• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女子力アップは良いけれど・・・頑張り過ぎない女性の方が愛される?

Date:2014.01.17

最近では、「女子力アップ!」ということで、美容に、自己啓発にと、力を入れている女性も多いのではないでしょうか。確かに、頑張れば頑張るほど、自分がどんどん高まっていく気がして、夢中になってしまいそうですね。

しかし、実は男性の中には、こうして女子力アップに励んでいる女性はちょっと苦手・・・と感じている人も多いようなのです。それは一体、なぜなのでしょうか。

パートナーの場合。最初は頑張る彼女を応援していたのだけど・・・

彼女や奥さんがキレイになっていくのは、パートナーである男性にとっても、嬉しいことだと思います。キレイになりたい!と頑張っている女性を見て、最初は微笑ましく応援していた男性でも、だんだんとうんざりとしたような気持ちを抱いてしまうことがあります。

その理由の主なものとしてーー

「一緒にいて、彼女がとても頑張っているのを見ると、自分ももっと頑張らなければならないような気がしてきて、なんとなく気持ちが休まらなかったり、男性自身が疲れてしまう」

「折角の二人のデート中でも、女子力アップのためだからと、食事を少ししか食べなかったり、メニューの内容に気を遣ったり、日焼けをしたくないからと、海水浴やプールに一緒に行くことを渋られたりすることで、男性の気持ちが萎えてしまい、一緒に楽しめずにガッカリしてしまう」

「パートナーである男性のことよりも、自分自身に夢中のような気がして、寂しい気持ちになる」

このようなことがあるようです。心当たりのある女性は、もうちょっと、パートナーのことも気にかけてあげることで、またあなたを応援する気持ちに戻ってくれるかもしれません。

パートナーではない場合。なんとなくとっつきにくく感じてしまう

パートナーの場合の、一番最初に挙げた内容と同じようなことなのですが、ちょっと気になる女性がいたとして、その女性が女子力アップに励んでいる様子を知った場合、男性はなんとなくとっつきにくく感じてしまうことがあるようです。

このように感じる理由としてーー

「彼女には夢中になれるものがあって、いつも忙しそうなので、オレのことなんて気にかけてくれなさそう。誘っても迷惑かも」

「彼女は何か色々と頑張っていて、輝いているので、自分とは釣り合わないのではないか」

「いつも綺麗にしていて、スキがない。すでに自分よりも素敵な恋人がいそう」

などが挙げられます。男性が勝手に諦めて、声をかけられない、という状況がありそうです。

いずれの場合でも、男性の前では、やたらと女子力アップに励んでいることをアピールすると、かえって逆効果かもしれません。男性が知らない、見ていないところで努力をした方が良さそうですね。

頑張っているように見えない、自然体の女性が愛される理由

もっと自分を向上させたい!と頑張っている自分とは違い、たいして何も努力をしていなさそうな女性の方がモテているのを見て、悔しい思いをしている女性もいらっしゃるかもしれません。しかし、男性が自然体の女性に惹かれるのには、理由があるようです。

まず、男性の本能のひとつとして、自分よりも弱い者を守ってあげたい、というものがありますが、女子力アップに励んでいる女性は男性の目からは、「自分でなんでも出来て、一人でも生きていけそうな人」と見えてしまうことがあるのです。

反面、自然体の女性は、ちょっとどこか抜けていたりして、放っておけない雰囲気を醸し出している場合が多いようで、そこが男性の本能を刺激するようです。

また、女子力アップのために、色々なことをして頑張っている女性は、忙しく見えてしまうことがあります。そのように見える女性と一緒に居た場合、男性はどこか居心地の悪さというか、安らげないように感じてしまうのでしょう。

それに対して、自然体の女性は、自分自身がくつろいでいることが多いので、おっとりとした雰囲気を醸し出し、これが男性を自然と癒している、ということが考えられます。

「そんなに頑張らなくてもいいよ」と言われたことはありませんか?

身近にいる男性から、「そんなに頑張らなくてもいいよ」と言われたことがある女性は、自分では気づかないうちに、男性に上記に挙げたような気持ちを抱かせてしまっているのかもしれません。

もちろん、自分自身を成長させようと頑張り続けることは、とても素敵なことなのですが、頑張ることと、休むことのバランスをとるのは、どんなことでも大切だと言えそうですね。

例えば男性が折角誘ってくれた時は、ダイエットはお休みにして、食事の内容にこだわりすぎずに、その人と一緒にいること自体を楽しむことに集中したりなどしてみれば、男性も気を遣わずに一緒に楽しい時間を過ごせるのではないかと思います。

この記事をシェアする

関連記事