• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夢はお嫁さんはもうやばい!?今女性の自立が必要な訳

Date:2013.10.16

昔は夢はお嫁さんになること!といっていましたが、夢がお嫁さんで通用する時代はもう終わってしまいました。男性の収入はだんだん減ってきていますし、将来の保証も昔と比べると大きく変わってきています。

それでもまだ、夢は結婚してパートではたらけたらいいかなーという人も多いようです。今女性の自立が必要な訳をお教えしましょう。

一生安泰はほとんどない。

昔は終身雇用というものが今よりもきちんと運用されていましたし、定年になればしっかりとした退職金をもらい、年金をもらって孫と遊びながらのんびり暮らすということが可能でした。

しかし今は、会社が多額の負債を抱えて、リストラにあってしまったり、定年退職しても年金が今ほどもらえなくなるかもしれないといわれています。また旦那さんがずっと元気で働き続けられるかどうかもわかりません。

旦那さんが急にそうなった時に、あわてて正社員になろうと思ってもなかなか職がなかったりもしますし、その頃には子供が大きくなっていてお金がかかる可能性もあります。そういったことを考えると、ある程度女性もきちんと収入を得る方法を考えておくほうがいいでしょう。

男性に依存した生活になってしまう。

男性の給料に頼る生活になってしまうと必然的に、対等な関係ではいられなくなります。ほしい服があったときに、自分のパート代で賄えないようであれば買ってもいいかな?と旦那さんにお伺いを立てないとかえなくなってきますし、旦那さん中心の生活になる人も多いですよね。

また一番大変なのはパートの主婦と、パートで働く主婦たちは言っています。

なぜなら、正社員同士であれば、仕事が大変だからと家事を分担している家庭も多いですが、パート主婦の場合はきちんと家事をやるという約束のもとにパートに出ている場合が多く、そうなると、なかなか家事を分担してもらえなかったりすることになってしまっているようです。

いろんな働き方がある。

正社員で働き続けるとなかなか子育てをしながらは難しかったりするというイメージも大きいですよね。

ただ世の中にはいろんな働き方があります。そういったパート以外の働き方である程度旦那さんと同じ給料を確保することで、対等な立場になれたり、お互いが協力し合って家庭生活を築いて行けることにつながっていくのではないでしょうか。

結婚退職を考えている人は、本当に一度ちょっと立ち止まってよく考えてみるといいでしょう。結婚転職という方法もありますし、一度家庭に入ってしまうと資格等がないとなかなか正社員に復帰できない場合もあるのでよく考えてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事