• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

肌のSOSを早めにキャッチ。肌の未病を防いで美肌になる方法

Date:2012.08.27

この記事のタイトルとURLをコピーする
肌のSOSを早めにキャッチ。肌の未病を防いで美肌になる方法|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/hadasos98473/

病気は早期発見、早期治療によって早く良くなったり、危機を免れるものです。お肌だって同じこと。「あれ?何か化粧のノリが悪い」「化粧水がしみ込まない」「保湿をしているのに肌が乾燥気味」などは肌のSOS。肌に何かしらの異変か起きている証拠です。

そのSOSをできるだけ早くキャッチして、ケアをしてあげることで美肌を保つことができるのです。それを怠ると、回復にも時間かかったり、取り返しのつかないことにもなりかねません。特にシミなどは一度できてしまうと、化粧品ではなかなか消せないもの。

肌のSOSをいち早くキャッチして、いつまでも美肌でいられるようにしましょう。

こんな食生活には注意!

  • 朝食を抜くことが多い
  • 規則正しく食事を摂っていない
  • 外食やコンビニエンストエアのご飯が多い
  • 生野菜は食べるが調理した野菜は食べない
  • 夜遅い時間にご飯を食べることが多い

こういった食生活をしていると、肌荒れにつながりますよ。

食事からビタミンなどの肌に必要な栄養素を摂ることはとても大切。外食はカロリーが多く油も多く使われているので、肌にはよくありません。またコンビニなどのご飯から栄養素を摂るのは難しいですよ。

また、生野菜は体を冷やして、血液循環を悪くする原因に。血行をよくしないと、肌に必要な栄養素が運ばれていきません。できるだけ家で料理をするようにしましょう。ポトフや温野菜、野菜スープなら簡単でおいしいですよ。

睡眠不足は肌荒れのもと

  • 毎日、就寝するのが夜の12時を過ぎてしまう
  • 睡眠不足をする日が多い
  • 休日は寝だめをしている

こういった睡眠の仕方をしていると、新陳代謝が低下し肌の生まれ変わりに影響します。

睡眠不足は最も肌に悪いとも言われているのですよ。睡眠をとっていないと、肌への栄養が行き渡りません。また、成長ホルモンが分泌され、肌の細胞分裂が起こるのですが、そのためには最低6時間は必要とされています。

できるだけ同じ時間に就寝し、同じ時間に起床。最低でも6時間の睡眠を取るようにしたいですね。

生理不順は早めに治療を

  • 生理不順や生理痛がひどい
  • 生理でないのに出血する
  • 生理前の頭痛や肩こりがひどい

などの症状がひどい場合は早めに病院に行って検査を受けましょう。

生理不順などが続くということはホルモンバランスも崩れている危険性が高いです。ホルモンバランスが乱れると、肌の新陳代謝も衰え、肌の弾力やハリもなくなり、乾燥しやすくなります。

また、生理不順は子宮や卵巣の病気の危険性も出てきます。放っておくと妊娠できなくなってしまうこともあるので、早めに検査を受けて治療をしましょう。

運動不足は顔色も悪くします

  • 特に運動をしていない
  • 車や電車ばかりを使う
  • 普段を使わずエスカレーターやエレベーターを使う
  • 肩こりや腰痛がひどい
  • 夕方になると足がむくむ
  • デスクワークが多い

といった生活で運動不足になっていると、血液循環が悪くなり、肌がくすんだり、シワが増えやすくなりますよ。

そうなる前に積極的に体を動かすことが必要。ジムに通ったり、ジョギングをしたり、夜寝る前にストレッチをするだけでも違います。

体を動かすこと楽しいと思えるような、ダンスやスポーツなどを見つけるなど、運動をする習慣をつけましょう。

やりすぎケアは肌を痛めます

  • 洗顔は洗顔フォームを使って1日に3回以上している
  • クレンジングはとにかくよく落ちるものを使っている
  • 洗顔の後肌がつっぱる
  • 最近肌がヒリヒリする

といったことに心当たりがある人は、肌に刺激を与えてしまっている可能性があります。

肌に余計な刺激を与えると、肌を痛め、乾燥やシワ、シミ、くすみの原因になります。洗顔やクレンジングはしすぎないことが大切。肌に刺激の少ないもので、やさしく、ていねいに洗いましょう。

化粧水をつける時にも、パッティングは大切ですが、あまり力まかせに叩かないように。時にはコットンが肌を痛めている場合もあるので、コットンを使わずに手のひらでやさしくパッティングしてあげましょう。

間違った化粧品選びは肌トラブルのもと

無添加と書いてある化粧品ならどれでも使う、新商品はとりあえず使う、化粧品の成分については考えていない、といった化粧品選びをしていませんか?

無添加と書いてあっても、それがすべて肌にやさしいとは限りません。何が無添加なのか、成分表示をきちんと見るようにしましょう。

新商品を試すのはいいことだと思いますが、それが自分の肌にあっているか、今の肌の状態で使っていいものか、を判断してから試すようにしましょう。

肌に合っていないものを使っていると、肌荒れを起こしてしまいますから、化粧品選びは慎重に行いましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
肌のSOSを早めにキャッチ。肌の未病を防いで美肌になる方法|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/hadasos98473/

この記事をシェアする

関連記事

コメント