• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

歯が痛いとブス顔と姿勢が悪くなる!すぐに治さないと手遅れに

Date:2012.10.22

この記事のタイトルとURLをコピーする
歯が痛いとブス顔と姿勢が悪くなる!すぐに治さないと手遅れに|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/hanoitami69504/

肩が痛いので整形外科に行った。でも特に異常がないので、鎮痛剤をもらった。歩くときも痛い肩をかばって変な姿勢。肩が痛くて仕事もはかどらないくて・・・。鎮痛剤もあまり効かない・・・。

それはそうです。その痛み、実は「歯」からきているのかもしれません。

あらゆる影響が

かみ合わせた時になんとなく違和感を感じたら要注意。ちゃんと歯科チェックしていますか?

半年に一度は行くべきチェックをなんと5年、6年と行っていない女性たち、「忙しい」をいいわけに、ブスと悪姿勢になっていいのでしょうか?歯痛はあらゆる場所に影響がでるのです。また、「痛い」と感じない程度の違和感でも同じ。

ブス顔になる

歯が不調だと当然、顔がむくみます。またなんとなく違和感のある歯の側をかばうので、自然に顔の骨格そのものが歪みます。「美人」の基準の一つとして、左右が対象であることがあげられるので、歪むと左右の非対称度が広がりブス顔になります。

さらに表情、やはり歯痛はかなりきついですよね。おだやかにモナリザ風のほほ笑みなどたたえられるはずがありません。しかし自分で公表しない限りは誰もその原因に気づかないのですから、ただの不満顔の女性にうつってしまいます。

変な姿勢になる

なんと歯痛の影響は体のあらゆる部位にでるそうです。たとえば、肩、腕、手とつながる部位にひろがります。腱鞘炎かな、と思ったら実は歯痛からきていて、歯科医に行ったらすっきり治ったという友人もいます。

ともかく体の不調を甘くみて何も対処しないでおくと、痛い場所をかばって生活するので、ますます変な姿勢になります。

変な姿勢になれば当然全身に無理がかかり、ますます体が歪みます。歪めば血行も悪くなるのですから、お肌や髪にまで影響がでるのです。

マッサージや整形外科で異常がない、しかし体(特に上半身)に不調がでた場合は「歯」からの不調も十分考えられるのです。

定期的なチェック

大切なのは定期的なチェックです。半年に一度歯科医に足を運び、チェックとクリーニングをおすすめします。

歯科でのクリーニングは高圧水で歯の表面を磨きあげるので、歯そのものを削らずに、すっきりと歯石や歯垢が落とせて、口臭も軽減できます。かみ合わせのチェックや違和感のある歯を相談することで、顔の歪みや体の不調まで排除できるのです。

日常のケアもしっかり

また日常的に歯のケアも忘れずに。歯ブラシは電動の方が回転数が早く汚れが落ちやすいです。手で磨く場合は小刻みに動かし、しかも横でなく縦方向に磨きましょう。

横に磨くと、歯と歯肉の間にブラシが入り込み、歯周病の原因にもなり得ます。ランチの後も会社や学校でしっかり磨く習慣をつけましょう。外出先でどうしても歯磨きができない場合は歯磨きガムで応急処置を。

こうした毎日のケアで歯痛を防ぐことができます。どうぞ、面倒がらずに続けてください。

ちなみにヨーロッパでは

歯がきれいは美男美女の絶対条件のヨーロッパ諸国。歯科技術も進んでいます。さらに一般患者の意識も高く、半年に1度は必ず検診へ。というのは、かかりつけの歯科医から「そろそろ検診にきてください」と電話や手紙がくるのですから。

また保険によってはきちんと定期的な健診を受けていないと、大きな治療の際に「自費で払ってください」と言われてしまいます。なので、良識ある人々の歯は健康です。

また体の不調が整形外科でも原因がわからない場合は「歯」を疑われます。腱鞘炎のような症状の場合は特に歯痛からくる場合が多いそうです。

歯の違和感や痛みをとって、顔もすっきり小顔に、体もシャキッとしませんか?信用のおける歯科医を決めたら、きちんと検診に行きましょう!

この記事のタイトルとURLをコピーする
歯が痛いとブス顔と姿勢が悪くなる!すぐに治さないと手遅れに|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/hanoitami69504/
ライター:kazumit

この記事をシェアする

関連記事

コメント