• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

男性がどうしてもほっとけない女性の魅力は・外見ポイントこの3つ

Date:2013.12.15

男性がどうしてもほっとけない女性の魅力

人間を生物として見た場合、オスである男性は自分の遺伝子をもつ子孫を増やそうとするのが普通。

そのとき、自分の遺伝子をもった子孫を生み、育ててくれるメスである女性を探すわけですがどんな女性を選ぶか…というと、もっとも生殖能力が高そうだと思われる年齢の女性、だというのです。

男性がもっとも惹かれやすい年齢に近づく

生殖能力が高い年齢というと、18歳~24歳だとされていますが、その年齢の女性、あるいはその年齢に近く見える女性が男性からみると、生殖能力が高そう、つまり自分の遺伝子をしっかりと残してくれそうだということになるよう。

そういえば女性アイドルの最盛期といっていい年齢は、やっぱり18~24歳くらいですよね。男性は知らず知らずのうちに、女性の年齢と生殖能力の関連性を感じ取っている…と言えるのかもしれません。

であるならば、その年代に見えるように努力をすることで片思いの彼や狙ってきた彼の目を振り向かせることができるかもしれない…ということになりますよね。

それをすでにもう実行している女性達がいます。それというのは、一時ブームを巻き起こした「美魔女」。彼女たちは、実年齢よりもうんと若い外見を保っていることで一躍有名になりました。

それは単に若く見える、というだけでなく、健康的である、疲れていない、衰えていないという感じをもっていることが大事。そうでなければ、若い女性が着る服をそのまま着て、若い女性のしているヘアメイクをすればいい、ということになってしまいます。

それでは単なる「若作り」でしかなく、かえって逆効果にも。

でもチグハグなのはNG

お肌の状態や髪の状態が年齢相応なのに、ファッションやヘアメイクなどの外見だけを若くしようとしても、それは違和感が生まれてしまいます。まずは、体の中から年齢差を埋めていくということを考えた方がよいのかも。

チグハグにならないようにするには、どうしたらいいでしょうか。まず加齢による身体的な特徴というのがあるかと思います。例えば、お肌の老化現象やぜい肉、髪の毛のぱさつきなどです。

こういったものは、ある程度お金をかけて化粧品、ダイエット、ヘアケアを頑張ればなんとかなっていくものですよね。いわゆる「美魔女」はそのいい例です。

年齢はアラサー、アラフォーと進んでいっても見た目の若々しさは努力次第で何とでもなる、と言っても過言ではありません。そこに時代の流れにふさわしいファッションやヘアスタイルを取り入れていけば、違和感なく年齢よりもうんと若く見られることでしょう。

それともう一つは、身体的能力の衰えをカバーできるような食生活や、必要であればサプリメントの摂取です。若々しい見た目を維持できていても、階段かけ上って「はあ~、しんどい」、椅子に座るとき「どっこらしょっと…」と呟いていては違和感大アリ。

「内面の若々しさ」、そして「外見」。両者どちらが欠けてもよくありません。結局はバランスが大事…ということになりそうですね。

“目は口ほどに物を言う”から瞳の魅力アップ

男性は一体、女性のどういう特長に惹かれるのでしょうか。男性というものは、単純…といっては失礼になりますがある「きっかけ」である女性を好きになる、というのですが具体的にはそれは何なのでしょうか。

男性がある女性を好きになる「きっかけ」とは、「優しい」「気遣いがある」「言葉遣いが丁寧」など色々あると思いますがここでは単純に外見だけに焦点を当ててみたいと思います。

というのも、人というものは最初は「外見」しかわからないからです。そして、外見がもしその男性の好みのフィルターに引っかからなければ内面もわかってもらえない、ということになります。

女性が女性らしく装ったり、女性の身体的な特長を誇張したりするようなファッションをすることがあるかと思いますが、それは男性のフィルターにひっかかりやすくなる、という点ではメリットにも。

では多くの男性が「好みの女性だな」「可愛いな」と思う「きっかけ」には大きく3つあるといいます。その内のひとつが「大きな瞳」。

女性は好きな男性を目の前にすると、瞳孔が開くといいます。それが「大きな瞳」に通じ、そんな瞳で見られたら男性としては「自分のことを好きなのではないか」という気持ちになるようです。

もちろん、瞳の大きな女性は可愛くも見えます。可愛い女性から、大きな瞳でじっと見られる…。こうなったら男性としては「可愛いあの女性にアタックしたい」と思えるのではないでしょうか。

自分らしさを失いたくない気持ちはよくわかります。でも外見を磨くことは恋愛の第一歩、というのはどうやら覆しがたい事実のようですね。

この記事をシェアする

関連記事