女性の喫煙に対してどう感じるかについても、自分の母親が喫煙者であったことで嫌悪感を抱かない人も多いです。喫煙しているせいで自分にとって悪影響となることは何もなかった、と話す人も。

ところが、近年子供と一緒の外出中でもタバコを吸っている母親を見かける機会は本当に多いです。飲食店やサービスエリア、または車の中、公園ですら子供を見ながらタバコを吸っている母親がいます。

人目を気にするだけが良き母親、とは言いませんがやはり場所や人の目を弁えるのも子供や家族のため。いくら子供に対しての気配りができ、愛情をしっかり注いでいても、タバコ一つ我慢できない様子を見ると不安を感じずにはいられないものです。

男性からみる女性の喫煙は?

男性が喫煙者の場合、女性が喫煙していても気にしないという人が多いです。むしろタバコを嫌がられてしまうと、一緒にいても不便を感じることのほうが気になるという人も。反対に男性が嫌煙家である場合、女性にもタバコは吸って欲しくないと感じることのほうが多いですね。

これはもう、好みの問題ということになるでしょう。見方は人それぞれであり、全ての男性が「女のタバコNG」という意見ではなさそうです。

女性がタバコ臭を発していたら最悪!

男性の場合タバコの臭いがしても、喫煙者だと認識されるくらいでそれ程大きな印象ダウンには繋がりません。しかし女性の場合はタバコのヤニ臭さを発しているとかなり印象は下がります。

女性としての魅力はやはり清潔感であり、特にタバコの臭いは自分で気付きにくいので注意すべきです。口臭がきつくなったり、髪の毛に臭いがついてしまうことも多いです。喫煙するのであれば、タバコを吸ったあとのケアは入念にしておかなければなりません。

タバコが似合う女、似合わない女

女性でも、タバコを吸っている姿が様になる人とそうでない人がいます。タバコがクールでカッコいいものという印象を持っている人はかなり減っていますが、女性に対しては「イメージに合っているか」をチェックされています。

仮に、パステルカラーで可愛らしく童顔な女の子がタバコを吸っていたら誰でも正直「え?」と疑問に思ってしまうもの。反対に長身で色気のある、クールビューティーな女性がタバコを吸っていたら、前者に比べて違和感を感じにくいでしょう。

つまりはギャップが大き過ぎることで、それがマイナスポイントになってしまうこともあるというわけ。自分の保持したいイメージがあるのであれば、人前では喫煙しない方が良いでしょう。

この記事をシェアする

関連記事