• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

とにかく会話がうまい!~合コンで出会ったツワモノたち~

Date:2012.10.28

この記事のタイトルとURLをコピーする
とにかく会話がうまい!~合コンで出会ったツワモノたち~|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/goukonkaiwa98237/

20代後半に突入―――!ともなると、女性陣は守りに入るのか?それとも結婚街道をばく進するためなのか?飲み会を企画しても、なっかなか人数がそろわないことが増えました。友達に声をかけても、「彼氏いるしー」「合コンってトシでもないしー」と断りを入れられる速さったら、風の如し。

「彼氏いないんなら、年齢は関係ないじゃん?」と揺さぶってみても、その決意は強く、静かなること林の如し。それなのに「合コン開いてよー!」という男友達からの依頼は多く熱く、火の如し。

女友達は集まらない、男友達は集めろとうるさい。ぎゃー!私、もう動かざること山の如くなりたい!と叫んでみてもどうにもならないので、無理矢理集めるわけですよ、人数を。そうすると増えるのが、友達の友達の参加。お互い、ほぼ面識ゼロ。

そして目撃するわけです。「友達」というクッションがない時の女の行状ってヤツを。得がたきものを得るために戦う女たちは、武士(もののふ)でした。この記事では、私が遭遇した武士女子を紹介します。笑うも良し、マネするも良し、崇めるも良し。お好きにイキにお楽しみくださいませ。では、いざ風林火山!

同性は空気!見て見ぬふり女子

三成ちゃん(仮名)は、見た目はキュートな子犬系。でも中味は、同性に容赦ない武士(もののふ)でした。何がってもう、同性は空気。一緒に来た吉継ちゃん(仮名。もちろんアダ名は「刑部(ぎょうぶ)」だよね!)以外は眼中にナシ。

男性陣には、お料理を取り分けたり、お酒の注文を訊いたり、グラスの水滴を拭いて差し上げたりとホステスさんばりに気を使うのに、女性陣には1mgも気を使わない徹底っぷり。

例えば飲み物が届いた時、それが男の子が注文したお酒だったら手渡しでお届けwith笑顔だけど、同性である女の子が注文したお酒だった場合は無言でテーブルのスミに置くのみ。

男の子が話しかけたことには満面の笑顔でお返しするのに、Hな話題を振られたりしたら「やだー」なんて恥じらいつつ隣に座る吉継ちゃんの影に隠れるのに、女性陣がちょいとでも助平なハナシをしようものなら、小声で「信じらんなーい」と言って仏頂面。

いやー、あの徹底っぷり、すげぇー!!つって、三成ちゃんと吉継ちゃん以外の女性陣(私以外に3人おりました)は、三成ちゃんウォッチに夢中。ある意味、三成ちゃんオンステージというか、三成ちゃんの独壇場でした。

同性からの視線を気にして中途半端に振舞われるより、完璧に「異性とのチャンス>>>>>>>>同性からの支持」って態度を貫かれる方が、いっそ潔いですよね!

全てが計算ずくの自称:天然ガール

今から考えてみても、兼続ちゃん(仮名)は相当な智将だったと思います。兼続ちゃんと知り合った当時の私は薄っぺら~な恋愛経験しかなくて、兼続ちゃんの謀略・策略・策士っぷりに完敗したものですが、あれから恋愛経験やら人生経験やら積み上げてきたつもりの今になっても、当時の兼続ちゃんに勝てる気が1ミリもしません。

例えば、男の子の扱い。いきがった態度をとる男の子に対してはママのような包容力を見せ、逆にオラオラ俺様男子には上目づかいで妹のように無邪気にふるまう。

その使い分けっぷりは見事でした!他にも、待ち合わせにちょっと遅れてみたり、どの席に座るのが最も効果的かを瞬時に計算できたり、天然発言を溢れださせてみたり。

でもって何がすごいって、それら全てを「ナチュラルに」出来ると言うこと。女同士だとある程度「こいつは計算してんな」って分かるものですが、兼続ちゃんには一切そういう素振りはナッシング。

彼女からカミングアウトされて初めて、「計算だったのか!」と分かるくらい。同性ですらそんなんだったから、異性なんてイチコロですよ。お釈迦様の手の平で転がされる孫悟空ばりに、皆ごーろごろ転がされておりました。

ちなみに兼続ちゃんは、一度別れた彼氏を3年がかりで陥落させて、結婚まで持ち込んだツワモノです。現在3人の子持ちで、営業トップをひた走るビジネスウーマン。どこをどうつっついても、勝てなーっい!たぶん、一生勝てません。

男のためなら血液型も変わる、血液型チェンジ女子

お気に入りの彼のために“自分”を変えちゃう女子、というのは結構多いですよね。インドア派だったのに、サーファーの彼氏が出来たとたんに日焼けガールになってみたり、本能で行動する直感人間だったのに、理系男子と付き合い始めた途端にロジカルシンキング女子に変わっちゃったり。

だけどけど、信長ちゃん(仮名)そんなレベルではなく、もっと強烈&強引でした。信長ちゃんが変えちゃったのは、血液型。とは言っても、外科的な手段で血液型を変えたわけではありません。飲み会に行く時だけ、「A型女子」に変わっちゃうのです。

もともと、家族全員B型という生粋のB型人間の信長ちゃん。でもどこかから「B型女子は男子にウケが悪い」というネタを仕入れてきたらしく、男の子の前でだけは「自称:A型」になってしまいました。

ついでに、お気に入りの男子の星座に合わせて、誕生日もねつ造します。「○○くん、やぎ座のA型なんだ?あたし、おとめ座のA型なの!あたし達って相性いいんだよ!」みたいな感じで。

ま、最終的には三成ちゃん(仮名)に「あんた、おとめ座じゃなくておうし座だし、両親と弟もB型で家族そろって生粋のB型じゃん」と“居酒屋の変”をおこされて降伏しましたけどね。ウソはいけませんよね、ウソは。

あからさまに興味をなくす女たち

まー正直なところを言いますと、同性を空気扱いする三成ちゃんも、計算上手の兼続ちゃんも、強引な信長ちゃんも、見ているだけなら面白いわけです。張りあいさえしなければ、楽しめる。

けーれーどーもー、最も困るのがワガママな家康ちゃん(もちろん仮名)。家康ちゃんは仕事が忙しいんだか留学の夢があるんだかで、何かと時間のない子でした。

その貴重な時間を割いて飲み会にいらっしゃるわーけーでーすーがー、相手の男子がお気に召さないと、「貴重な時間がもったいない!」とばかりにファイルを開いてお勉強を始めちゃうのです。

いやー、いいねぇー勤勉系女子・・・・・・なんって言ってられませんよ。男友達からの「何なの、コイツ?」目線。女友達からの「どうするよー?」と探る気配。いっそのこと「つまらないから帰りたいんだけど」とでも相談してくれれば、どうにかしたんですけどね・・・・・。

家康ちゃんみたいなあからさまな態度をとる子は、たまーにいました。男子のメンツを確認するなり、「彼氏います」とカミングアウトした子だとか、「レベル低い」と言って飲みに走る子だとか。

だけどそういう子にかぎって、「誰かいい人紹介してくださいよ~」とか言うんですよね。もちろん、「『誰かいい人』って言う前に、自分がいい人になった方がいいよ」と言ってお断りしていました。

女の敵はオンナだけど、女友達ほど味方にして心強い存在もいないのにね。いくらつまらなくても、女性から疎まれるような態度をするのは損ですよね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
とにかく会話がうまい!~合コンで出会ったツワモノたち~|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/goukonkaiwa98237/
ライター:高田ヨネ

この記事をシェアする

関連記事

コメント