• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

遠距離恋愛は続かない?別れを決断した方がいい兆候・状況

Date:2019.07.03

この記事のタイトルとURLをコピーする
遠距離恋愛は続かない?別れを決断した方がいい兆候・状況|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/enkyori1130/

今まで近くにいたパートナーが、仕事などで遠くに引っ越ししてしまうと、そこから遠距離恋愛が始まります。

「私たちは遠距離になっても大丈夫」と最初は恋愛関係も問題なく続いていたけれど、離れている時間が長くなると何か違う。

どこかで「このまま遠距離恋愛を続けていて将来はあるの?」という不安な気持ちを感じるようになります。

そのまま遠距離恋愛を続けるのもいいですが、このままズルズルと続けていても自分だけではなく相手のためにならないと別れを決断しなくてはいけない時が出てきます。

どういう時、遠距離恋愛を終わらせた方がいいのでしょうか。そして、別れを切り出す時にトラブルに発展しない別れ方について紹介します。


あなただけじゃない!そもそも遠距離恋愛は別れる確率が高い

よく「遠距離恋愛って長続きしない」と言います。本当に蓮距離恋愛は別れる確率が高いのでしょうか?

遠距離恋愛をしている男女に調査をすると、「離れることで愛を深められる」という声もある程で、特に遠距離恋愛は別れる確率が高いというものではありません。

しかし、遠距離恋愛の期間が長く続くに連れていろんな感情が湧いてき、別れる確率は高くなっていきます。

別れた方がいい?こんな兆候・状況が続いた時は別れの決断の時

遠距離恋愛をしている時、このまま続けた方がいいのかと悩む瞬間があります。

そのままズルズルと続けていくのも1つの手段ですが、もし下記のような兆候や状況が続いた場合は、別れの決断をするようにしましょう。

その1.彼氏以外に好きな人や気になる人ができてしまった

遠距離恋愛で1番別れる原因とされているのが、他の人を好きになってしまうことです。

彼氏とうまく恋愛が続いているように見えても、離れているためにちょっとした心の隙間ができることもあります。

相談したいことがあっても、離れているからすぐに相談ができない。その時に、他の男性が相談にのってくれると「いいな」と思ってしまうこともあります。

また、気にならなかった男性でも頻繁に会っていると「もしかして好きかも」という気持ちが湧いてくることもあります。

そこから彼氏以外の人がのことが気になり始め、知らないうちに距離が近くなっていたなんてこともあります。

他に気になる人ができてしまうと、彼氏との気持ちにもすれ違いができてしまいます。

その2.彼氏との将来が見えず一緒にいる意味がなくなった

女性は、好きな人と結婚したいという気持ちは常に持っています。

遠距離恋愛を続けているけれど、彼氏は将来のことを考えているのか?と考えた時、全く将来が見えず、このまま遠距離恋愛を続けている意味があるんだろうかという疑問にぶつかることがあります。

  • 遠距離恋愛をする前に結婚の約束をしていた
  • 結婚を前提にお使いを始めた
  • 遠距離恋愛の期間が分かっている

上記のような場合は将来が見えることもありますが、将来の約束もなくいつまで遠距離恋愛を続けるのか分からない場合は、別れを考える必要があります。

また、将来が見えないまま恋愛を続けていくと「一緒にいる意味がない」と感じることもあります。

そういった感情が生まれた時は、そこから立て直すのは難しいので別れを決断する必要があります。

その3.会えないので寂しい・辛い

遠距離恋愛の1番の弱点は、会いたい時に会えないというところです。

今まで頻繁に会っていたのに、遠距離になってほとんど会えなくなると寂しくて辛い気持ちになります。

そのまま我慢して恋愛を続けることもできますが、次第に「何でこんなに寂しい思いをしなくちゃいけないの」と寂しさから怒りになり、相手に不満をぶつけてしまうこともあります。

  • 恋愛しているのに会いたい時に会えない
  • 何で寂しいのを我慢しなきゃいけない
  • 寂しいのに耐えられない

上記のような思いが湧いてきた時は、彼氏と喧嘩になる前に別れを考える必要があります。

「きっと縁がなかった」「近くにもっといい人がいるはず」という気持ちに切り替えると、前向きに別れを告げることもできます。

その4.遠距離が故に金銭的な負担が大きくなってきた

お互いが近くにいる場合、デートをする時にそんなにお金はかかりませんが、遠距離恋愛になるとデート費用以外のお金がかかるようになります。

  • 交通費
  • 宿泊費
  • デート代

上記のようなものが毎回かかります。特に、交通費や宿泊費は今までのデートにはない費用のため、かなりの負担になります。

  • 交互に行き来して交通費の負担を減らす
  • お互いの中間地点で会う
  • 負担を減らすために会う回数を減らす

このような方法を取っている人も多いですが、普通のカップルに比べるとかなりの負担になります。

遠距離恋愛が長く続けば続くほど金銭的な負担も大きくなり、会うこと自体が負担になってくることになります。

その5.知らない間にお互いに嘘を重ねている

遠距離恋愛で離れていると、お互いの日頃の生活などは見えてきません。

相手がどこで何をしているのかが分からないため、話していることが嘘なんじゃないかと感じてしまうことがあります。

実際に、相手に何をしているか言わなければ分からないだろうと、友達と会うと言って合コンに参加したり、女性同士の飲み会と言いつつ男性が参加していたりと、ちょっとした嘘ぐらいなら大丈夫だろうと誤魔化してしまうこともあります。

ちょっとした嘘が積み重なってくると、「このくらいなら」と嘘が増えてくることもあります。

相手に嘘をついて自分の行動を隠すことが増えた時は、相手のことを考えていないことになるので、遠距離恋愛を終わらせる必要があります。

その6.遠距離恋愛自体が面倒くさくなってきた

近くに彼氏がいた時は、会うのも楽しいし一緒にいることが幸せと感じていた人がほとんどだと思います。

遠距離恋愛になった時、最初は寂しいと思ったり早く会いたいという気持ちがあったのに、だんだん時間が経つに連れて、いなくても友達や会社の人と楽しく生活できてるし、趣味などがあるとそっちの方が楽しく感じてきます。

そのうち、休みの日に彼氏に会いに行くよりも友達と遊んだり、体を休める方がよくなり、会いに行くこと自体が面倒くさくなってしまいます。

  • 休みの日に会いに行くのが面倒
  • 彼氏がいなくても楽しく生活できている
  • 彼氏が近くにいない寂しさがない
  • 彼氏よりも友達や趣味を優先したい

上記のような気持ちが出てきた時は、遠距離恋愛をしている必要がない状況になっているため、終わらせるようにしましょう。

その7.連絡を取る回数がどんどん減ってきた

遠距離恋愛が始まった当初は、相手のことが気になり頻繁に連絡を取るというカップルがほとんどです。

今まで近くにいる時は、見れば分かっていたようなことも、離れてしまうと何も分からないため、つい連絡してしまうという人も多いと思います。

ところが、日が経つに連れて連絡の回数が減ってくることがあります。

  • 電話の回数が減った
  • メールがあまり来なくなった
  • LINEをしても既読されるけど返事が来るのが遅くなった

仕事が忙しく連絡が取れないということもありますが、だんだん連絡が減ってくると、お互いに興味がなくなってきてる可能性があります。

特にLINEなど既読しているのに返事が来ないことが続くと、自分の存在がどうでもいいんだなと相手に思わせてしまいます。

また、連絡が減っていくと、自然消滅する可能性もあるので、連絡回数が減ってきた時は、別れを決断する必要があるかもしれません。

その8.喧嘩をしたら仲直りがなかなかできない

遠距離恋愛は、近くにいる時より喧嘩の回数が増えると言われています。

  • どうして会いにきてくれないのか
  • もしかしたら浮気しているんじゃないか
  • 嘘をついているんじゃないか

離れているからこそ些細なことが喧嘩に繋がります。

直接会っていた時は、喧嘩をしても顔を見て謝ることができるため喧嘩状態が長引くことはほとんどありません。

遠距離恋愛でも、喧嘩をしたら電話やメールなどで謝ることもできます。

しかし、少しでも相手に疑問を抱いていると喧嘩をしてもなかなか仲直りができない状態が続きます。

仲直りができないため、そのまま喧嘩別れに繋がる可能性もあります。

  • 最近、喧嘩が増えた
  • 喧嘩しても仲直りができない
  • 些細なことでイライラすることが多い

こういう時は、気持ちが離れていってる可能性があるので、別れを考えるようにしましょう。

その9.相手が何をしているのか全く行動が把握できない

直接会っている時は、何をしているのかというのが目に見えます。そこで安心感を得られていたという女性も多いと思います。

遠距離恋愛になると、今、彼氏が何をしているのかといった行動が全く把握できません。

電話やメールで「今何しているの?」とこまめに聞くのも相手に悪いしと遠慮もします。

休みの日に何をしているのかなど知らない状態で、SNSなどで彼氏がどういうことをしていたか知るということもあります。

お互いの行動を把握しなくても、連絡が取れればそれで大丈夫と言う人はそのまま遠距離恋愛を続けても問題ありませんが、互いの行動を把握したいという人は遠距離恋愛は向いていません。

行動が分からずイライラして、不要な喧嘩に繋がる可能性もあるので、細かく行動を把握したい人は別れを考えるようにしましょう。

トラブルの原因になることも!後腐れのない上手な別れ方

遠距離恋愛を終わらせようと別れるのはいいのですが、別れ方次第ではトラブルに発展することがあります。

別れた時にトラブルにならないよう、上手に別れることが大事です。後腐れのない上手な別れ方をして、次へのステップに繋げましょう。

その1.別れを切り出す時はメールやLINEでは絶対にしない

皆さんは別れる時、どういった手段を取っていますか?

最近は、LINEやメールで「別れよう」と言って、それで終わりという人が増えています。

LINEやメールだと手っ取り早く、わざわざ会う必要もないので便利ですが、相手に別れる意思がない時はトラブルの原因になります。

遠距離恋愛でなかなか会うことができないかもしれませんが、別れを切り出す時は直接会って伝える方が誠意や自分の別れたいという意思が伝わります。

どうしても両者の都合で会えない場合は、電話という方法もあります。

電話で別れを切り出す時は、1度で話が終わらないこともあるので、何度か話し合いが必要になることを覚悟の上で連絡をするようにしましょう。

その2.遠距離恋愛だけを別れる理由にしない

遠距離恋愛をしていて別れることになった場合、どうしても別れる理由が遠距離恋愛が関係するようになってきます。

  • 遠距離で寂しいから
  • 会いたい時に会えないから
  • 会いたいけど交通費がかかるから

上記のような、縁切り恋愛が関係しているような理油を言われると、相手もどうしていいか分からなくなります。

また、遠距離恋愛が理由だとすると、「じゃ、遠距離恋愛じゃなくなったら別れずにいてくれるのか」と相手に希望を持たせることにもなります。

遠距離恋愛が理由で別れる時も、遠距離恋愛に関係のない理由をいくつか用意しておきましょう。

  • 恋愛よりもやりたいことができた
  • 今は恋愛よりも仕事に集中したい

上記のような、自分がやりたことがあるから別れたいといった理由だと相手も止めるおとができないのでいいかもしれません。

その3.「自分は悪くない」と相手を悪者にして別れない

恋愛を終わらせる時、自分に非がないと思いたいために、相手を悪く言ってしまうことがあります。

  • もっとあなたがこうしてくれたらよかったのに
  • あなたのために私は別れてあげる
  • 私は一生懸命やっていた

上記のようなことをどうしても口走ってしまいます。

相手に非があったとしても、自分にも非があったと認めるだけで、別れる時のいざことはなくなり、すっきりとお別れすることができます。

その4.別れる時はマイナスのことは言わず感謝を伝える

遠距離恋愛を続けることができなかった時、「この時間は無駄だった」とどうしてもマイナスのことばかり口から出てきます。

  • もっとこうしていればよかった
  • あの時に別れていればよかった
  • 遠距離恋愛なあんかしなければよかった

上記のようなことを口走ってしまう人も多いですが、お互いに思うことはあります。

マイナスのことばかり言って別れると、相手に対して悪いイメージしか残りません。

遠距離恋愛がうまくいかなくても、恋愛経験のプラスにはなっています。別れる時はマイナスのことを言うのではなく、感謝の言葉を伝えるようにしましょう。

最後に一言、「今までありがとう」と言うだけで、相手に与えるイメージも変わります。

その5.別れた後は連絡を取らないようにする

最近は、別れた後でも友達としてお付き合いをする人が多いため、別れても連絡を取り合っている人が増えています。

特に、蓮距離恋愛の場合は頻繁に顔を合わせないため、友達として相談をしたり、連絡を取り合うという人が増えています。

別れたにも関わらず連絡を取り合っていると、本当に別れたんだろうか?という思いが相手に芽生えてしまい、未練が残ってしまいます。

「恋人としてはダメだけど友達として付き合っていきたい」と思っても、別れてからしばらくは連絡を取らないようにしましょう。

その6.別れる時は「はっきり」「早く」が鉄則

遠距離恋愛をしていて別れようと思った時、タイミングを見て話そうと思っていると長々と関係が続いてしまいます。

これでは、自分だけではなく相手にも失礼です。

「もう別れよう」と思った時は、なるべく早めに別れを切り出すようにしましょう。

そして別れでトラブルに発展することが多いのが、相手が「別れたと思っていない」と思っていることです。

自然消滅やなんとなく「別れたい」と伝えたから、既にこの恋愛は終わったと自分で思っていても、相手は「別れたい」とはっきりと言われないと関係性が続いていると勘違いしてしまいます。

別れようと思った時は、中途半端な伝え方ではなくはっきりと「別れたい」と伝えるようにしましょう。

無理して続けなくてもいい!遠距離恋愛が無理な時は別れも必要

好きな人が引っ越しをして遠くに行ったから、遠距離恋愛をする。好きな人だからこそ、このまま恋愛関係を続けたいというのは誰もが持っている感情です。

遠距離恋愛は、近くにいる時と状況が違います。そのため、ちょっとしたことが負担になったり喧嘩の原因にも繋がります。

そこを我慢して無理に恋愛を続けることもいいかもしれませんが、辛いという気持ちのまま恋愛を続けても疲れてしまいます。

遠距離恋愛をしてる時、気になる行動やこのまま恋愛関係を続けていいのかと悩んだ時は、続けることばかりを考えるのではなく別れてお互いに先を見つめる道も考えましょう。

別れは悲しいですが、マイナスなことばかりではありません。

不安定な状態で遠距離恋愛を続ける方が心や体にとってマイナスになることもあります。

この記事のタイトルとURLをコピーする
遠距離恋愛は続かない?別れを決断した方がいい兆候・状況|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/enkyori1130/
ライター:ぴよこ

この記事をシェアする

関連記事

コメント