• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

徹底対策!面倒臭い上司別必殺対策法!

Date:2013.07.29

上司を選ぶことはできないですよね。常にいい上司に出会えたらいいですが、そうでもないこともたまにあるもの。

いい上司ほどさっさと昇進してしまって、面倒な上司ほど長いこと自分の上司であり続けることが多いですよね。何とかしたいけど、異動してくれそうな気配がないからこのままうまく付き合うしかない。そんな面倒な上司別対策法をお教えします。

聞いても答えてくれない?まかせっきり上司。

部下に何もかも任せっきりで聞いても全然答えてくれない上司。なのに後でこの資料はこれじゃ困るんだよねーとか言ってくる。そういった上司は自分からこまめに報告・連絡・相談のホウレンソウをするようにしましょう。

たとえば資料を作るのを頼まれたらアウトラインをまず作って、これでいいですか?とメールでもいいので確認するようにします。返事がなければそのまま進めてもいいでしょう。

そうやって日頃から報告だけはすることで、相手も進捗状況もわかりやすく、あとで違うんだよねーということも防げます。

こういった上司は、自分から言うと何か言われても嫌だしなぁという面倒臭い気持ちが働いていることが多いです。ですので報告はメールなどで簡潔に、質問も要点をまとめてからいくといいでしょう。

超俺様、パワハラ系上司。

未だに生息しているのが超俺様のパワハラ上司。そろそろ絶滅してほしいなぁと思うところですが、なかなか絶滅してくれないですよね。絶滅危惧種なんで守られてるんでしょうかと思うくらいです。

パワハラ系上司は言っていることがころころ変わる。自分が思っている通りにやらないと納得いかないなど、面倒臭いところがたくさんあります。こういった上司には逆らわないことです。

自分の意見がある場合はそっと心にとどめておいて、ひたすら言うことを聞くのがいいでしょう。下手に戦おうとすると相手のプライドを傷つけて余計に大変なことになってしまいます。

ころころ変わってもいいように、あらかじめ準備をしておいたり、とりあえず何か相手が違うと言ったら謝る、常に相談をするなど、相手のプライドを傷つけないようにすることが重要です。上司以外の同僚とのチームワークをしっかりしておくといいでしょう。

実力なさすぎる、コネ様な上司

実力のまったくない、明らかにコネだけで昇進した上司も面倒ですよね。こういった上司にはそっとサポートできるような存在が好まれます。

あくまでも相手のプライドを傷つけないようにするのがポイントですが、たとえば明らかにできない仕事があった場合は、「お忙しそうですから私がお手伝いしましょうか?」と申し出てみる。

「その件について勉強したいと思っておりますので、やらせていただけないですか?」と言うのもいいかもしれません。「至らないところがあればフォローお願いします」と言っておけば、相手もにこにこして仕事をくれることでしょう。

ただしこれをやるには普段から自分の仕事をあまり溜め込まないようにしておかないと、サービス残業が増えたりする原因になるから注意が必要です。

いろいろご紹介してきましたがいかがでしたか?こんな上司いる!と共感していただけると嬉しいです。ぜひ対策試してみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事