• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「ボーイッシュ」と「がさつ」を勘違してない?現代女子の5つの間違い探し

Date:2012.04.07

この記事のタイトルとURLをコピーする
「ボーイッシュ」と「がさつ」を勘違してない?現代女子の5つの間違い探し|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/boyishgirl7163/

W580Q100_shutterstock_221038912

スイーツ系女子・小悪魔系女子は自分とはちょっと違う・・・、自分は「甘くカワイイ」方向性よりも「カッコカワイイ」という方向性かな・・・、と考えている女性もいるかと思います。

実際、ボーイッシュな女の子はサバサバしていて男性にとって親しみやすく、男性に好かれやすいです。でも、これだけは気に留めておいて下さい。「ボーイッシュ」と「がさつ」は紙一重です。

自分は「がさつ」になっていないか、次の5項目でチェックしてみましょう。

基本編~あなたは本当にボーイッシュ向け女子?~

まずは、あなたは本当にボーイッシュが似合う女性なのか考えてみて下さい。これを間違えると、ただのがさつ系になってしまいます。ボーイッシュ系な女子は、男の子っぽい髪型や服装をするわけです。

だから、身体的には女性らしくなくては本当に男臭くなってしまいます。ただし胸は大きい必要はないです。くるりとした眼や細い首や華奢な身体など「か弱そう」な身体がボーイッシュ向きです。

服装編~どこまでボーイッシュな服装をして良いの?~

スカートよりズボン派は、ボーイッシュ系な女子によく見られる傾向です。正直、スカートをはいていれば、それほどオシャレではなくても女性らしさは表われます。

ただしパンツスタイルな場合、オシャレではないと、服装に無頓着ながさつな女の子というイメージを周りに与えてしまいます。パンツスタイルのときは特に服装に気を配ってください。

スキニーなどの細身のジーンズの場合のトップスは女の子らしくふわっとしたもので、ボーイフレンドジーンズなどの太めの場合のトップスは女性らしい身体のラインを強調するものを選ぶという基本をおさえれば、大丈夫です。

言葉づかい編~自分のことを何て呼んでいる?~

あなたは、自分のことを何と呼んでいますか?基本は「私」だと思いますが、ボーイッシュを目指す人も「私」が好ましいように思います。

たまに「うち」や「○○(自分の下の名前)」を使う人もいるようですが、男性ウケは良くないです。もちろん「うち」に関しては関西圏の人は別ですよ。

会話編~男性の下ネタにつき合う?つき合わない?~

男性同士が心を開くきっかけは「下ネタ」というくらい、男性にとって下ネタは大切な会話要素だそうです。ボーイッシュ系な女子だと男性の輪の中で、下ネタ的な会話に出くわすことがあるかもしれません。

そのとき、あなたならどうしますか?もちろん進んで自分から話すのはNGです。かといって、つまらなそうにするのも場の雰囲気を壊してしまいます。黙ってニッコリと聞いていましょう。

男性はそんなあなたを見て「あぁ男のそういう部分も理解してくれるデキた娘なんだ」と思ってくれるはずです。

振る舞い編~素直さが重要です~

ボーイッシュ系な女子は、強がりな人が多いように感じます。例えば男性が「その荷物、持ってあげようか?」という気遣いを、頑なに拒否していませんか?

確かに「自分でできることは自分でしたい!」「女だからって特別扱いされたくない!」という気持ちもわかりますが、男の人の親切はきちんと受け取りましょう。

ボーイッシュでもやはり中身は女子です。それを周りに示さないと本当に男扱いされてしまいます。この点だけ注意して、楽しいボーイッシュ生活を送りましょう!

この記事のタイトルとURLをコピーする
「ボーイッシュ」と「がさつ」を勘違してない?現代女子の5つの間違い探し|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/boyishgirl7163/

この記事をシェアする

関連記事

コメント