• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

溜めてしまいがちなイヤな家事を楽しく効率的に片付けるアイデア

Date:2012.10.11

この記事のタイトルとURLをコピーする
溜めてしまいがちなイヤな家事を楽しく効率的に片付けるアイデア|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/kajiaidhia23518/

掃除機はかけたけど・・・水周りは見て見ぬフリをしたい・・・なんて、疲れていたりするとよくあること。そんなこんなで、つい溜まってしまいがちな家事を、ちょっと楽しんで片付ける工夫を、少し紹介します。カレやダンナさんも巻き込んで、上手にやってもらうことも出来るかも?

溜まりがち、やらなくても何とかなってしまう家事は何?

「家事の中で何が一番好きか?」の答えは、人それぞれだと思いますが、炊事は食べないわけにはいかない、洗濯は着るものがなくなったら、仕方なくやらざるを得ない・・ということで、本当は小まめにやらなければ・・・と思っていても、「ま、いっか」と放置してしまいがちなのが、細かい部分の掃除では?

例えば、シンクやコンロの汚れ、トイレや洗面所、お風呂などの水周り、拭き掃除など、庭掃除など出来れば毎日が望ましいけど溜める部分と、高い棚の上のホコリ取り、ガラス拭きやサッシの掃除など、そう煩雑にしなくてもよいけど、定期的にやらなければ・・という部分に大きく分けられると思います。

やりたくないことを、サイコロで決めてやる

友人の中には「月曜日はコンロの掃除」などと、曜日別にやりたくない家事を決めて、やっている人もいますが、「一番キライなコンロ掃除がある、月曜日は憂鬱」になるそう。固定化することで、やる前から憂鬱になると、余計にやる気が出ないのも考え物。

そこで、別の友人が教えてくれたサイコロ法。これは使った時にサッとする以外に、毎日サイコロを振って、1が出たらコンロ、2が出たらシンク、3が出たらお風呂などを決めて、その家事をする方法。

中味は片付けでも何でも良いので、自分でイヤな家事・溜まりがちな家事を割り振り、サイコロで出たら、その家事をするというもの。

臨機応変で、時間も中味も変えても

サイコロを振って出たら、とりあえず仕方なく、その家事をやること。時間を決めておいても良いですし、気の済むまでやっても。またサイコロでイヤな家事が出て、どうしてもその日気が進まなければ、もう1回振り直しても良いなどと、時間も内容もちょっと臨機応変に、変えても良いと自分で決めておくと、案外長続きします。

雨の日に庭掃除が出るとか、ちゃんとした理由がある時も、ただ何となくやる気がしないでも、かまわないことにします。でも実は、サイコロでイヤな家事が出て、振り直してばかりいると、自分で気がとがめてきて、「あきらめて片付けてしまおう・・・」と、自分で思ったりするのが不思議なところ。

溜めてしまいがちな家事は、つまり忘れてしまいたい家事でもあるので、それをサイコロで思い出させられると、ついあきらめる気持ちになるので。

時短にもなるし、個数を増やすなども

「今日何をやろうかな?」などと考えているうちに、テレビを見てしまい、結局ダラダラしてしまった・・なんて経験もあるのでは?そういう意味でも、サイコロを振れば決めてくれるので、家事の時短にも一役かってくれます。

人間は自分で決めるとなると悩みますが、サイコロが決めてくれるので、考える時間が短縮されて、手早く片付けてしまおう・・という気持ちになれるもの。

6つしかないので、もっと家事を細かく分類して、1日2つやるために、2回振っても良いですし、2つ同時に振って「ゾロ目が出たら、1つだけやって、今日はサボリ」でも良いですし、「2倍の時間をかけてじっくり」でも、自分なりにルールを決めてみるのも。

カレやダンナ、子供のお手伝いにも使おう

一人でサイコロを振るだけでは、ちょっと寂しいし、「ワタシばっかり」という気持ちにもなるもの。でも、手伝ってもらうキッカケも難しい・・・。そんな時には、またサイコロを使っちゃいましょう。

子供の場合なら、子供の手に負えるお手伝いを、サイコロの目にふりわけて、自分で振らせると、小学生くらいなら単純に喜んでのってきてくれます。

また、カレやダンナとの家事の分担決めや、掃除機をかけるのを、サイコロの目の多いほうがやると決めて、サイコロで勝負するのも。他にも大きな目を出した方が、今日の家事を全部やると決めたり、色々な使い方、使い道が。

自分で掃除や、他の家事のやる気が出ない時、相手がヒマそうな時などに、上手にのせて、振らせてしまいましょう。しぶしぶでも、サイコロを振ると、人間意外にやらないといけない気持ちになるようですよ。

この記事のタイトルとURLをコピーする
溜めてしまいがちなイヤな家事を楽しく効率的に片付けるアイデア|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/kajiaidhia23518/
ライター:RINCO

この記事をシェアする

関連記事

コメント