• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

一目惚れの恋…まだ親しくない相手への告白を成功させるには

Date:2018.09.11

この記事のタイトルとURLをコピーする
一目惚れの恋…まだ親しくない相手への告白を成功させるには|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/hitomeboresinjitu88615/

「一目見ただけで恋に落ちてしまった。」

そんな“一目惚れ”の経験はありませんか?

また、親しくなるきっかけがなかなかつかめず、遠くから見ているだけの恋にお悩みの女性も多いのではないでしょうか。

斯く言う私も、高校生の頃ほとんど接点のない男の子に一目惚れし、約二年間想いを寄せた末に告白をした経験があるため、一目惚れをして悩む女性の気持ちはよくわかります。

ということで今回は筆者の経験から学んだことなども踏まえて、一目惚れした相手への告白の仕方をまとめていきたいと思います!


まずは一旦落ち着いて!告白する前に必要な心構えとは

「恋は盲目」という言葉があるように、恋をしている時は周りが見えなくなってしまったり、気持ちが高ぶって正確な判断がつきずらくなってしまうこともありますよね。

告白した後、ふと我に返って「あんなことしなきゃよかった!」などという風に後悔しないためにも、まずは冷静になって気持ちの準備をしましょう。

「相手は自分をよく知らない」ということを理解しておく

一目惚れであれば相手とはあまり接したことがないという方や、全く話したことがないという方がほとんどかと思います。

ですが、相手を追いかけているだけで、すでに知り合いであるような感覚に陥ってしまってはいませんか?

頭では分かっていても、いざ話しかけると無意識の部分で知り合いのように認識してしまい、言葉の端々で馴れ馴れしくなってしまったり、妙にハイテンションになってしまうこともあります。

そうならないためにも相手は「あなた=知らない人」と認識されることを十分に理解しておきましょう。

告白してすぐに付き合ってもらうことを期待しない

あなたは全く知らない相手から突然「付き合ってください!」と言われたらどう思いますか?

極端な例かもしれませんが、名前も年齢も職業も分からないような相手であれば、すぐに「はい」とは答えられませんよね。

それと同じで、一目惚れの相手に告白をして、すぐに付き合ってもらうというのはなかなか難しいことです。

親しい相手に告白する場合、告白は好きという気持ちを伝えるだけでなく、同時にお付き合いを申し込むことも多いかもしれませんが、あまり親しくない相手に告白をする場合は彼と親しくなるための手段の一つと考えましょう。

「自分も相手をよく知らない」ということを理解しておく

恋をしていると妄想が膨らんでしまうこともありますよね。また、彼のことを知ろうとして、たくさんリサーチする方も多いと思います。

ですが、親しくなって相手と直接話したり接することがなければ、本当に相手を知るということは難しいでです。

また、他人から聞いた話などから、彼に対して勝手なイメージが出来上がってしまってはいませんか?「仲良くなったのはいいけど思ってたイメージと違った!」なんてことはよくある話です。

相手に対して過度な期待を押し付けないためにも、「自分は相手をよく知らない」ということを、十分に理解するように心がけましょう。

「告白=難しいこと」と思わない

恋愛経験豊富な方はそうではないかもしれませんが、多くの女性は告白に対して必要以上にハードルが高いと認識しているように感じます。

ですが、告白することはそれほど難しいことでも、恥ずかしいことでもありません「自分の気持ちを相手に伝える」という、たったそれだけのことなのです。

また、「告白するなんて無理!」と思っていれば、余計緊張してしまって上手く想いを伝えることができなくなってしまいます。

なので、告白をする前に「告白することは大したことじゃない!」と、自分に言い聞かせるようにしましょう。

私も以前は告白をすることに対してハードルの高さを感じていましたが、自分に言い聞かせて考え方を変えるだけで、心に余裕が持てるようになりました。

信じられないかもしれませんが、緊張していたり余裕が持てない方にはかなり効果があるようなのでおすすめです。

告白の成功率を上げるためにできるだけやっておきたいこと

告白の成功率を上げるためには下準備が大切です。

以下の内容をすでにクリアしている方も、改めてチェックしてみましょう。

印象付けておく

印象付けると言っても、それほど難しいことではありません。

勇気を出して接点を作ろう!というわけではなく、この場合彼にとって「なんとなく顔を知っている」くらいの印象が付けられれば十分です。

例えば、毎日同じ電車に乗って通勤される方であれば、知らない人だけど毎日見かけるという人が一人はいませんか?また、その程度の印象であっても、私たち人間にとっては重要なものなのです。

想像してみてください。「よく知らない人」と言っても、「今まで見たこともない人」に突然話しかけられるのと、「なんとなく顔は見たことがある人」から突然声をかけられるのでは雲泥の差がありますよね。

なので、告白する前に相手に印象付けるためには、近くの席に座ったり、何度も相手とすれ違うなど、なるべく相手の視界に入ることを意識してみてください。

もちろん、勇気があれば一度だけでもいいので、無理やり理由をつけて話しかけるというのも効果的です。

相手の情報を集める

これは好きな人がいれば誰でもやっている当たり前の行動かもしれませんが、今一度、改めておさらいしてみましょう。

  • フリーであるかどうか
  • どんな女性が好みか
  • 性格の特徴
  • 趣味や好きなものは何か
  • 悪い噂はないか

相手の情報が多いことに越したことはありませんが、中でも上記のことは必須項目と考えてもいいかもしれません。

また、性格や趣味、好きなものなどは、友達や知り合いに聞いてみるという手段以外にも、持ち物や仕草などをよく観察することで情報を得られる可能性があります。

ですが、ストーカーになってしまうような行為だけは避けてくださいね!

自信をもつ

告白をする時だけでなく、恋愛には自分に対する自信を持つことは大切です。

例えば、あなたがお店の店員さんで、いつも来てくれる大切なお客さんがいたとしたら、自分が微妙だと思っている商品よりも、自信を持って良いと言える商品の方をおすすめしませんか?

全く関係のない話のように感じるかもしれませんが、告白をするというのは「私を彼女にどうですか?」と相手に自分を売り込むことであり、お店で商品をおすすめすることと似ているのです。

あなたは自信をもって自分をおすすめできますか?

もしおすすめできないのであれば、自信が持てるように自分磨きをしましょう。

印象のいい告白の具体的なポイントと注意点を押さえよう

準備ができたらいよいよ告白です。

一目惚れの相手に告白する場合、普通の告白とは全く違う状況ですので、気をつけるポイントも違ってくるきますので、しっかり頭に入れておきましょう。

「普通の女性」を演じる

大人っぽい、元気で明るい、控えめでしっかり者など、人によって女性としてのタイプはそれぞれかと思います。また、男性によって好きな女性のタイプもバラバラですよね。

そのため、相手の好みの女性になろうと頑張ることは大切ですが、第一印象で極端な印象をつけてしまうと後々修正することが難しくなってしまいます。

極端な印象でない限り、印象は後からでもある程度修正できます。

例えば、大人っぽいクールな印象を可愛らしい幼い印象に進路変更することは難しいですが、どちらでもない、至って普通な印象であればそこから徐々に印象を寄せることが可能です。

なので、あまり親しくない相手に初めて声をかける時は、いたって普通、または少し控えめくらいの女性を演じることをおすすめします。

「一目惚れ」はNGワード

告白する時に、「一目惚れしました」などというように「一目惚れ」というワードを入れてしまうと、人によっては「見た目だけで好きになられても…」という方もいるようなのでおすすめしません。

「一目惚れ」と言うよりも「前から気になっていて」と伝えるようにしましょう。

また、「いつも笑顔が素敵で」や「雰囲気に憧れていて」など、理由も付け加えて伝えられればより良いと思います。

はっきり伝える

緊張でもじもじしてしまうこともありますよね。

ですが、親密な相手であれば多少もじもじしてしていても「何かあったのかな?」と思う程度なので問題ありませんが、そうでない相手が目の前でもじもじしていた場合、どうしたらいいか分からなくなってしまったり、迷惑だと思われてしまうなど、不快感を与えてしまうことが多いようです。

また、言いたいことがはっきり言えず、話がなかなか進まなければ最悪スルーされるという可能性もあります。

そうならないためにも、自信を持ってはっきりと伝えましょう。

時間をかけない

告白をすることは自分の都合です。

告白をする場合のみならず、自分の都合で相手の時間を無駄にしてしまうことは、相手のことを考えていないということになります。

また、親しい仲であればまだしも、それほど親しくない人に、無駄に時間を取られたとなれば、当然印象も悪くなってしまうはずです。

とにかく素早く終わらせた方が良いというわけではありませんが、ある程度相手の都合も考えた上で、なるべく相手に負担をかけないためにも、必要以上に時間を使わないようにできるだけ簡潔に伝えましょう。

連絡先を聞く

これから親しくなるためにも、連絡先を交換したいということは必ず伝えましょう。

最近はSNSという便利なものがありますが、やっぱり「LINEを交換してもらえませんか?」と聞くのが一番無難かもしれませんね。

メールや電話番号と違って気軽にメッセージのやり取りができますし、メッセージを送る勇気が出ない時は、タイムラインの投稿にいいねやスタンプを押すなどのさりげないアピールもできるのでおすすめです。

また、その際にユーザー名がニックネームであったりすると、人によっては引かれてしまうこともあるので、フルネームの本名にしておくことをおすすめします。

一目惚れでも可能性はある!何もせず諦めてしまう前に

いかがでしたか?

このまま見ているだけでは進展は見込めない…けど、まだ親しくない相手に告白をするなんて無理!と諦めかけている方も多いかと思いますが、何もせずに諦めてしまうのはもったいないことです。

どうせ諦めるなら、想いを伝えてからでも遅くはありませんよ!

あなたも勇気を出して想いを伝えてみませんか?

この記事のタイトルとURLをコピーする
一目惚れの恋…まだ親しくない相手への告白を成功させるには|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/hitomeboresinjitu88615/
ライター:あやの

この記事をシェアする

関連記事

コメント