• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

好き嫌いは肌荒れのもと。キライな食べ物を克服する方法

Date:2012.10.16

この記事のタイトルとURLをコピーする
好き嫌いは肌荒れのもと。キライな食べ物を克服する方法|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/hadaaretabemono5774/

野菜全般大嫌い、とい人は少ないと思いますが、美肌のために積極的に摂っていきたい野菜というものがあります。しかしそれがキライ、という場合は困りますね。

他の食べ物で補えばそれでいいのでは?と思うかもしれませんが、栄養分、特にビタミンなどの栄養素はお互いが補い合って働きを高めるものです。どれもバランスよく食べることで、効果が出るのです。

美肌のためにも、健康のためにもキライなものがない方が効果的ということですね。でもキライな食べ物を無理して食べるのはつらいものです。なんとか無理しなくてもキライなものを簡単に食べる方法はないものでしょうか?

調理法を工夫する

母親が子どものキライなものを克服させる方法としてよく使いますね。ピーマンなどの野菜を細かく刻んで大好きなハンバーグに入れたり、ミキサーで形が分からなくしてお料理に入れたりすることで、キライな食べ物のにおいや味を分からなくして、食べる方法ですね。

コツは好きなものに混ぜることです。好きなものの味が勝てば、キライなものを食べることになりそれに慣れていけばキライなものも食べられるようになるかもしれませんね。

またキライな野菜があれば、野菜ジュースにして飲むのも方法の一つです。いろいろな野菜や果物と混ぜて、キライなものの味を分からなくして飲みましょう。

いいものを食べる

よく、「ウニがキライ」と言うと「おいしいウニを食べたことがないから」と言われることがあります。そういったケースもありますね。キライな食べ物でも「いいもの」を食べてみましょう。

いいものとは値段が高い、高級品と言われている、というのが目安になります。高級品があるスーパーやネットで探してみて、「いいもの」を食べてみましょう。おいしいと感じられたら、克服への一歩ですね。

キライなものをおいしく食べさせてくれるお店に行く

キライなものをおいしく料理しているレストランなどに行って食べてみる、という方法はいかがでしょう?料理法が変われば食べられるかもしれません。または、そのお店では調味料に工夫がなされていて、食べられるかもしれません。

友達と行って、会話を楽しみながら食べてみましょう。友達がおいしそうに食べるのを見れば、食べやすいでしょう。

空腹のときに食べる

お腹がすいていると、それほどおいしくないものでもおいしく感じたりするものですね。空腹のときにキライなものを食べてみると、意外と食べられてしまうかもしれませんよ。お腹がすいたらキライなものを使った料理を作って食べてみましょう。

さまざまなレシピで食べてみる

トマトジュースなら飲めるけれどトマトを生では食べられない、など料理の方法によって食べられたり、食べられなかったりするものがありますよね。煮たらダメだけれど、焼いたら食べられた、ということがあるかもしれません。

蒸したり、焼いたり、ゆでたり、炒めたりするなどさまざまな調理法を試してみましょう。食べられる調理方法が見つかるかもしれませんよ。

食わずぎらいではないですか?

キライだと言っている人の中には、食わずぎらいだった、という人もいます。本当にその食べ物を食べたことがありますか?子どもの頃しか食べたことがない、という場合は大人になった今なら食べられるかもしれません。

おいしくないと思っていたものが、今食べてみるとおいしくて好きになることもあります。まずは食べてみましょう。

無理して好きにならない

どんな方法をとってみても、どうしても好きになれない、という場合もあるでしょう。その場合は一度あきらめましょう。それがストレスになってもいけませんからね。でも、キライだったものが何かのきっかけで突然好きになることもあります。そんな日がくるのを、気長に待ちましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
好き嫌いは肌荒れのもと。キライな食べ物を克服する方法|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/hadaaretabemono5774/
ライター:咲 聖美

この記事をシェアする

関連記事

コメント