• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

愛される女になるには?コツを掴んで今日から愛され女になる!

Date:2018.09.07

この記事のタイトルとURLをコピーする
愛される女になるには?コツを掴んで今日から愛され女になる!|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/aisareruonna4379/

愛される女はなにに気をつけているのだろう。どうすれば愛される女になれるのだろう。そんな風に考えたことはありますか?

あなたの周りに、彼に愛されている女性はいますか?もしいれば、その人の真似をするのが一番手っ取り早く「愛される女」になれます。

しかし、モデルケースがない場合、頑張っても空回りしてしまう可能性もあります。

愛される女になるためには、簡単に言えば「彼がして欲しいと思っていること」をしてあげて「彼がしてほしくないと思っていること」をしないようにする。なおかつ「他の女ではだめだ」と思わせることができればいいのです。

愛される女はそれを無意識にやっています。


愛される「心」と「態度」を知って実行してみよう!

愛される女性とは、一般的に女性が思うような「かわいい外見」や「スタイルの良さ」は実は二の次です。

確かにそれは「あったらいいな」とは思っていますが、それ以外にもっと大事なことがあります。

それはあなたの「心のありよう」と「彼に対する態度」です。では具体的にはどのようなことなのか、一つ一つ見ていきましょう。

1.オトコを放っておける

女性は男女の仲が深まると、相手に干渉したくなる生き物です。大事に思う人が困っているところを黙ってみていられないのです。

例えば、最近彼の元気がない!と気がついた女性は、心配になって色々と聞きたがります。

「どうしたの」「何かあったの?」「会社で嫌なことがあった?」「私なにかいやなことした?」

これ、実は男性側から見ると非常にうっとおしい行為なのです。心配して声をかけている女性からしたら心外ですよね。

男性の場合、自分の身に降り掛かったトラブルは自分で解決するのが基本です。誰かに頼るのはよほどのことがない限りしません。

そのため、問題や悩み事を彼女に聞いて欲しい。という欲求はほとんどなく、それよりも「あれこれ聞かずに黙っていてほしい」と願います。

悩みごとがありそうな彼に気がついても「放置」してください。それを男性は望んでいます。

どうしても気になるようでしたら「悩みごとがあるの?私にできることがあったら言ってね」とでも言っておきましょう。

それ以上は詮索しないようにしてください。

2.相手に期待しすぎない

「こうあるべき」という固定観念が強い女性は、相手に期待しすぎる傾向にあります。

例えば「女性はこうあるべき」「男性はこうあるべき」「つき合っている2人はこうあるべき」といった具合に、自分の頭の中ですべてイメージが出来上がっている人は要注意。

例えば「来月は私の誕生日だから、きっと彼は何かしてくれるはず。だって彼氏だもの」などと思いこんでいると、理想の誕生日を迎えられないと彼を責め立てます。

私を好きならそうしてくれるはず。言わなくてもわかってくれるはず。彼ならこうしてくれるはず。

頭の中がこのような思考回路の場合、一旦リセットしましょう。相手が自分に対してどんな行動を取るかは、相手が決めること。

「こうあるべき」をなくしてみると、彼がしてくれる色々なことが嬉しいこととして感じられるようになってきます。

3.考えすぎない

「最近連絡しても返事が遅い。何かあったのかもしれない!」「彼と約束していたのに、用事ができて行けないと言われた。浮気しているんじゃないのか?」

心配性の人と一緒にいると疲れます。ネガティブな方向にばかり考えすぎると、なんでもない出来事が一大事に思えてくるものです。

ちょっと困ったことがあっても「だいじょうぶ!大丈夫!」と笑って気にしない女性は、彼だけではなく、周りにいる他の人をホッとさせます。

もしあなたが、心配性で考え過ぎの傾向があるのなら「考え過ぎ手帳」を作りましょう。心配なことが起きたら手帳に書く習慣をつけます。

あとで見返してみて、心配事がハズレたものに赤丸をしてみてください。自分の心配がどれだけ杞憂だったかわかることでしょう。

思考はほとんどの場合「クセ」で同じ方向へ向かいます。この手帳を作って冷静に自分の頭の中を見てみることで、「心配しなくていいんだ」と納得できると、不安に思うクセが徐々になくなってきます。

4.喜んで受け取れる

例えば彼が思いがけず高価なプレゼントをしてくれたとき、あなたの第一声は?

  1. 「これ高かったんじゃないの?大丈夫?」
  2. 「これ欲しかったの!!ありがとう!」

1番だな、と思ったあなたは要注意。受け取るのが下手なオンナかもしれません。男性は女性が喜んでくれるならちょっとくらい無理をするものです。

喜んでくれるかな、と思ってしたのに値段のことを気にされるとがっかりします。またそういうタイプの女性は、彼がしてくれることを「悪いな」と思うのが先で、素直に喜んで受け取れません。

彼につくすタイプの女性が、このタイプのことが多くあります。「つくしすぎ」は彼との関係を悪化させる危険性があるため、つくすのはほどほどにしておきましょう。

また、自己肯定感が低い場合も、このように相手に遠慮してしまう傾向にあります。

彼から差し出されたものは、遠慮せずに喜んで受け取れるようになってください。

5.素直である

自分のつき合っている彼女が素直な性格だったら、彼は彼女を大事にしたいと思うことでしょう。

例えば、自分の悪いところを誰かに指摘されたとき、あなたはどう感じますか?指摘したその人が嫌いになる?頭にくる?

その時はムカッときても、あとで冷静に考えると「そうかもしれない・・・」と思える人は根が素直な人です。

そういう人はおそらく、その場では無理だったとしても、あとであやまることができるでしょう。これが、素直ということです。

間違えないでほしいのは、人の言うことを何でもかんでも聞くということではありません。

「素直」とは、自分と違う意見を一旦受け入れて考えてみることができる、ということです。そのうえで、その意見を受け入れるか受け入れないかを自分の考えで決める、という姿勢でいいのです。

人はもともと持っている性格というものがあります。もし自分が素直じゃない性格だなと思ったら、今から少し気をつければいいだけです。

愛される女を目指すことだけでなく、一人の人間としてこれをマスターできると、人生が生きやすくなります。

6.仕事と恋愛は別とわかっている

「仕事とワタシ、どっちが大事なの!?」彼に言ってはいけないセリフナンバーワンですが、言わなかったとしても思ったことはありませんか?

女性にはわかりづらいのですが、男性は「仕事」と「恋愛」は同列なのです。例えば「仕事」の中での優先順位はつけますが、「仕事」と「恋愛」は同列のために、そこに優先順位がつけられません。

そのため「仕事とワタシどっちが・・・」と聞かれるとうんざりします。どっちがって、どっちも大事で答えがないからです。

しかし女性からこのセリフがでるときは、自分とのデートを後回しにして仕事を優先しているときや、男性が女性を放置しているようなときです。

その場合は「仕事で忙しそうだけど、私との時間を作ってくれないと、寂しくてつらい」というように、相手を責めるのではなく、自分がどう思って、どう感じているのかを表現するような言い方をしてみてください。

すると男性も素直に「寂しい思いをさせて悪かったな」と、都合をつけてなんとかしなくちゃと思ってくれるでしょう。

7.断っても大丈夫

「この日約束していたけど、急な仕事が入っちゃって・・・」約束を反故にされたとき、あなたはどう反応しますか?

  1. ひどい!楽しみにしてたのにどうして?
  2. え?そうなの?じゃあバツとして今度おごりね!

1番のように、涙顔でうるうるされると、最初は「かわいいな」と思っても、そのようなことが何度も続くと、だんだんうっとうしいと思うようになります。

これは約束を守る、守らないという問題ではなくて、彼に依存しているかどうかの問題として例をあげています。

1番の反応ばかりをする女性は、依存度がかなり高く、彼にとって重荷になりやすい危険があります。

いっぽう2番の反応ができる女性は、お互い一人の人間として大人の恋愛ができる精神力を持っています。

男性は女性を「守ってあげたい」と思う生き物ではありますが、彼女が全体重をかけてよりかかってくると、逆に逃げたくなるので注意が必要です。

8.断ってくれる

自分を殺して彼につくすと、二人の関係は悪い方へ転がっていきます。つくし過ぎると、男性は女性をないがしろに扱うようになるからです。

女性からすると「こんなにやってあげてるのに、彼は大事にしてくれない!」と腹がたってきます。

愛される女は、このあたりも上手に加減しています。彼のためにしてあげることと、できないことをはっきりと言うことができます。

不思議なことに、そうするほうが男性は女性を大事にしはじめます。相手を自立した一人の大人の女だと認識するからです。

断るのが下手な女性は、裏を返せば自分が断られるのが嫌だからです。まずは、自分が彼にお願いごとをしたときに、「彼はこのお願いを断ってもいい」と思って下さい。

何度か繰り返せば、本当に心の底からそう思えるようになるでしょう。彼が断ってもいいのなら、自分(あなた)も断っていいのです。

それが理解できれば、あなたも彼に「それはできない」と言えるようになります。つき合っているからといって、相手の思い通りに動く必要はありません。

男性は、なんでも言うことを聞く女性より、少し手に負えないなと思う女性の方を大事にしたくなるものです。

9.癒やされる

一緒にいてホッとできる彼女は「愛すべき女」以外のなにものでもありません。では男性がホッとするのはどんな女性でしょうか。

  • たいてい微笑んでいる
  • 人の悪口をあまり言わない
  • ものごとを素直にみることができる
  • よく笑う
  • 自分と一緒にいると楽しそうにしている

もちろん、癒やされるポイントは男性によって様々ですが、不機嫌な顔をしたり、文句ばかり言っていたりする女性には癒やされないというのはすべての男性にとって共通していることです。

いつも機嫌がよく、明るくて楽しい人の周りに人はよってきます。自分の彼女がそんなタイプなら、彼は彼女を手放したくはないでしょう。

10.感謝してくれる

男性は女性になにかをしてあげたときに「ありがとう!」という言葉とあなたの笑顔があれば、またなにかしてあげたいと思います。

どんな些細なことでも喜んで「ありがとう!」と言うだけで「俺って頼りになるオトコ」とほくそ笑んでいます。

そう思わせてくれる彼女は、彼にとって「愛すべき女」です。あなたと彼はつき合ってはいても、基本的にお互いを思いやる気持ちで成り立っている関係です。

してくれて当然、とついつい思ってしまう人はちょっと気をつけましょう。ありがとう!と感謝することは、「愛される女」への一番の近道です。

11.大人の女性として自立している

ある程度の年齢になったら、女性も一人の大人として自立していることは大事なことです。

例えば困ったことがあったときに、彼に相談するのはもちろん問題ありません。このとき、彼になんとかしてもらおうとしてはいけません。

自分の問題を彼に丸投げして、なんでもかんでもやってもらおうとするのは自立しているとは言えません。

基本的には自分でなんとかする。それをベースに相談をすることで、彼も手助けしてあげたいと思うでしょう。

愛される見た目を作り出す最低条件と、あなただけの魅力を見つける

愛される女は、見た目は関係ないとは言えません。ヨレヨレのトレーナーとボサボサのヘアスタイルでも愛される女。というのも、世の中にはいるのかもしれません。

しかしそれは、おそらく誰にも真似できないようなユニークさを持ち、ずば抜けてチャーミングな女性です。

なかなかそんな女性はいませんから、やはり最低限の見た目をキープすることは必須項目です。

とりあえず「清潔感」が鉄板

不潔感のある女性を好きな人はおそらく皆無でしょう。しかしこの時代、不潔にしている女性を探すほうが難しいほどです。

愛される女を目指すなら、最低限「清潔感」だけは漂わせておく必要があります。ではこの「清潔感」とは何ものなのでしょうか?わかるようでわからない清潔感。

一言でいうと「だらしない」と思えることがNGなのです。具体的にみてみましょう。

洋服が古すぎる
流行の服装をしていればいいという意味ではなく、毛玉のついたままのセーターとか、シミがついたTシャツとか、パンツの裾がほつれたままだとか、シワシワのシャツだとか、そういうことを言っています。高価な服でなくても問題ありませんので、身だしなみはきちんと整えるように意識しておきましょう。
ネイルがはげてる
ネイルのメンテナンスは大変です。ジェルネイルなら一ヶ月もすると新しい爪が生えてきて、色に差がでてきます。また、ポリッシュであっても1週間もするとだんだん剥げてきます。これは人によってはだらしなく見えることがあります。また、夏場は足の爪にも気をつけて下さい。まめにメンテナンスができないのであれば、爪磨きで磨くだけのほうが清潔感があります。
ムダ毛が生えてる
女性のムダ毛は男性がみるとげんなりするものです。とくに、口元のヒゲのような産毛は注意してください。ムダ毛は気をつけないと「不潔感」が出てしまいます。
髪に艶がない
髪の艶がないと一気に老けて見え、清潔感がない印象を与えます。髪は顔周りにあるものですから、男性の目に止まりやすいのです。いつでも艶のある髪が理想ですが、忙しいときなどはきっちりまとめて清潔感をだすといいでしょう。また、頭皮が乾燥しがちな人は「フケ」にも気をつけるようにしてください。
メイクがだらしない
歯に口紅がついていると一気に清潔感をなくします。十分注意するようにしましょう。また、マスカラが目周りに飛び散っているのも清潔感がないように見え、首と顔の色が違うのもいただけません。メイクはできるだけ明るい場所でするようにすれば、こんなことにはなりませんので、気をつけるようにしてください。
口元がいつも半開き
ぼんやりしているとき、無意識に口が半開きになってしまう人は、今すぐ改善しましょう。口元のだらしなさは、その人自身の清潔感を失わせてしまうほどの幻滅感を与えます。
座ったときに脚が開く
スカートの時は注意していると思いますが、パンツスタイルのときも脚はきっちり閉じておくように心がけましょう。いつも脚が開いているとだらしなさ爆発です。
食べるとき音をたてる
食事をするときは「しっかり口を閉めて」食べるようにしてください。音を立てて咀嚼する女性は、げんなりされますし、清潔感ゼロです。

一つでも当てはまってしまう人は今すぐ気をつけるようにしてください。

自分だけの魅力っていったい何だろう?ただ、自分らしくいること!

愛される女は「他の女じゃだめなんだ」と思わせることができます。それは、他の人にはない自分だけの魅力を知っているということ。

では自分だけの魅力っていったい何でしょうか?深く考えなくても大丈夫です。ただ、自分らしくいればいいのです。

自分らしく、というのは「好きなものは好き」「嫌なことは嫌」とはっきりいえること。

世間に合わせすぎると、これはなかなかできません。特に日本は「みんなと同じ」だと安心する文化ですから、流されてしまうのも仕方がありません。

例えば今大流行しているSNSを「好きじゃないからやらない」と言える。言わずとも、無理して流行にのらない。

人は人、自分は自分。自分をしっかり持っている女性は周りから見ても頼もしく、とても魅力的に映ります。

自己評価の低い女性は、男性にも大事にされません。あなたが自分に対してどう評価しているか、を周りは敏感に察知しています。

そして、それと同じ分量だけ大事にしてくれるものです。どんな個性であれ、自分は自分しかいません。

あなたの他に変わる人はいないのです。あなたはあなたらしく、自分の嫌なところも含めて「これもワタシ」と認め、のびのびと自分を愛してください。

そうすることで、彼はもちろん、誰から見ても好ましい大人の女性になっていき、気がついたらあなたが「愛される女」になっているはずです。

しかし、一点だけ注意が必要なのは、自己評価がずば抜けて高すぎるのもよくありません。高飛車、プライドが高いと敬遠されるのも事実。

自分の自己評価を客観的に見れるように努力してみて下さい。

愛される女になるために今日から少しずつ意識しよう!

「愛される女」というと、どうしても小手先のテクニックを駆使すればいいのではないかと考えてしまいがちです。

しかしそれだとすぐにメッキが剥がれてしまうでしょう。そうではなく、彼に対して大人の女性として接することができること。

今は無理でも、少しずつ意識していけばいいだけです。その上で、プラスアルファとして外見やしぐさで気を引くようにすると、より大きな効果がでるはずです。

そして誰よりも自分を理解して、自分を大切に扱ってみてください。同じ分だけ彼があなたを愛し始めるでしょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
愛される女になるには?コツを掴んで今日から愛され女になる!|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/aisareruonna4379/
ライター:tacaco

この記事をシェアする

関連記事

コメント一覧

  • ののな

    彼は出会って以来ずっと私を愛してくれています。ですが、その愛を私は一度も心から信じれていません。私は彼から愛されなくなることにずっと怯えています…

    返信

コメント