• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

いつまでも女として扱ってくれない男性に女性として意識させる行動

Date:2012.10.04

この記事のタイトルとURLをコピーする
いつまでも女として扱ってくれない男性に女性として意識させる行動|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/isikionnna55587/

メールのやりとりも頻繁にするし、食事にも行く、時には一緒に買い物に行ったりテーマパークなどにも遊びに行く、でも彼女として扱ってくれない、というケースありますよね。

友達か妹、もしくはお姉さん的な存在としか見てくれない、そんな関係にはピリオドを打って、恋人同士になりたい!と思ったら、どんな行動に出ればいいのでしょう?まずは、女性として意識してもらうことが必要。

でも、いきなりお色気を振りまいても、ひかれてしまう危険性もあります。上手に、自然に女性として意識させる方法はどんな方法があるでしょうか?

相手の目を見つめる

会話をしているときに、相手の目をじっと見つめてみましょう。相手が話しをしているときも、目を見つめながら一生懸命話を聞きましょう。

そのときに、愛おしさを込めて、じっと見つめてくださいね。ずーっと見つめっぱなしでは「どうかしたの?」と言われてしまいますから、時には目線が下に外すなどして、見つめるようにしましょう。

チラ見せテクニックで女性を意識させる

女性として意識させるには、女性であることを思い出してもらう、改めて感じさせることが必要です。そのテクニックとして、チラ見せ。最初から胸元がはだけたシャツなどを着ていくのではなく、ちょっとした瞬間に胸元がチラっと見える、くらいの方が男性はドキッとします。

ミニスカートをはいていったら、タイミングと位置を見計らって足を組みかえる、などちょっとだけ見せましょう。あくまでも偶然を装い、自分では無意識のうちに見せてしまった、というのがポイントですよ。

ボディタッチは効果的

やわらかさ、というものは女性特有のものです。女性のやわらかい手で体を触られたら、ドキドキしてしまうでしょう。「やだあ」なんて言いながらバンバン肩を叩くのではなく、さりげなく、何気なく太ももに手を置いたり、腕に触れてみましょう。

ちょっとだけヒザを触れさせたりするのも効果的ですよ。または、社交ダンスなどの真似事をするのも自然にボディタッチができますね。しかもぴったりと寄り添って、肩や腰に手をおくのですから、いやでも女性を意識するでしょう。

女性らしい香りでドキッとさせる

男性はふっと香る女性の香りに弱いものです。ちょっと近づいたときに香りをふりまいてみましょう。ふりまくといっても、香水をぷんぷんさせては逆効果です。男性の好む石けんの香りなどの清潔感のある香水をちょっとだけつけて彼に近づいてみましょう。

病気や怪我のときに看病する

彼が風邪で熱を出したときなどは看病して、家庭的なところをアピールしましょう。普段、彼女的なことをしていないのであれば、「こんな家庭的なところがあったんだ」と女性としての一面を認識するでしょう。病気のときは気が弱くなっているので、そばにいる人のことを自分を大事にしてくれる人、と思い一気に距離が縮まるかもしれませんよ。

すりむいた、指を切ったなどのちょっとした怪我には絆創膏を張ってあげましょう。渡してはだめですよ。ていねいに貼ってあげましょうね。

弱みを見せる

いつも元気な女性が落ち込んでいると意外なもの。傷ついて涙を流している姿などを見せたら、男性はドキッとしてしまうでしょう。
いつも泣いてばかりではいけませんよ。男性はそのギャップにドキッとするのですから。時には真剣に相談ごとを持ちかけてみましょう。

あたたかく見守る

男性が落ち込んでいたり、愚痴を言いたそうなときは黙って聞いてあげましょう。余計なことは言わず、じっと話に耳を傾けてあげるだけでいいのです。

そんな女性に男性は安心感を覚えます。いつも一緒にいたいと思うでしょう。一緒にいて安らげるというのは、パートナーとして見てくれる可能性も高いのではないでしょうか。

この記事のタイトルとURLをコピーする
いつまでも女として扱ってくれない男性に女性として意識させる行動|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/isikionnna55587/
ライター:咲 聖美

この記事をシェアする

関連記事

コメント