• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ジュリア・ロバーツが演じた映画エリンブロコビッチのその後

Date:2012.04.09

この記事のタイトルとURLをコピーする
ジュリア・ロバーツが演じた映画エリンブロコビッチのその後|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/erinbrockovich9633/

エリン・ブロコビッチ映画

金なし、学歴なし、キャリアなし、そんなシングルマザーの活躍を描いた映画「エリン・ブロコビッチ」を見た人は、そのたくましさに拍手をおくったことでしょう…。

そんな彼女のその後の生活とは…?

シングルマザーが2億円もの報酬!?

▼Erin Brockovich Trailer (good quality) – YouTube

金なし、学歴なし、仕事なし、旦那なし、そのうえ3人の子持ち…そんな彼女が2億円もの報酬を得ることに成功した理由は?

2000年にジュリア・ロバーツが映画で演じてアカデミー主演女優賞を獲得した映画「エリン・ブロコビッチ」は多くの女性たちに勇気を与えてくれました。

そう、彼女の名はエリン・ブロコビッチ(Erin Brockovich)、実在の人物です。

映画の中ではエリンのキャラクターを印象付けさせるように露出度の多い服などを着るなど、節度のない女性として描かれていましたが、本人はテキサスのワデス・ビジネス・カレッジにて応用美術を学び卒業、電気設計技師の勉強を働きながら続けていたというなかなかの努力家

映画ではエリンの人生のマイルストーンとなる部分にスポットをあてエンパワーメントに目覚めていく姿を描いています。

本人いわく、映画はほぼ事実どおり忠実に描かれているようです。

彼女の人生はとにかく波乱万丈!

そのパーソナルが映画の題材になるぐらいですから、彼女の人生は波乱万丈です。

ざっと軌跡を書いていくと…。

  • 21歳 カレッジ卒業後、K-マートで働きながら電気設計技師の勉学にいそしむ。この時、地元の美人コンテストでミス・パシフィック・コーストに選ばれる。
  • 22歳 最初の結婚その後 第1子出産 
  • 23歳 第2子出産
  • 24歳 結婚生活が原因でパニック症候群になる。
  • 26歳 最初の離婚 子供を育てるため秘書の仕事に就く。
  • 28歳 仕事の上司と結婚 豊胸手術を受けるが拒食症に苦しむ。セラピスト通いが続く。
  • 29歳 2番目の離婚 675ドルのお金がなかったために改名手続き出来ず旦那の姓、ブロコビッチのままにする。
    その後、第3子の妊娠が発覚、妊娠中に事故に遭うが無事出産。(映画はこの事故のシーンから始まります。)脊髄ヘルニアに悩まされる。
  • 30歳 第3子出産
  • 31歳 生活費を稼ぐため法律事務所へ就職。最初は事務所の留守番電話と雑用を担当。仕事していく中でPG&E(電力・ガス会社)の汚染問題に行きあたる。
  • 32歳 この案件に没頭し、住民を説得しつつ粘り強くリサーチをし、集団訴訟へと導いていく。
  • 36歳 見事勝訴。住民約600人の和解金3億3300万ドル(約400億円)を勝ち取る。
  • 40歳 映画「エリン・ブロコビッチ」が公開、一気に名声があがる。
  • 41歳 アメリカABCテレビ番組「エリン・ブロコビッチのチャレンジアメリカ」を制作、シリーズ化になる。

有名になったあとの約10年間は仕事と名声、沢山のお金に恵まれました。

最初からキャリア組として活躍していない彼女にとってみればアメリカンドリームそのものの道を歩んだことになります。

ですが、実は成功の陰には大変なことが起こっていたのです。

  • 離婚した元主人と映画にもでてきていたバイク野郎の恋人からお金をせびられる、それに応じないと訴えられる。
  • 仕事が忙しくなり家をあけがちになったエリン、長男と次女は10代でドラッグに溺れていき、入院などさせるなど莫大な費用がとんでいく…。
  • 反感や脅迫の電話やメールも届く。 etc …

後に出版された自叙伝”Take it from Me”では赤裸々に彼女の半生とその後、彼女に何が起こったのかを書いています。

もちろんこの本もベストセラーになりました。

2012年のエリン・ブロコビッチ

エリンは引き続き、環境活動家として世界を股にかけて活動しています。

現在、もっともアメリカのマスコミが注目しているのはニューヨーク州のリロイという町にあるリロイ・ハイスクール(Le Roy High School)の案件です。

突然、リロイ・ハイスクールへ通う高校生たちが謎の病魔に侵されます。

顔面チック症状や身体が痙攣するなどの症状が現れました。

そんな女子生徒の悲痛な叫びがエレンの耳に届きました。

彼女のアクティブワークのおかげでいろいろな問題が浮き彫りになりました。

どうも疑わしきは1970年に起きた、化学物質を積んだ列車の脱線事故のせいで約1トンもの化学物質が流失したことが絡んでいるようです。

このエリアから学校まではそんなに離れておらず、学校近くの井戸から猛毒のトリクロロチレンが検出されたこともわかりました。

現在この案件の調査は進行中です。

エリン・ブロコビッチ、現在52歳。

環境汚染をメインとする問題解決に奔走する毎日を送り、子供たちや人々のために働く日々が続いています…。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ジュリア・ロバーツが演じた映画エリンブロコビッチのその後|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/erinbrockovich9633/

この記事をシェアする

関連記事

コメント